アプリで作成
2020年12月28日

「ナッシュビルの爆破事件に関して」ナッシュビルで起きた爆破事件はCIA(グローバリスト)とNSA(ナショナリスト)の闘争の一環なのか?

0
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

1 「ナッシュビルの爆破事件に関して」 ナッシュビルで起きた爆破事件はCIA(グローバリスト)とNSA(ナショナリスト)の闘争の一環なのか? henrymakow.com (概要) 12月26日付け blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/a…

2020-12-27 13:43:03
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

2 クリスマスの日の爆破事件の標的はナッシュビルにある通信大手AT&Aのビルであり、このビル内にはNSAの主な活動拠点があると言われています。 長い間、NSAはCIAと対立しており、この2つの組織は今回の大規模不正選挙を巡りトランプ側とバイデン側に別れている可能性があります。

2020-12-27 13:43:03
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

3 AT&Tは、爆破事件の直前に、ジョージ・ソロスが支援しているバイデンとハリスを勝利させるための大規模不正を調査するために疑惑の投票機を検査することになっていました。 ジョージ・ソロスは数十年前からCIAと連携して米国に色の革命を起こす計画を立てていました。

2020-12-27 13:43:04
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

4 CIAとNSAの対立は非常に深く、クリスマスの日に爆破事件が起こされたことは、CIAとNSAの戦争が激化していることを示していると思います。 大きな発砲音で警察をひきつけ、爆発する直前に現場から避難することを促すアナウンスメントを流すところなど、プロの仕業と思われます。

2020-12-27 13:43:05
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

5 今回の爆破事件は、米国の通信網がいかに脆弱で簡単に破壊されるかということの警告になっていると思います。しかも大統領選の決着を巡り別の手段が浮上した重要な時期に(ペンス副大統領が選挙人投票の結果を拒否できることがわかったため)です。

2020-12-27 13:43:05
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

6 ペンス副大統領は1月6日の連邦会議にて選挙人票の集計を監督することになっていますが、彼は米憲法によって、不正があった州の選挙人票を拒否する義務があります。そしてペンスはNSAからこのことに関して十分な説明を受けています。

2020-12-27 13:43:56
Oーrora ✨🎗️🌏💜💫 @os3578

7 7州では重複した選挙人票が存在します。つまりトランプ票とバイデン票が平行して存在するということです。 米憲法に従うなら、下院議会選挙(各州一人)によって投票されることになります。その結果、トランプが勝利します。

2020-12-27 13:43:56

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?