10周年のSPコンテンツ!
1
スっチー @kotoetomomioto
早川「雲仙普賢岳が原点。当時は誰もリスコミできなかった。今回毒もクスリも込めたつもり。そこが意見の分かれるところかな、と」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
早川「コメは植えるべきで無かったと考える。青刈りもできなかった。それはボクの意見。社会の合意ではない。自分の意見を多くに強く伝えたかった。今メディアがやっと来てくれた」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
岩上「批判の対象が違うのでは?」早川「3月4月は東電、国も攻めた。しかし直接的にコメにセシウムを混入するのは農家。国や東電は遠すぎる。自分の目の前の危険を回避する手段を採った」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
岩上「生産者も生存は掛かっていたのでは?論理のぶつかり合い」早川「その通り。その段階で初めて定量的な論議ができる。今初めてその論議の土俵に届いたと感じる。議論したい。」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
岩上「通常の周知では足りないと気付いたのはいつ頃?」早川「5月6日。吾妻川沿いでサクラを見た。ボクのフォロワーは増えて無かった。作戦を変えないといけないと思った。」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
早川「心の中で新しい情報が発酵してゆく、覚悟を決めたのが5月6日。汚染は私は何もできない。普通の研究者の様に情報の整理だけではダメだと20年前に痛感した。女性セブンから始めた。」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
早川「1991年6月3日雲仙で火砕流。43人が死んだ。ボクは知ってたが彼らに伝えられなかった。友達も居た。まあ本人の意志を尊重してほっておいたら死んだ。トラウマと思っている」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)
スっチー @kotoetomomioto
早川「東工大の牧野さんが①番判っていた。彼に聞いた。危険性を理解した。黙ってるわけにはいかなかった。」 ( #iwakamiyasumi2 live at http://t.co/jPL553bH)

 

Jun Makino @jun_makino
早川さんは ( 自分で認めるかどうか知らないけど ) なるべく多くの人を危 険から救いたい、そのためになるべく多くの人の耳に届くように、と思って そのための戦術としてやってると思う。
Jun Makino @jun_makino
私はそういうのは初めから諦めてて、まあその、自分で考えて判断しよう、と いう人に役に立つような情報と、あと可能なら「自分で考える」ことの例を 示せたらいいなあ、というくらい。そのために、自分が自分のために考えたこ とをなるべく過程も含めて書くようにしてるつもり。
Jun Makino @jun_makino
そんなのは迂遠だし手遅れかもしれないけど。
Jun Makino @jun_makino
まあ、考える途中で一杯間違えたのはあんまり書いてないけど。
Jun Makino @jun_makino
まああとは、科学的方法とか科学者というのは本当はそんなに駄目なわけでもないの的。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
認めます。きょうそのように記者さんたちに説明しました。RT @jun_makino: 早川さんは ( 自分で認めるかどうか知らないけど ) なるべく多くの人を危 険から救いたい、そのためになるべく多くの人の耳に届くように、と思って そのための戦術としてやってると思う。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?