言論の自由と統制

自分が陳述した事実に質問を受けたら、根拠を提示する説明責任が話者にはある。しかし意見表明には、理由の説明責任を伴わない。どんな意見も自由に表明してよい。事実と意見の区別がつかないひとは、ほとほと困った存在だ。
HayakawaYukio 12435view 36コメント
14
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「心理」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする