クロアチアふしぎ発見!-アドリア海沿岸観光地のほんとのところ

クロアチア在住10年の経験があるジャーナリストの長束恭行さんが12月3日放送のTBS「世界ふしぎ発見!- アドリア海の宝石巡り クロアチア青い海紀行」を視聴。「旅の指さし会話帳 クロアチア」を執筆されるなど現地観光事情にも詳しい長束さんのツッコミ・裏話をまとめました。
旅行 クロアチア
12
yuzuru @yuzuru_yuyu
@nagatsuka_hrv ふしぎ発見ご覧になっていますか?
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
冷やかしながら「世界ふしぎ発見」をネットで見てますが、いざクイズとなると熱くなりますね(苦笑)
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
@yuzuru_yuyu はい、見てます。三択になる前に答えました(笑) > ふしぎ発見ご覧になっていますか?
yuzuru @yuzuru_yuyu
@nagatsuka_hrv はい見ています。ご解答さすがの早さと感心しておりました(笑)。
竹中玲央奈 / Reona Takenaka @reona32
ドゥブロヴニクか。結局プリトヴィツェは出ないのか
竹中玲央奈 / Reona Takenaka @reona32
ドゥブロヴニクには日本語が喋れるおっちゃんが経営してる刺繍店があるんだよね
竹中玲央奈 / Reona Takenaka @reona32
最近よくクロアチア特集されるけど、ドゥブロヴニクばっかでおもろくない。そろそろみんな知ってきてると思う。さっきのスプリトから船で行ける島とかはいいと思ったけど。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
でも今のドゥブロヴニクは拝金主義の街。不動産を買うのは外国人、店で働くのはボスニア人。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
クロアチア人がドゥブロヴニクを誇りに思っているのは嘘で、どこの土地からも嫌われるのがドゥブロヴニク人なんですよね。まるでクロアチアにない外国の街みたいなところ。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
50回近くは観光仕事でドゥブロヴニクを訪れたけど、こんなタルトは聞いたことないですね。本当に名物なのかな…
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
ああ、これはドゥブロヴニクの街の名物ではないですね。ストン名物です。
竹中玲央奈 / Reona Takenaka @reona32
プリトヴィツェはどうですか?? RT @nagatsuka_hrv: クロアチア人がドゥブロヴニクを誇りに思っているのは嘘で、どこの土地からも嫌われるのがドゥブロヴニク人なんですよね。まるでクロアチアにない外国の街みたいなところ。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
ブラーチ島は「クロアチアで一番ケチな島民として評判が悪い。母親の死亡広告にオリーブオイルの宣伝をする」とか、フバール島は「ホテル群をルクセンブルクの会社に売ったものの、会社は傾いて島民は大激怒。宿代も釣りあがって観光客激減」とか扱ってくれたら番組的に神だったのに(笑)
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
こういう番組を見た年金生活者がクロアチアに興味を持ってツアー参加し、「マカロニ・ケーキあるだろ!」と騒ぎ出すんですよ。来年には日本の旅行社が無理やりセットメニューに「マカロニ・ケーキ入れろ!」と要望を言い、安いセットメニューで面倒な料理を作るレストランは涙目…と展開予想。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
クロアチアの観光番組は政府観光局や日本の旅行社にとってはセールス宣伝になるものの、現場で働く人にとっては七面倒なことばっかり。「TVではああだった、こうだった」とうるさいんですよね。メディアリテラシーのない団塊世代には仕方ありませんが…。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
ドゥブロヴニクのTV仕事の想い出、その1。「旧市街でサッカーをやっている子供の映像を撮りたい」と言われるも、そんな子供はどこにも見つからず。路地裏で見かけた子供に「アイスクリーム奢ってあげるから」とヤラセ演出。しかし、年上のガキが乱入して子供同士が大喧嘩。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
ドゥブロヴニクのTV仕事の想い出、その2。「ここがルーツの犬、ダルメシアンを撮影したい」と言われるも、ドゥブロヴニクでは「あんなうるさい犬は要らない」ということで飼っている人はほぼ皆無。愛犬協会を通してようやく飼い主を見つけたものの、お宅訪問でドアを開けた瞬間に犬が脱走。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
@reona32 プリトヴィチェは素晴らしいところですよ。ただし、戦争中にセルビア人勢力が制圧していた頃は観光客が入れなかった分、自然が逆に保護されたと聞いています。つまり観光客の出入りで汚れちゃったんですよね。> プリトヴィツェはどうですか??
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
観光ビジネスで胡坐をかき、やたら物価が高いのと偏屈な人が多いからですかね。スプリト人もドゥブロヴニク人を嫌います。@siamcat23: なぜでしょう? RT @gizrhythm: 確かに、ザグレブ行ったときは「ドゥブロブニク?やめとけよ、あんなとこ」って何度か言われました。
竹中玲央奈 / Reona Takenaka @reona32
@nagatsuka_hrv 戦時中に自然が破壊されそうになったと思ってました・・・。その事実は知らなかったです。実は去年クロアチアとボスニアに行ったのですが、一番印象深いのがプリトヴィチェです!ザグレブのバズバックパッカーズにも行って、オーナーの方と長束さんの話をしました!笑
siamcat @siamcat23
@nagatsuka_hrv 確かに、物価はやたら高いですよね。ホステルの宿泊費が他とは桁違いだったのと、城壁内のレストランで出されたシーフードが値段の割に残念な感じだったのが印象的に残っています。旧市街の街並みはとても素敵でしたけれど。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
クロアチアで本当にお薦めできるのはイストラ半島。人々がリベラルで、ビーチも綺麗、美食の土地。取材相談で私がイストラを薦め、コーディネートも依頼されたものの、同社のオシム本作成もあって断ることに。初めてイストラを紹介したその老舗雑誌が新潮社「旅」。このほど休刊になりましたが…。
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
なぜ日本の旅行社がイストラ地方をあまり組みたがらないかというと「世界遺産が一つしかないから」。日本のツアー企画は世界遺産信仰が強すぎるんですよね。世界遺産指定の教会に訪れても説明にはさっぱりなツアー客ばかりなわけですけれども(苦笑)
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
@siamcat23 「ドゥブロヴニクのお薦めのレストラン」を訊かれると、「外れもなければ当りもない」と答えます。それであの価格ですからガッカリ感が強いですよね(苦笑)
長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 @nagatsuka_hrv
ここ数年でドゥブロヴニク空港でやたら見かけるのがモンテネグロ・ナンバーのバス。宿泊費の高いドゥブロヴニクではなくてモンテネグロに泊り、ドゥブロヴニクは日帰りというツアーも増えてきました。ビーチもモンテネグロの方が良好ですし。ただし、モンテネグロも物価が上がってきたんですよね。
残りを読む(6)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする