ぼくのかんがえたさいきょうの年間ベストディスク 2011

初めて,年間ベストというのをやってみました。 2011年に聴いた新譜の中から,洋邦おりまぜて選出。 割と悩まずに自分のランキングを作れたと思います。 続きを読む
音楽
0
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
音楽クラスタもすなる年間ベストディスクといふものを,ギエロン星獣もしてみむとてするなり。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
13位 bermei.inazawa 「Chords\bermei.inazawa collection」今年は個人的に「ひぐらし」元年の年でもありました。「何年遅れだ」というセルフツッコミが示す通り,過去に発表された楽曲も多いですが,異国感あふれる音世界を大いに楽しめました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
12位 山下達郎「Ray Of Hope」『「俺の空」は,どう考えても名探偵コナン天国へのカウントダウンの犯人をモチーフにしたとしか思えないぞ』とかいう突っ込みも「こんな古ぼけた言葉でも 魂で繰り返せば」のフレーズで爽やかに砕け散る。初回版のjoy1.5も素晴らしかったです。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
11位 rubik 「solar」試聴機で初めて聴いたときの「おっ!」という感触が,めずらしく盤を聴いた後も途切れなかった1枚でした。チェンバーポップというジャンルをちゃんと聴いたのは初めてでしたが,クラシックの中でリズムが飛び跳ねている感じがかなり好みだなーと実感しました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
10位 benny sings 「art 2008年の3rd以降,途中で挿まれたジョヴァンカやウーター・へメルに「おおっ」とか「うーむ…」と一喜一憂しながら待っていた甲斐がありました。派手さは前作に軍配ですが,機械的なビートに,素朴で温かいメロディが心地よい感覚は今作のほうが上
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
9位 Ron Sexmith「Long Player Late Bloomer」初めて彼の作品を通して聴いたのですが,とてもよかったですね。泥臭い感じの声に,比較的パッキリした爽やかな音像(ドラムが良かったです)がとてもマッチしていたなと思いました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
8位 mogwai 「Hardcore Will Never Die But You Will」このグループも今年初めて聴きました。ポストロック系は聴いててダレるものが多かったのですが,この作品は非常にポップ。その聴きやすさが,旧ファンから見ると物足りない部分なのかもしれません→
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
→が,門外漢からは最良の出会いだったなと。今までの諸作も,今後開拓していきたいですね
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ノコギリで木の長さ調整。けっこう爆ぜてるのであんまり近寄れない。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
どんど焼きのそばでだんだん近づきながら屁をこいていって、どこまで引火しないで済むかのチキンレース楽しい。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
今年1年の総括とかしようと思ったけど、うなじに直撃した火の粉の殺人的熱さでそれどころじゃない。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ひととおりお参りの波鎮まった。明けましておめでとうございました!
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
さすがに僕も、参拝に来た、全く良い思い出がないタイプの昔の同級生と鉢合わせて、とりあえずお神酒を勧めてお茶を濁す作業で新年を迎えるとは思いませんでしたね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
丸一日以上空いたけど2011年度の年間ベスト残りの7枚紹介していきます
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
7位 the view「bread and circuses」過小評価されてると思います。数年ぶりに若手の正統派のロックアルバム聴いて,僕の中の少年((C)山下達郎)が反応しました。最高
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
6位 ジェームズ・ブレイク 「ジェームズ・ブレイク」ひたすらに内省的。だけど魅力的なビート。そして人間臭い歌声が絶妙でした。他の人の年間ベストでもすごい出てて,なにも言うことない感あふれてるのでせめてもと日本語表記。これがせいいっぱいの個性です…。
残りを読む(16)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする