Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
2022年4月21日

映画監督のお仕事について

いろいろな監督のタイプがいるから、一概には言えない。
13

まずこの動画など。

砂手紙 @sandletter1

1・実写映画の撮影は、ドライ(機材のポジションを決める)→カメラテスト(うまくいくかどうか確認する)→本番テスト(試してみる)→本番(撮ってみる)→チェック(確認する)の手順でおこないます。途中であれこれ省略する場合もあるけど(城を燃やすのなんかはテストできない)、

2022-04-20 23:57:38
砂手紙 @sandletter1

2・本番とチェックは省けないのね。テスト段階では実際の役者が必要ということもない。似たようなスタッフ使ってやればいいからね。そういうのちゃんと記録に残してないのは、ものすごく退屈だから。同じこと何度もやるために、延々と待ち続ける人たちがいるだけ。

2022-04-20 23:58:05
砂手紙 @sandletter1

3・コンサート(ライブ)だと、たとえばアニメの「BanG Dream!」3期におけるメンバーのステージチェックが比較的近いかな。「ライトもう少し暗くして」「周り見えるかしら」と、湊友希那(ボーカルの子)が、ステージには別の人を立たせて、客席でチェックしてるのね。

2022-04-20 23:58:21
砂手紙 @sandletter1

4・で、映画における監督というのは何をする人かというと、ずばり「スタッフのみんなの質問に答えること」です。トリュフォー『アメリカの夜』みたいに、そこらへん語ってみよう。

2022-04-21 00:00:08
砂手紙 @sandletter1

5・トリュフォー『アメリカの夜』のフェラン監督(その真の姿はフランソワ・トリュフォー)いわく、「質問! 質問! あまりに質問されるもんだから、考える時間がない!」

2022-04-21 00:00:54
砂手紙 @sandletter1

6・ まず、衣装係が白のシャツを持って来ます。 「スノーホワイトとピンクホワイトとミルキーホワイトとアンバーホワイトのシャツを用意しましたが、どれがいいでしょうか?」 監督「照明と撮影とセットと小道具の人間に聞いてみよう」

2022-04-21 00:01:36
砂手紙 @sandletter1

7・照明「背景が白の多いシーンなので、白すぎるシャツを使う場合には人物の背後に照明をもう一つつけるか、背後の壁に暖色系の照明を当てる必要がありますが、どうしましょうか?」

2022-04-21 00:02:29
砂手紙 @sandletter1

8・撮影「カメラの位置はロー・ハイどちらも可能だが、移動すると照明機材が写らないようにするのは難しいし、予算とテストに1時間欲しい。シャツの色は暖色系の白にすると人物の顔が暗くなるし、寒色系だと撮影に自信がないわけではないが、時間がかかる」

2022-04-21 00:03:12
砂手紙 @sandletter1

9・セット「なんでも言われた通りにしますが、伯母の葬式に行かないといけないので、今日の午後5時以降は2日間助手にまかせます」 小道具「この壺だとシャツの色は白じゃなくて黄色に白が混じっているぐらい黄色いほうがいいです」 プロデューサー「あと3日で20シーン撮ってくれ。予算がない」

2022-04-21 00:03:49
砂手紙 @sandletter1

10・監督「背後から少し照明を当てよう。この位置でカメラの邪魔にはならないかな。ややローポジで、回りすぎないように。壺の位置はあと30センチ右にする。テストは40分、明日までに10シーンまでは撮る。衣装には45分後に連絡するから、シャツが決まったら同じものを10枚用意してくれ」

2022-04-21 00:04:31
砂手紙 @sandletter1

11・プロデューサー「予算がない」 監督「じゃあ、シャツは5枚」 プロデューサー「時間がない」 監督「テストは30分で」

2022-04-21 00:05:04
砂手紙 @sandletter1

12・基本的に、衣装に関して監督が役者になにか言う、なんてことはありません。担当スタッフにはカメラテスト段階で言う。怒鳴ったりしてもスタッフがピリピリするだけなので、「もう少し汚れたのはないかなあ」ぐらいの感じで言う監督が普通は多い。小学生と先生じゃないんだからね。

2022-04-21 00:05:46
砂手紙 @sandletter1

13・トリュフォーは、長年一緒だった撮影監督(ラウール・クタールだったかな)が耳が遠くなって、やたら大声で怒鳴り散らす(ように思えるようになった)ため、スタッフが緊張しすぎてうまくいかなくなって、後年はネストール・アルメンドロス(だったっけ)に代わってもらったそうです。

2022-04-21 00:06:25
砂手紙 @sandletter1

14・なお、黒澤明監督の場合は、まあリアルに真水と海水で半年間洗ったシャツとズボンを10セットぐらい用意するかな。

2022-04-21 00:07:08

コメント

砂手紙 @sandletter1 2022年4月21日
トリュフォーの映画で一番好きなのは『大人は判ってくれない』です。最後のところ、撮影のラウール・クタールは、走る少年を撮る際に「何キロだって取り続けてみせます」と、監督に言ったそうです。映画の名シーンを選ぶならベスト10には入れたいな。
1
フルバ@も~っと!狂犬ちゃん @furubakou1 2022年4月21日
なんかあったときに泥被るのが最大の仕事と思ってた。(昔、雑誌のインタビューで庵野が「監督の最大の仕事は責任をとること」って言ってた)
3
砂手紙 @sandletter1 2022年4月21日
https://animeanime.jp/article/2014/10/28/20650.html 庵野秀明「まず庵野さんは監督という職業について「仕事は責任を取ることだけ。他には何もないんです」と断言。出来上がったものに対し、OKを出すかNGを出すかを決めて、その責任を取る役職であると語った。」どの程度まで泥をかぶるかは不明ですが、役者の不祥事に関しては不明、写ってはいけない(機材とか影とか)が写った絵になったり、映像と音声が不一致みたいなのに関しては、監督の責任、ですかね。
2
marumushi @marumushi2 2022年4月21日
furubakou1 金銭面とか作品外のトラブルなんかは通常プロデューサーやらが責任を取らされるのかもしれないけど、作品自体の評価についてはそれがどんな理由(脚本がクソ、役者の演技が大根等)であれだいたい監督が受けることになるので、「泥を被る」という表現が妥当なのかも。
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2022年4月21日
実写映画監督の一番大事な仕事が欠落してますよ~。実写映画の監督の一番大事な仕事は「カット割り」ですよ。台本(決定稿)はシーン単位で書かれているので、それをカット(撮影上の編集点)ごとに区切って、どういうカメラワークを施すかを台本に書き加えることを「カットを割る」と言います。これが監督の一番大事な仕事(なぜなら監督以外にそれをする権限者がいないから)ですよ。ドライやカメラテストぐらいなら、カットさえきちんと割れていればファースト助監督でもできるので
3
さどはらめぐる @M__Sadohara 2022年4月21日
難しいことがわからない人は「カメラが下からグイっとパーンしてタイトルロゴがドーン」を実写映画で決めるのが監督だと思ってればOK。アニメだと演出のお仕事ですけどね
0
inu @inu1122 2022年4月21日
撮影がうまくいない、監督が難しい人の現場は副監督がコロコロ変わる印象 そして宣伝や広告用のスチル撮影スタッフに当たりが強い
0
砂手紙 @sandletter1 2022年4月22日
絵コンテが描ける(絵で撮影の段取りについてスタッフと共有できる)監督としては、スコセッシ、キャメロン、ヒッチコック、日本だと黒澤明、市川崑、和田誠などがいた様子。和田誠の場合は、絵コンテ描いて角川春樹に見せたら「Youが映画作りなYo!」ということになって作った。
1