ISWC2011 まとめ

ISWC2011の参加者の@takechan2000@koujikozaki のtweetをまとめました。
インターネット セマンティックWeb 国際会議
4
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Second International Workshop on Consuming Linked Data (COLD2011)@ISWC2011 投稿数25で採択率が5割くらい. 結構,WSにしてはレベルが高そう.
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Keynote: Removing the Potholes in the Road to the Semantic Web ( Daniel P. Miranker, The University of Texas at Austin, USA)
Hideaki Takeda @takechan2000
ISWC2011会場到着。今日明日はワークショップの日。私はCOLD2011 (Consuming Linked Data Workshop)に参加。#iswc2011
Hideaki Takeda @takechan2000
どこのWSのプレゼンかな?おもしろそう。RT @rtroncy curate: An ontology for describing museum narratives: http://t.co/Qz1agvc5 #derive2011 #iswc2011
Hideaki Takeda @takechan2000
Keynote: Removing the Potholes in the Road to the Semantic Web (Daniel P. Miranker) RDBからRDFへ変換する話。#iswc2011 #cold2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Keynote講演は,既存のWeb(多くのWebページのバックにはRDB)をSWにするために,RDB→RDFとする色々な技術的な仕組みを紹介(主にSQL→SPARQL)が中心,
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Consuming Linked Data within a Large Educational Organization ( Fouad Zablith, ... ) http://t.co/mnpIYdAE
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Open Universityの諸々の学生用システムをLDでつなぐ.かなり大規模なチームでデータの収集を行っている.http://t.co/e8hIuruQ で,データを公開.
Hideaki Takeda @takechan2000
twitterデータのハンドリングの話らしい @fabianabel Slides #sdow2011 keynote on User Modeling and Personalization on Twitter: http://t.co/S30cfGeQ #iswc2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Use Caseが3件紹介されていたが,どれも基本的に,LDを使って,関連するPodcastなどのマテリアルを表示する.なかなかキラーアプリは難しい…と発表者も言っている.
Hideaki Takeda @takechan2000
@koujikozaki Open Universityの諸々の学生用システムをLDでつなぐ.かなり大規模なチームでデータの収集を行っている.http://t.co/7OpPz1qm で,データを公開.#iswc2011 #cold2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
LDを使うためのタスクをマイクロタスクに分解. タスクパターンをSPARQL patternsとして定義. タスクの種類は,identify Resolution, Metadata Correction, Classification, Ordering
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Using Tag Clouds to Quickly Discover Patterns in Linked Data Sets http://t.co/Og2KwZwx
Hideaki Takeda @takechan2000
[Using Tag Clouds to Quickly...] wikipediaのinfoboxからクラスやプロパティのとってタグクラウドとして表示。タグを選ぶとそれも同時にもつタグのクラウド表示(コンテキスト化)。さくさく動くデモ。 #iswc2011 #cold2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
KBに格納されたデータにアクセスするために,インスアンスのタグクラウドを使って可視化する. タグクラウドを作成するためのカウントの仕方をいろいろと議論している. DBPediaのタグを例にシステムの実装. #ISWC2011 #COLD2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
RDFの可視化をするライブラリの開発. 既存のRDF可視化ライブラリのサーベイと評価が論文に含まれており参考になりそう. #ISWC2011 #COLD2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Identifying Information Needs by Modelling Collective Query Patterns http://t.co/BPVUA4cE #ISWC2011 #COLD2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
SPARQLクエリーのログを分析して,クエリーのNeedsを分析する. クエリー結果の可視化手法を複数提案→コンセプトグラフとPredicate sequence set #ISWC2011 #COLD2011
Hideaki Takeda @takechan2000
携帯用アプリらしい。でも中身はリストばかりでソートもないし、現状ではイミフ @alvarograves ... #ISWC2011 mobile app is available now! Powered by #LODSPeaKr http://t.co/KH9W1O7j
Hideaki Takeda @takechan2000
こないだDC2011であった人と再会。んでその同僚が関与しているということで、近くの美術館でやっているアニメの企画展!に一緒にいくことに。http://t.co/hNBlykz9 "Anime! High Art – Pop Culture"
Kouji KOZAKI @koujikozaki
言語モデルに基づいて,事前のマッピング無しに,1つのクエリー複数のデータ源のLDを対象とした検索を行える仕組み. #ISWC2011 #COLD2011
Kouji KOZAKI @koujikozaki
Incremental SPARQL Evaluation for Query Answering on Linked Data http://t.co/lAN6cgwe #ISWC2011 #COLD2011
残りを読む(94)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする