国際線搭乗員の被ばくと機内測定、及びシミュレーションについて

いまのところ ・緯度による。 ・ICRP84に根拠があるらしいけど検索でヒットしない。 ・シミュレーションは実測と±20%以内くらいであうらしい。 ・線種は中性子:γ線:電子=6:2:1.5ぐらい?  例えばガイガーで見かけ上4μSv/hと「表示」した場合は  γ線0.4μSv/h+電子線0.35(×見かけ上の効率10倍)=約4μSv/hという感じ? ・皮膚を除き中性子とγによる被ばくは80〜13続きを読むいまのところ ・緯度による。 ・ICRP84に根拠があるらしいけど検索でヒットしない。 ・シミュレーションは実測と±20%以内くらいであうらしい。 ・線種は中性子:γ線:電子=6:2:1.5ぐらい?  例えばガイガーで見かけ上4μSv/hと「表示」した場合は  γ線0.4μSv/h+電子線0.35(×見かけ上の効率10倍)=約4μSv/hという感じ? ・皮膚を除き中性子とγによる被ばくは80〜130μSv/NY往復程度? ・通常こんなに電子線を(主に皮膚に)浴びることはないのでそれはそれで微妙な感じ。搭乗員のメラノーマはかなり怪しい? ・200μSv/往復は保守的な見積り?(それ自体はたぶん妥当) 実際の被ばく量も人体への影響も良くわからない。(ものを比較対象にするのはそもそも間違い)
icrp84 国際線 遺伝子 被ばく 搭乗員 転座
kotonetomomioto 10679view 17コメント
85
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「原発」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする