Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
編集部イチオシ
2022年2月13日

千田歌秋先生のオススメチョコレート

麻布十番にある「占いカフェ&バー 燦伍」のオーナー・千田歌秋先生によるチョコレートのご紹介。 毎年素敵なレビューが見られるのでまとめてみました。
16
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ヴァンサン・デュラン 続き ウェイトスミスタロットにたとえると 薄いながらも 強度のある カカオの円盤に 個性的な素材の風味を ねじ伏せるようにして 閉じ込めた 「ペンタクルのキング」 のよう。 pic.twitter.com/DO9fj6XK69

2022-02-12 22:17:40
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

チョコレート紹介4 ヴァンサン・デュラン(フランス) 2018年MOF取得。 フランス、ブレス地方の エモーブレッサンスという 美しい七宝を模したパレは 長い冬が終わり 芽吹き始めた森に囲まれた 湖の底で 薄く張った氷が割れるのを 下から眺める魚たちのように 口どけの瞬間を待ちわびています。 続 pic.twitter.com/Quy8BbJly1

2022-02-12 22:17:38
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

リキューティ・コンフェクションズ 蓋を開けるとその香りが鼻孔を刺激し 口に含めばその味わいが口腔に広がり 一粒ごとに異なる農園を旅するような 刺激的な体験をすることができるでしょう ウェイトスミスタロットにたとえると 目隠しをされたまま舟でどこかへ連れていかれる 「ソードの6」のよう。 pic.twitter.com/124x1PcF3y

2022-02-09 22:48:24
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

チョコレート紹介その3 リキューティ・コンフェクションズ(アメリカ) サンフランシスコの本格派。 カカオでできたモノトーンの箱の中に さまざまな植物が密閉されているようなイメージ。 続 pic.twitter.com/TjSuAFaS27

2022-02-09 22:48:23
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

シーズンですので チョコレートの紹介その2を。 ルナ・クレアシオン・パリ(フランス) ヴィーガン オーガニック プラスチック不使用を コンセプトにしたショコラティエ。 天体をイメージした このマーブルコレクションも 白砂糖を使わず 鮮やかな色も 天然由来のものだそうです。 続 pic.twitter.com/7bJleYE0sn

2022-02-02 19:31:55
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

チョコレートのご紹介その1。 ヨハン・デュボワ(フランス) ブルターニュの職人ショコラティエ。 ウェイトスミスタロットにたとえると 奥深く重厚な闇が 背後から職人たちをうかがっている ペンタクルの3のよう。 キャラメル、塩、そば粉、ナッツ、はちみつなど 続く pic.twitter.com/UDYxLmoNCk

2022-01-28 22:10:33
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

毎年一月は散財するのですが それはチョコレートを買うためです! バレンタインシーズンしか 買えないものが数多くありまして。 今年のサロンデュショコラオンラインは サーバートラブル。 8時間くらい粘って 欲しいものは買いました。 そして他のリアル会場も 2月は混み合うので 1月中に行きます。 pic.twitter.com/JW5vQcY6Ws

2022-01-27 22:03:31
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ショコラの想い出4 ショコオキャレ(仏) 柑橘系キャラメル入りタブレット 突然目に飛び込んでくる鮮やかな緑色。 積極的に鼻孔を攻めてくるシトラスフレーバー。 これら外側の立派な葉叢をしっかりと支えるために ボトムの効いたカカオとキャラメルの 想像以上に太い幹があることに気付くでしょう。 pic.twitter.com/PMIdAlRWI0

2021-02-13 19:15:31
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ショコラの想い出3 ノエル・ジョヴィ(仏)の 産地別のボンボン カカオの帆を広げた ショコラの船が 何艘か並び 今、風を受けて 一斉に前進し始めました。 帆布の大きさや形は同じでも その厚さとテクスチャーが異なるだけで 船の動き方と向かう先が変わるように 風味とボディがまるで違うのです。 pic.twitter.com/9B17mptdtC

2021-02-13 19:02:56
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ショコラの想い出2 キャラメルパリ(#ニコラ・アレウィン)(仏)の アソートバー 刺激 重厚さ 甘やかさ なめらかさ この茶褐色の直方体の 驚くべきバリエーションの豊富さ! どこまでも駆けてゆく馬たちを従えながら その大地のうねりを五感で受け止めると 一歩ごとに 世界はさらなる広がりを見せる pic.twitter.com/VEp9hK68yn

2021-02-12 18:32:13
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ショコラの想い出 #カンタン・バイィ(仏) ブリケットデュノールのイメージ かつて訪れた異国の地で 飽きることなく歩きまわった煉瓦の道。 目を楽しませてくれるその模様と色合い 耳に心地よく響きわたる堅くて乾いた足音。 刺激的な甘さをぬくもりで包み込んだ あたたかな記憶にも似た味わい。 pic.twitter.com/MTD1czGhIb

2021-02-12 18:24:10
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

美味しいチョコレート5 エレナ・オフシャニコワ ロシア 上品な酸味のボガティルよ 繊細な渋みのシーバックソーンよ 未知の果実を 何も考えずに口にした時の 急に視界が鮮やかな色に染まるような あの軽い衝撃と戸惑い スラブの風が 私の心をざわめかせ 眠っていた好奇心を呼び起こしてくれます pic.twitter.com/BYRBuu7ueK

2020-03-29 19:23:58
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

美味しいチョコレート4 トゥルビヨン・バイ・ヤン・ブリス フランス 重厚感のあるキャビネットというだけでなく、遊び心のある独創的な形の引き出しがたくさんついているーそこにいろいろな雑貨がピタリとはまって収められるように計算され尽くしたーレトロでモダンな家具のようなショコラです。 pic.twitter.com/hyUupYQsK0

2020-03-14 15:10:05
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

美味しいチョコレートその3 ジュリアン・デシュノ フランス 何の変哲もないように見える風景画。よく見ると、そこにある樹木が、この世のものとは思われぬような優美な曲線を描いており、そこからむき出しの触感、生のままの香り、あたたかい風、楽しく弾ける音楽が伝わってくる、そんなプラリネ。 pic.twitter.com/Ngnu5Cf44R

2020-03-07 22:02:33
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

美味しいチョコレートその2 #ジンジャー・エリザベス アメリカ、カリフォルニア そのチョコレートはまるで 太陽に温められた大地に、厳選された地元の木の実や果実が置かれ、その芳香が土の香りと混ざり合っていて、その場で次々と味見することができる、そんな早朝の小さなマルシェのようです。 pic.twitter.com/7VS1NsTSml

2020-03-04 18:28:45
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

美味しいチョコレートその1 デプラ・ポール ベルギー、ブリュージュの老舗ショコラトリー。東京の原宿にカフェがあります。 そのチョコレートはまるで 濃密な霧に包まれながら、いくつもの橋をくぐり抜けて、穏やかに横たわる水面に、その甘やかな航跡を、長く、長く、残し続ける舟のようです。 pic.twitter.com/HtpSPgROlX

2020-03-02 19:06:02
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

占い師として バーテンダーとして 飲食店経営者としても 待つことには慣れているけれど 社会情勢の影響を まともに食らう中で 平常心を保つことは なかなか難しいです だから 生活の中の喜びを とことん味わうことが大事! ということで 美味しいものレビューを 挙げていきますね 全部チョコだけど pic.twitter.com/uEBb9TvONN

2020-03-02 18:53:28
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ル・カカオティエ(仏) 「カカオの鮮烈な香りと深い味わいが、あたかも、薄いけれどもしなやかな木材によって、しっかりと構築された家屋のごとく、安心感と存在感を発揮しています。中に招かれたフルーツやスパイスは、寛いだ客人さながら、自然体のまま自由闊達に対話をしているかのようです。」 pic.twitter.com/YPY5QzUmuy

2019-01-29 00:09:55
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ラウデンチョコレート 「奥行きのあるカカオの味わいが、色とりどりのフレーバーが停泊する桟橋の、荒波にも揺るがない強さと安心感だけでなく、支柱が描く波の紋様の美しさをも、提供してくれます。」 pic.twitter.com/AVA3ZTn7ZQ

2019-01-29 00:07:32
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

モンセラート(ベルギー) 「陽光が降り注ぎ、芝生が匂い立つ公園の昼下がり、行き交う人々の間では、素朴であたたかな友情の挨拶が交わされている、そんな変わらない風景のように、昔ながらの親しみやすい味わいが、舌の上いっぱいに広がります。」 pic.twitter.com/dzAFd8WcR9

2019-01-26 23:08:52
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

マレーン・クーチャンス(ベルギー) 「忙しく動き回る厨房のスタッフたち、無駄のないオペレーション、整ったデザイン画にも似たその正確さはしかし、シェフの唐突な笑い声によってあっさりと崩れてゆく・・心の余裕が生んだ興味深いアンバランスが、自然体のエキゾティシズムをもたらしています。」 pic.twitter.com/RGE6z8bxn8

2019-01-26 23:03:29
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ベロ&アンジェリ(仏) 「挑発するかのごとく、異質な要素を織り交ぜてくる、緊張感を孕む即興演奏でありながら、繰り返される技巧的なシンコペーションで、曲全体の整合性を保っているような音楽が、神経全体に知的な熱狂をもたらすのにも似て・・破綻まで計算しつくした、前衛的なショコラです。」 pic.twitter.com/Ddj0flseil

2019-01-26 23:00:08
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

フィリップ・シュロイエン(ベルギー) 「いつものところに戻ってきた、と実感できるような、いつもの人と過ごす夕べの時間。刺激を求める若い感性が、摩擦に疲弊して、揺りかごの甘美なる安息とほろ苦い郷愁に浸りたくなった、そんな時にまさにぴったりの、丁寧につくられた、安心できる味わい。」 pic.twitter.com/nDvNPR5rsR

2019-01-25 23:22:55
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ノエル・ジョヴィ(仏) 「帆を広げた船が何艘か並び、風を受けて一斉に前進し始めました。帆布の大きさや形は同じでも、その厚さとテクスチャーが異なるだけで、こんなにも船の動き方が変わるのか、風味とボディが変わるのか、と驚かされます。」 pic.twitter.com/GSeJ4DCSOp

2019-01-25 23:09:25
拡大
千田歌秋(せんだ かあき) @senda_khaki

ショコオキャレ(仏) 「突然目に飛び込んでくる鮮やかな緑色の葉の、積極的に鼻孔を攻めてくるフレッシュな香り。しかし、良く観察してみると、外側の立派な葉叢をしっかりと支えている、想像以上に太い幹があることに気付きます。フレーバーを前面に押し出すための、ボトムの効いたカカオの土台。」 pic.twitter.com/kc9GnVnfin

2019-01-25 23:04:22
拡大
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?