【アイマス】otamon支社長と貴音がサンライズに乗りながら夢でいちゃついているようです【ニコ鉄支社長】

ニコ鉄の支社長であり、貴音の専属Pであるotamon氏がサンライズエクスプレス客室内でいちゃついているようですので、その様子をまとめて見ました。
電車 ニコニコ鉄道株式会社 アイドルマスター otamon
24
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
さて、検札も終わった、貴音と二人っきり、ベッドの上。カーテン閉めたらやることは一つだな。たかねええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
貴音…改めて思うけど…肌…綺麗だな。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
すべすべしてて…柔らかいし……こう…優しい暖かみを感じるよ…。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
おい…貴音…そっちは……本当に…俺で…いいのか?
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
ああ…すごく柔らかくて…ふかふかだ…。この感触に包まれたいぐらいだよ…。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
このまま終わりたくない…?どういう意味だ貴音?おい、どこへ行くんだ…貴音…?
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
貴音が帰ってきた。次は、あなた様が湯浴みをする番だって…お前まさか!?
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
貴音にシャワーが空いてなかったことを告げた。すると貴音は、「気をつけてください、あなた様。どこからか面妖な気配が…。のろいの類のようですね……。」と。我々の乗っているサンライズに呪いをかけた人、先生怒らないからかけた呪いを自己申告しなさい。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
いや…やっぱりだめだ。俺とお前は、プロデューサーとアイドル。俺達が体を重ねても、芸能雑誌の格好のネタにしかならない。やっぱリそんなことは出来ないよ。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
貴音…お前じゃダメなんてことは決してない。もっと違った出会い方をしていたら、貴音と俺は結ばれていたかもしれない。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
運命にもしもなど無く、つねに自分で切り開く…?どういうことだ貴音………ちょっと待て貴音、着替えるなら俺出るから!
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
運命にもしもなど無く、つねに自分で切り開く…?どういうことだ貴音………ちょっと待て貴音、着替えるなら俺出るから!
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
ようやくシャワーが空いたので、湯をくぐってきた。そして俺は、プロデューサーとしてではなく、一人の人間として、貴音の気持ちに答えることにした。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
ごめんよ貴音。そしてありがとう貴音。俺を選んでくれたこと、絶対後悔させないよう頑張るからな。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
しかし、いざこうなってみると、貴音をどう愛せば貴音は悦ぶのか、てんで検討が付かない。そんな俺を見て貴音は、「私も初めてのことなので、わからない部分の方が多いのです。ですから、あなた様の思うように私を愛してください。」と言うのだ。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
なので俺は、俺のことを優しく包み込んでくれそうな2つの大きな膨らみを頬張ってみることにした。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
膨らみの頂点に、桃色の突起。俺はそれに口を付けた。そして、その突起から伝わるビクッという衝撃と、薄く漏れた甘い声。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
口は一つしか無いが、貴音の膨らみは2つあった。もう一つの膨らみは手を使うしかない。手だけで悦んでくれるのかはとても不安だったが、やはり甘い吐息が貴音の口からこぼれる。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
貪るように貴音の膨らみに襲い掛かった。一挙一動、貴音からは返事が帰ってくる。それが俺はうれしかった。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
そして俺は一つ聞いた話を思い出す。「一方的な愛は深まらない。お互いがお互いを愛しなければならない。」といった話だ。つまり、貴音が俺を攻める番だってあると考えついた。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
そこで貴音に求めてみた。その膨らみで、俺の愚息を挟んでくれないかと。貴音は、至らぬ点があるかもしれない、としながらも、あなた様の望ならと言ってくれた。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
なんとも形容しがたい何かが、俺をさらっていく。貴音の膨らみは、俺の愚息を丸呑みにしているかのように包み込んでいた。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
そうして攻守を交代しながらしばし時が過ぎた。お互いの欲望は、合わさることで一致していた。
otamon/複合コP(永遠の17) @otamon_Pakurima
「あなた様、心だけで無く、体も一つになりませんか?」と問い掛けられる。俺は力強く、そうだな。と答えた。
残りを読む(23)

コメント

@Traveler_Osaka 2011年12月5日
しかし、コ レ は ひ ど い
寛山P提督。.3gp @KAKOGAWA_103 2011年12月5日
後でまとめようと思ったらもうされてた件w
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする