2021年10月18日

「絶対的な善はある」とキリスト教が主張する理由

何が善で何が悪なのか、立場、時代、文化で変わるはずでしょ?そう。じゃあ、なんでキリスト教はそれでも絶対的な善があるなんて主張するの?善悪の基準を決める権威についての話。
28
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

善悪とは、真理とは何か? イエス・キリストは自身を真理と呼び、聖書は彼を「すべての人を照らすそのまことの光」と呼んだ。ここで言うまことの光とは、真理を可視光に例えた表現だ。近づき見れば善悪の区別のつかない状態である闇が消え善悪の峻別が可能になる存在、これがキリスト教の示す真理だ。

2021-10-18 23:09:35
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

白を善に、黒を悪に例えよう。可視光のない閉ざされた部屋では白も黒も区別できない。黒を白と呼び、白を黒と呼んでも検証できない。偽善に隠蔽された悪はまかり通り、泣き寝入りと冤罪に善は苦しむ。光が灯ると悪が暴露され晒され、善は名誉を回復する。イエス・キリストはそんな光として世界に来た。

2021-10-18 23:09:35
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

無神論者の高校生だったころ、自分はキリスト教への無知と誤解のため、目が見えていても真理の光が見えない状況にいた。しかし、完全な善に憧れ、善い人になりたいと願い、暗中模索を繰り返し、どれだけ自分の中に善を探しても、見つかるのは大量の悪といくつかの偽善だった。自分の中の悪に絶望した。

2021-10-18 23:09:36
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

今思えば無謀だが、絶対的な善である神を認めるためには、必要な蛮勇だったと思う。病気を自覚する者だけが医者を求めるように、悪を自覚した自分は善への飢え乾きを覚えていた。自分の中で善悪は混沌とし真理が見えない苦しみの中、聖書に出会い、その中で描写される光、イエス・キリストに出会った。

2021-10-18 23:09:36
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

イエス・キリストは「心の清い人々は幸いである、 その人たちは神を見る」と教えた。イエスの心は清い。その清い心から善い行いは出てくる。神の子イエスの生き様を肯定的に受け入れる姿勢、つまり清い心で観る人は、彼を通して目に見えない天の父なる神を観ることができるという。自分も見たかった。

2021-10-18 23:09:37
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

真理とは善悪を峻別する権威のありかでもある。その権威は世間であったり、自分の知識や感情であったり、科学であったりするだろう。イエス・キリストを通して神に出会う前は自分も自分なりに善悪を決めていた。いや、神に本来属する善悪の決定権を神から奪って悪びれもせずのうのうと開き直っていた。

2021-10-18 23:09:37
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

聖書は神が人を愛し、人と人が互いに愛し合うために世界と人を創ったと記録している。だが、愛は自由意志を前提にしている。人に誰かを無理やり愛させることはできないし、それは本当の愛ではない。その自由は善と愛の代わりに、悪と無関心、憎しみを選ぶ自由でもある。神は人の善を信じ自由を託した。

2021-10-18 23:09:38
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

世界と人を創った当初、人と愛の関係を結んだ神はこれをみて「非常に良かった」と言ったと聖書は記録する。善しかない理想の世界だった。では、なぜ人には悪が生じたのか?神が善悪の基準であることを疑わせ、神が善悪の決定権を人から不当に奪っているように誤解させ、憎しみを植え付けた存在がいた。

2021-10-18 23:09:39
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

「善悪の知識の木の実」として描写されているもの。それを食べれば死ぬとされているもの。それが善悪を決定する権威のありかだ。人は到底自分のものにはならないはずのその権威を、神から取り返したつもりになり、神を心から追い出し、神無き世界観へと自分を追い出した。自分も神の失せた世界にいた。

2021-10-18 23:09:39
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

イエスに出会う前、自分はある意味死んでいた。生きてはいても、死んだように生きていた。生きても希望が無かった。生きることに意味を見いだせなかった。善悪が混沌とし、不明瞭で、正しく生きる道がどこにあるか分かっていなかった。しかも、その状態が死だと自分で明瞭に認識できてすらいなかった。

2021-10-18 23:09:40
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

自分の中に善がないことを自覚し、神が全ての善の根源であることと、その善がどういうものであるかを教えと、生き様と、十字架での死に様、そして復活で示した方こそ、神の子救い主イエス・キリストであることを受け入れた時、ようやく自分の人生に光が差した。何かが見え始めそれが真理だと分かった。

2021-10-18 23:09:40
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

イエス・キリストの教えや生き方、最終的には死に様、復活も、最初は聞くだけ、読むだけだった。それは自分などにできるわけのない無理難題で超人的な姿だった。それほど自分のものとして受け入れるには抵抗感があった。できなくても当たり前だと開き直りたかった。それが真理だとは認めたくなかった。

2021-10-18 23:09:41
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

イエス・キリストが真理だと認めると自分はどうなる?悪いことは悪いだろうが、それほど悪くないと思っていたところまで全部悪いことが明らかになってしまう。それほど、イエスは清く、眩しく輝く光で、善が何で悪が何かの基準を示し、自分の中の悪を全部照らし、明らかにし、恥ずかしくも露呈させた。

2021-10-18 23:09:42
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

聖書は「悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ない」と記す。光は真理であるイエス・キリストだ。自分も自分の悪が明るみに出されるのを恐れた。しかし恐れよりも、愛が勝った。ちっぽけなプライドは、イエスの十字架での犠牲の死と復活で示された愛に負けた。

2021-10-18 23:09:42
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」これがキリスト教の示す愛の真理だ。神は愛であり、神の子の命を、人に差し出し、神の子イエス・キリストもその命を人のために捨て、人の悪の代償として罰を受け復活された。

2021-10-18 23:09:43
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

人は神に与えられた愛のための自由を濫用し、善悪の決定権を神から奪い、やりたい放題に悪を行った。悪を行っているのに、善悪の判別がつかないのをいいことに、悪を善だと言いくるめ、暗闇の中で黒を白だと言い張った。人に神が出した答えは、人に見える光、人として来た神、イエス・キリストだった。

2021-10-18 23:09:43
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

世界の外側で世界を創り、時間も空間も超えた全知全能の存在である神が、創られた側の世界の住人にすぎず、時間と空間の制約の中でしか存在できない人の能力で見えるわけがない。人に神は見えない。しかし、神が人に自身を見せるなら、見える。神はイエス・キリストとして、人として自身を人に示した。

2021-10-18 23:09:44
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

キリスト教の言う善悪が知りたければイエス・キリストのように生きてみようと一度やってみればいい。イエス・キリストの生き様に近づいて見ようとすればいい。できるできないに関係なく、そうやって光に近づくことができる。自分の善も悪も明瞭に見えてくる。その後イエスから去るのも従うのも自由だ。

2021-10-18 23:09:44
Hokuto Ide @Hokuto_Ide

自分はイエス・キリストに従って歩んで行くことを真理として選択した。イエスの真似をしようとしてみて、できずに、挫折し、転び、のたうち回り、苦しむ。しかし、それでもついていきたい。それでもイエスは正しいと思うから。イエスの十字架と復活を通して、神に愛されていることを受け入れたからだ。

2021-10-18 23:09:45

これを書いた人:キリスト教、プロテスタント、福音派の信者で、キリスト教のニュースサイト、クリスチャントゥデイの編集長。

ツイッター:https://twitter.com/Hokuto_Ide
note:https://note.com/hokuto_ide
記事一覧:https://www.christiantoday.co.jp/reporter/ide-hokuto/
自己紹介:https://blog.christiantoday.co.jp/2019/12/hokuto-ide-testimony.html

コメント

犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年10月18日
なんというか、自身の有する極端な思想を適切に現実に落とし込めない人が、何らかの絶対性を世界に見出さないと生きていけないから、それをキリスト教に求めてるってことが分かった。
29
aki.egg @Aki20140101 2021年10月18日
目から鱗が落ちたのと、目に鱗が飛び込んだのをどう区別出来るのかと言ったのは星新一だったかな。
29
wot-object @wot_object 2021年10月18日
キリストが善であると、神が善であるとなぜ判断できるのかね。まだ自分に善悪の決定権があると誤信しているからではないかね。
23
はちゃけら @Snob731 2021年10月18日
まとめ主はキリスト教より仏教(というより修験道とか密教)の方が相性良さそうな気もするんだけど なんていうか求道者気質よね つまりは伝道者に向いてねえってことだけど
23
五福星 @bonkr2012 2021年10月18日
神が善であることを誰が保証しれくれるんスかね?デブの少佐?
24
ゆうすけ @oI3da1Kcu33smDX 2021年10月19日
彼がそれに真理を見て救われたのならそれはそれで良いはなし。 布教活動する様なクソ共の仲間入りしなければなお良し。
5
八頭身派 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2021年10月19日
コメ欄はそもそも定義が違うんでね? 砂漠の宗教では「善とは神の意志のことである」ってことなんだから、保証する必要なんてそもそもないと考えるんだと思うよ。 「神には意志もあり悪い心もある」ってのは多神教的考えなのよまず。 「何者も覆せない絶対的な善」こそが神で、神がやることなら大量殺人だって善なのだから、そもそも「善」の概念が違う。 「光は明るい」に対して「本当に明るいか証明してみろ」って言ってるようなもん。 照明だけに。
32
nob_asahi @nob_asahi 2021年10月19日
神が善なのではなく、善を神としているということ。だから「絶対的な善は存在するのか」という問いに「存在するのだ」と主張せざるを得ないのが、一神教の立場というものだ。しかし、一神教であっても「絶対的な善は神そのものであり、人が及びつくものではない」という考え方もあるので、一神教だから絶対的な善を(現世存在として)肯定しているとは限らない。
2
Denullpo S. Hammerson @denullpo 2021年10月19日
早い話、俺がルールだ系、そんだけ
3
Chariot@モデルナツインドライブ @BLACK_RX_24 2021年10月19日
絶対的な善性を持つ神が作ったはずの世界に悪が存在するという矛盾。というか「絶対的な善性」というのを定義するのに悪の概念が無いと説明できんのよな。
11
フラスケ @birugorudi 2021年10月19日
「悪」の研究を読んだのかな?
1
ゐゑゐゑ @wi_we_wi_we 2021年10月19日
今手元に本が無いのでうろ覚え。 『善・悪』と『優(よろし)・劣(わろし)』についてなんだけど。 ニーチェは『善悪の彼岸』で、本居宣長は『源氏物語玉の小櫛』で、これの区別を主張していた。 『善・悪』はイデア(漢意、からごころ)。 それを個人の感覚の『イイね・イクないね』から区別しなかったら? ポリコレの横暴はこの境界を認めていないでしょ? 絶対の善を設定すれば、個人がそれぞれ各々に感じるであろう何か、他人と違う何かを否定できる。 絶対の善は、全体主義やファシズムに繋がりませんかね?
4
wot-object @wot_object 2021年10月19日
仮に神を絶対善と定義したとしても「神と名乗る何者か」が「絶対善である神」と同一か、はなお証明を必要とするところだけども
4
000 @qazplmwsxokn_ij 2021年10月19日
これは無神論が生まれても仕方ないわ
6
trycatch777 @trycatch777 2021年10月19日
「信じることにした」時点で価値観が変わっているので、そこから、後で回顧とかしても過去の自分の見え方も変わってしまってる、という事に本人が気づいているんだろうか。素朴に疑問。
7
橿原闇杢 @転売ヤー始発で行く @SeaLioning9999 2021年10月19日
komad333 神と名付けられた善性が、真にいと清きものであるか?という問題があるんですよ。我々神ならぬ身は、その善性を常に証明し続けるしかない。キツい苦行です。その苦行を避ける言い訳に神を使うのを盲信と言うのでしょうなあ。
3
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
単純にパラダイムシフトの話なんですよ。自己(または人類)が主人公の世界なのか、神(造物主)が主人公の世界なのか、という世界観の転換の話。人間がAIを設計するとしたら、設計としての正しさは人間の側が基準を持っているのであって、AIにはその基準を決める能力はない、というのと同じこと
4
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
今まで海の底に住んで空を見ていた者が、陸に上がって空を見た、というのと似てるかも。視点を変えると見方も変わってくる。海の底にいるままの者が、陸に行ってきた人の話を聞いて納得するかどうかは、結局は信じるか否かでしかないわけでね。
3
ゴマちゃん@滅せよポリコレ @YMT1939 2021年10月19日
大学時代に必修のキリスト教概論の授業で、 牧師「神が善にして正義であることは聖書に書かれている」 学生「神が善にして正義であるという聖書の内容が正しいという証拠はあるのか」 牧師「聖書は神の言葉である、ゆえに聖書に書かれていることは正しい」 学生「その聖書の著者である神が正しいという事の証明はどこにある」 牧師「だからそれは聖書に書いてあるっつてんだろ!アタマ悪いなこのバカ女!」 という熱い論争が目の前で発生しましてw 大学側も登用する人材少し選べよと思ったものです
8
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
BLACK_RX_24 矛盾ではないんですよね。神は御使いや人を、神に従うも逆らうも自分の意志で選択できる自由を持つ存在として創造した、という前提なんですよ。で、人はご存知失楽園により、従うことよりも逆らうことを選択してしまった、という「原罪」の話になるわけです。たとえば親がどれだけ倫理道徳的に厳しい人でも、子供は過ちを犯すことがある、というのと同じです。
5
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
YMT1939 説明は上手ではないかもしれないけど、論理的にはその説明で間違ってはいないですよ。
5
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
このサーバ証明書が本物だという証拠は? ベリサインが発行しているから。ではベリサインの証明が正しいという証拠は? 認証局のルート証明が正しいという前提だから、っていうのと似てるかも
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
それに対して「そんなの信じないね!嘘かもしれないじゃん!」っていう自由は当然あるんだけど、それは反論ではなくて拒否でしかなく、実際にWebを利用するうえでは自分が不便や不利益を受けるだけ、っていう
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
たとえば日本では憲法で表現の自由が認められています、というとき、それが本当だという証拠は?と聞かれたら「六法全書で憲法読んだらそこに書いてあるよね」と答えますよね。で、その六法全書の出版社、著者が正しいかどうかはどう証明するんだ?と言われても、信じたくないのなら信じなくてもいいと思いますけど、としか言いようがないですよね
4
瑞樹@ウェーイワクチン接種2回終了 @mizuki_windlow 2021年10月19日
君らの神の正気は一体どこの誰が保障してくれるのだね?
10
wot-object @wot_object 2021年10月19日
grayengineer 表現の自由は国民に由来する以上、その正当性も権威も(再度国民に問う等で)何度でも証明できる。これに対し神の正当性は証明できない。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
wot_object 証明っていっても「どこかに書いてある」「だれかが言っている」以外に「証拠」がないのは憲法の条文でも法律の条文でも同じことですよ。で、そもそも神は「証明」すべきものでもないし。単に「信じるか信じないか」だけですよ。それは法律でも同じこと。そう教えられてそれを信じているだけですよ、みんな。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
単にあなたの個人的な判断基準で「六法全書に書いてあることは信じるが、聖書に書いてあることは信じない」と決めているだけの話です。そしてそれは人によって違っていて当たり前なんですよ。
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
少なくとも私は、六法全書に書いてあることが正しいと「証明」する方法は持っていないし、証明なんかすることは不可能です。「それが嘘だったら?」「それが間違いだったら?」と問い続けられたら、そのすべてに答えを用意するのは無理です。証明することはできないけれど、信用することはできますがね
2
(・ิω・ิ)もろきう(・ิω・ิ) @moroQ_mayuge 2021年10月19日
.   ノ   彡 ノ    彡 ノ     彡   彡⌒ミ ( ˙꒳​˙ ) 神は死んだ
3
ると。 @nec0lt 2021年10月19日
また髪の話してる(´・ω・`)
6
デオキシリボ助さん @vkQ5mWObyXyaWSn 2021年10月19日
創造主が居るのは良いとして、聖書こそが創造主の意思であると信仰できる根拠ってなんなんですかね? 他の宗教の聖典同様、時の都合に合わせて作られた創作かもしれないという疑問とどう向き合ってるんだろう
5
まあちゃん02(ワクチン2回目) @eK0SV72lWxlYb8L 2021年10月19日
grayengineer きゃっつさんのここからの一連のツイートで「何となくだが」まとめられた人の感覚が理解できたんだが、この人修道院か何かで生活しないと精神衛生上困難な目に陥ると思う。 それと近代社会の「政教分離」がいかに素晴らしい制度か心から理解できた。 まとめられた人絶対に責任有る地位に着けちゃいけない人だ。
8
wot-object @wot_object 2021年10月19日
grayengineer 再度国民に正当性を問うことで(困難かはともかく)証明可能ですよね。これに対し神の正当性は証明可能性がない。この点は大きく違いますよ
1
すぢこ@ふたけ共同代表 @kilsche 2021年10月19日
どちゃくそシンプルに「人間って傲慢ですね」という感想しか出てこない訳だが… 医者の例えも病気でなく医者にかからずとも医者を求めていなくても医者に感謝はする人は多くいるだろうし、そう考えて観ていくと目か頭(というか考え)が悪いのかなと思う訳で。
0
砂手紙 @sandletter1 2021年10月19日
神が創造神だとしたら、その神を創造したのは誰もしくは何?
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
wot_object 証明が可能だとは思いません。疑い続ける人に疑念の余地がない証拠を突きつけることができないからです。「何かに書いてある」「だれかがそう言っている」以外の証拠を挙げることができません。たとえ「だれか」が何万人何百万人に増えても、疑い続けることは可能です。それはあらゆることに言えることです。人はそれを「信用するかどうか」だけなんですよ。多くの人が信用しているから法律の正当性は疑われない、っていうだけです。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
eK0SV72lWxlYb8L 信仰を持つことと、他人が自分の信仰を共有していないことを理解することは、ちゃんと両立できるので、世の中で信仰者として生きるには、その理解とそれを意識することはとても大事だなと思いますね。
2
らない @lanai_spr2 2021年10月19日
まあまあ自分にしては頑張って読んだつもりだが、タイトルの問いの答えは分からなかったので、アニミズム万歳と唱えさせていただく。
3
eco bag( L_5yen) @ecobag_free 2021年10月19日
というように、倫理観の規範を宗教に当てはめることで大勢の人の考えをうまくまとめていったのがかつてのヨーロッパと植民地支配です。人の心は自由ですが万能ではない。
0
wot-object @wot_object 2021年10月19日
grayengineer 法の正当性は疑うことが許されます。そしてその正当性は疑いを晴らす不断の努力(裁判による正当性の評価、国会における改正決議等)によって更新されています。疑いを許さず、正当性が更新されない神の正当性とはその点が異なります。
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
wot_object ???なんか全然関係ない話になってますよ。「憲法の条文に表現の自由が書いてある、というのは事実かどうか」を疑う人に対して、それが事実であると「証明」なんかできませんよ、って言ってるんですよ。わかります?本に書いてあるよとか、みんなが言ってるよ、というのは「証明」ではないですよね?それが「証明」なら聖書に書いてあるとか、教会で言ってるも同じことですよ、という話
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
憲法にこのような規定がある、と自分が認識しているのは、だれかに「証明」してもらったからではなく、本を読んだり学校で教わったりして、それを信用したからに過ぎません。人間の認知というのはそういうものですよね、っていう話です。だから、何を信用するか何を信用しないかは各個人の主観の問題であって、証明できるできないの話ではないんですよ、と言ってます。本に書いてあるから憲法の規定を信じてるのとまったく同じ文脈で、聖書に書いてあることを信じる人もいる、というだけです
0
デオキシリボ助さん @vkQ5mWObyXyaWSn 2021年10月19日
grayengineer ちゃんと両立というのは、他教は間違っているがまだ真実に到達していないだけという認識でしょうか? であるなら聖書こそが数ある聖典の中の唯一の真実であり信仰するに足りうると思えた根拠はありますか?
0
atlan @atlan1701 2021年10月19日
キリスト教の世界ってイエス以前(BC)ってどういう扱いなの?
1
wot-object @wot_object 2021年10月19日
grayengineer 「憲法の条文に表現の自由が書いてある、というのは事実かどうか」は憲法典を読めば確認できます。 概念上の憲法に表現の自由が含まれるか否か、言い換えれば日本人は表現の自由という規範を持つか否かは、日本人がその規範に基づいて行動しているか、違反したときに修正行動や罰則があるかによって間接的に観察できます。すなわち表現の自由という規範の存在は証明可能です。
0
wot-object @wot_object 2021年10月19日
規範の権威等が人に由来するならば、人を観察することで存在証明は可能です。しかし神の権威等は観察不能であるため信不信のみが問題となるわけです
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
wot_object 「は憲法典を読めば確認できます」だから、すでに書きましたよね? その書いてあることが本当だというのはなんでわかるの?って言われたら、「書いてあるから書いてあるんだ」としか言いようがないでしょ。間違いが書いてあるかもしれないじゃんって言われたら、書いてあることを信用するかしないかの話にしかならない、って言ってるんですよ。全然話通じてない気がしてきた
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
wot_object 『人を観察することで存在証明は可能です。しかし神の権威等は観察不能であるため』いや、これ同じことなんですよ。聖書に書いてあることを読んで「ああ、これは真実だな」と感じるかどうかというのと、他人を「観察」して「ああ、これは真実だな」と感じるかどうかというのは、同じことです。最終的には信用するかしないかの問題でしかない。憲法になんと書いてあるかは何か書かれたものを読むとか人に聞くとかしか確認の方法はない。それは聖書や教会に聞くのと同じこと
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2021年10月19日
「宗教」というのは非科学的なものである、っていう暗黙の前提というか、既定の結論があるから、そこに収束するように都合よく考えてしまうだけで、人間はあらゆる認知において、情報を「信用すること」によって成り立っている、という原則がわかっていないのでは、と思います。
1
wot-object @wot_object 2021年10月19日
grayengineer 「概念上の憲法に表現の自由が含まれるか否か」についても書いてあるのでご覧ください。また当該概念上の憲法と憲法典に記載された条文が一致するか(間違いが書いてあるかも)は自明でしょう。もしずれていても改正手続が取られるだけです
0
砂手紙 @sandletter1 2021年10月19日
バスコ・ダ・ガマの航海記録がほとんど残っていないのは、1755年のリスボン大地震によって首都が壊滅状態になったためで、それ以降「神は人間にとって意味があるのか」という理神論が西欧に広まることになりました。それに対して映画「桑港(サンフランシスコ)」(1936年)はサンフランシスコ地震(1906年)を扱い、善人(役:ハンフリー・ボガート)とその仲間は助かり、悪人は死んで、生き残った者は最後にハレルヤを歌います。
0
砂手紙 @sandletter1 2021年10月19日
映画「桑港(サンフランシスコ)」は日本でも1936年に公開されています。しかしそれは関東大震災(1923年)から13年後のことです。その当時のアメリカ人・日本人の感覚(宗教がらみで感じたこと)は、今となっては不明です。日本人はゴジラが出て来て助かっても、神に感謝なんかしないだろうとは思います。
0
和@料理好き @kaz80251 2021年10月19日
なるほど、宗教が絶対的な善が素晴らしいものなのは良くわかった。 だが私には不要だというのも良くわかった。 人間は絶対的じゃなくてグラデーションがあるから面白い。
1
でー@でとこーだ @detcoder 2021年10月19日
神やイエスが絶対の善であると認めても、では信者は聖職者は? というとNOなんだよね。ヨブ記もあるし、聖典ですら解釈が変わること、そもそもの採択、内部で矛盾を起こしていることもままある。それどころか、妄信的に行動し「絶対の善と人間が思う正義の押し付け」は「自らが神であるかの様に振る舞う」事につながる。それは傲慢だよ
2
たちがみ @tachigamiSama 2021年10月19日
神は法則であり、ただそこにあるモノで善悪等という価値観で図ること自体人の傲慢或いは勘違いに過ぎない、みたいな事をチ。とかいう漫画の危ない人が言ってたような
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年10月19日
宗教にもフェイルセーフやフールプルーフの考え方って必要なんじゃないのかな。「絶対的な善」という考え方は、「物凄い効果を持つけど、ちょっとでも使い方を間違うと自分も周りの人も多大な被害を受ける」ような道具を、十分に明文化されていないようなマニュアルと口頭注意だけで運用するようなもんでしょ。誤った信念に基づく失敗への対策があまりに不足している。
0
モンタ 東京ホビーポータル店主 @chrysolina 2021年10月19日
絶対的な善は存在するが、人の世においては神をして自らの命を対価にしないとなし得ない、が答え。
1
ぽん @bisepon 2021年10月19日
宗教は絶対的な善を信者に植え付けるのが仕事やからね。 創価学会の信者が題目を唱えるのと一緒。
0
名無し @as_shallown 2021年10月20日
神は信じても人は信じられないから、聖書の言うことはいまいち信用ならんのよね。 神の言葉を人間が書き留める時点で本意をそのまま写せるとは思わないし、何より言葉は時代によって変化するから、同じ単語でもニュアンスも違ってくる。 まして、外国語訳なんて、訳者の完成まで入ってくるわけだ。 だから、聖書には「アメリカから渡ってきた2000年継ぎ足しされて維持されている秘蔵のソース」みたいな印象を持ってしまうんだよ。
1
18473(イヤシ ナミ) @18473_tooltrust 2021年10月21日
善なんてどうでもいいだろうに・・・ 本当に重要なのは衣食住が保証されて孤独じゃなくて 幸福を感じられることだろうに・・・。 宗教の長所はどんな状況であっても精神的に勝利できることだからね・・・。 どんなに貧しくてもどんなに苦難であっても来世で救済されると 幸福な人にマウントを取りながら死んでいける。 でも、それじゃ全く現実の社会がよくならないから社会主義や共産主義が産まれた。 共産主義は好かないが宗教よりは幾分マシだ。
0