Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年2月29日

自分用 ママさん達のきっかけ

体験談 転換点 何かに気付いたきっかけ 脱原発=放射能コワイ、である必要はない 1人じゃないよ あなたのきっかけは何ですか? 良かったら教えて下さい。
176
@kaoruchan1962

今から思えば、鼻血放射能派の存在が、私に、怪情報流布派の存在を確信させた。

2011-12-11 20:41:21
カモ子 @m_kamoko

前にも書いてるけど、私が立ち止まったきっかけは、田中優さんの「牛乳の汚染がチェルノブイリを超えている」、野呂美加さんの「3月に郡山に行ったら放射能に当たって帰宅してからゲボゲボ吐いた」。当時私のTLは、危険情報だけで埋め尽くされていたけど、これはさすがにおかしいと思った。

2011-12-11 21:37:49
𝑎𝑘𝑎❦𝑠𝑢𝑔𝑢𝑟𝑖 @aka_suguri

私が脱脳できた、最初の小さなきっかけは「人体とかバナナとかの中に大量にあるカリウム(K-40)は半減期12億年とかですよ。」という順一さんの言葉を聞いた事でした。一番身近な所から疑問を持つ事は大事かもしれません。 http://t.co/bhRq51KH

2012-01-30 06:09:03
𝑎𝑘𝑎❦𝑠𝑢𝑔𝑢𝑟𝑖 @aka_suguri

私はちゃんと子供達に説明したよ。「お母さん今まで西日本の食材買ったり変な薬飲んでもらったりしてたけど、もうそんな事しなくても大丈夫なんだ。勉強方法間違えてた。ごめんねー。江戸川区名産の小松菜も原発事故直後は大変だったけどもう今は大丈夫。モリモリ食べようね。安心してね」と。

2012-02-24 20:20:21
Ryo @su_Ryo

不安なことも多いし、私も母親だからよく分かります。でも本当かどうか分からない情報を集めて怖くなっている間も、子供はどんどん成長してしまう。それを見逃してしまうのは大変勿体ない。ちょっとそれをお休みして、膝に乗っけてほしいなあと思います。だって乗せられる時間なんてあっという間です。

2012-01-31 16:37:03
Ryo @su_Ryo

加えて、「将来子供が産めないかも」「将来病気になるかも」「大人になれないかも」という恐ろしい言葉を、絶対に親は子供に言ってはいけないと思う。親の口から聞くのは恐怖だと思うから。

2012-02-27 17:57:56
みなこbotリアル @minako_bot_real

【全てを疑おう③】私も9月まで放射能恐怖症でした。放射能の害を煽る一方、HPで高額な検査をPRし始めたバズビー基金に疑問を持ち、基本から調べることによって目が覚めました。判ったのは、初心に戻り、信頼できるソースで調べる事の必要性。放射能に限りません #放射能

2012-05-07 16:34:28
ショコラ @sandykeih

毎週末の反原発デモが最近の趣味だという友達を放射能勉強会に誘った。そしたら「放射能の勉強なんか行くくらいならデモにきてほしい」と。その友人と各発電方法のデメリットや今回の事故の話をしたら、あまり知識のない私以上に疎くて驚いた。世田谷のラジウム事件すら知らなかった。大丈夫か?

2012-02-19 21:48:43
ショコラ @sandykeih

私は5月に野呂さんの講演会のお誘いメールがこの団体から来たけれども無視した。一瞬、行こうかなと思って、気になってはいたけど、「低線量が高線量よりひどいはずがない。妊婦は怖いものには近づくな」と自分に言い聞かせていた気がする。

2012-03-02 23:56:21
みー @marinebluebb

私が、極端な放射能コワイコワイになりそうだったのを引き戻してくれたのは、最終的には旦那だった。 後から聞いたのだが、彼もはじめは相当心配だったそうで、沢山の情報や文献などにあたったという。それに、二人で狼狽えたところでどうしようもなかったよね。と笑った。本当に彼に感謝している

2012-02-07 19:34:36
@neli1976

あ、コワイコワイ脱出ですか?だって、デマがどんどんバレてくれば何かオカシイぞ?となるじゃないですか。秋になったら分かるにビクビクしてたら冬になってあれ??みたいな(笑)それからはチェルの時の日本の食品汚染を調べたりして徐々に脱出です(^^)@pinpon_2011

2012-02-29 11:35:24
EDI @iamtkhr

思えばもうすぐ1年。ツイをはじめたのは、もう少し後。少し極端だが。振り回され、最後はお一方の的確すぎるご助言。お一人の専門化のお言葉。これで大概の事は理解できた。後は個人の判断で自衛を。これまで助けてくれた皆様・仲間にも感謝。この際不平不満はなし。これからは事実の伝播と復興に!

2012-02-16 12:50:37
千葉どんぐり@休眠中 @chiba_donguri

私はデータを見ることで、それが自分に起きるのはものすごい低い確率だろうと納得できたけど、同じ状況でも1%の稀な事例が自分だったら!という恐怖に拘泥されてる人には、データを見せて説得するより、傾聴の姿勢の方が大切ってことなのかな。

2012-02-16 21:59:34
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto

異色の講演会なのですが、実に理屈にかなっているんですよね。私はようやくゼロベクレルから開放されて、心が軽いです。東京近郊のかた、2/12講演会をぜひお聞きください@krmsoda

2012-02-07 16:05:26
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto

講演では福島の農産物の放射性セシウムのデータ、放射線以外に遺伝子を傷つけるもの、放射性カリウムや放射性ヨウ素を含む食品、ストレスの影響について学びました。旦那は喫煙、オヤツにポテチ、子供は夜更かし…それで関西でゼロベクレル目指していたのが恥ずかしくなりました@sss24_na

2012-02-17 19:31:30
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto

震災直後の不安な時、野呂さんの「心をしっかり」という呼びかけには救われました。でも放射性セシウムが及ぼす影響については納得できなくて…。野呂さんは放射性カリウムは自然放射能だから大丈夫だという考え方なんです。@krmsoda @TAMURAMIRAI

2012-02-16 12:48:36
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda

@rmkyoto @TAMURAMIRAI 私は野呂さんの講演会は怖くて行けませんでした。今考えると行かなくてよかった。。でもそれでも人工放射性物質と自然の放射性物質では出す放射線の影響は違うのだろうとずっと思っていました。

2012-02-16 21:57:06
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda

@rmkyoto リスクを総合的に減らす!って考え方なら、0Bqの強迫観念から解放されますよね。そしたら元の生活に戻れるのかな・・・戻れないとしても今より心は軽くなりそうですね。人気の理科の先生のもとで「勉強」できるのってなんとなく楽しみです。中学の理科の成績3だったんだけど。。

2012-02-07 21:23:53
QP @sktop_p

@Noelle0110 今思うと私はテレビ番組でした。中村仁信先生が「放射線は活性酸素を増やすだけ」というコメントしてして、それが"しこり"のように頭から離れず疑問に思ったのがキッカケでした。

2012-03-02 22:02:14
QP @sktop_p

放射脳に侵されたお母さんが脱脳するキッカケは、『あれ?自分が言ってることって矛盾してるな』という小さな疑問。 よくよく考えると不安になる情報ばかり収集し、それ以外の情報は遮断してたなって気付く。 まるで不安になりたがっていたような行動だよね。 【洗脳】ってそういうことだよ。

2012-02-27 08:33:08
QP @sktop_p

放射脳の自己矛盾に気付き、勉強し脱脳するお母さんが増えてます。 脱脳した人達は不安を煽ったりせず、データと科学と歴史から放射脳の矛盾と向き合うだけです。 本当に子供を守りたいなら! すべては一歩から。 何かを始めるのに『遅い』はありません。

2012-02-22 09:00:53
Sweet Olive @sweetolive93

とにかく旦那さんには「また放射能の話かよ」なんて面倒くさがらずにゆっくり奥さんの話を聞いて欲しい。

2011-12-10 12:53:05
jnkhmd @tatamie104

@sayakatake とってもわかります。長女を妊娠中、マクロビにはまってしまい、発育不良と貧血を指摘されました。急いで普通の食事に戻しましたが、すでに妊娠後期、正期産にも関わらず、娘は低体重で生まれ、私は退院するまで造血剤を注射するはめに。

2012-01-16 12:39:46
あふらん/afran @pinwheel007

山下先生が一番危惧していたこと、それは正しかったと思う。私はこの一年間で自分自身に起きた心や体の変調は放射線のせいではないと確信した。今の福島市では、放射線よりもことばの暴力のほうがただちに人の身体を傷つける。私はそう思う。

2012-02-28 14:13:51
あふらん/afran @pinwheel007

実は去年の4月ごろまでは、放射能がとにかくこわかったのね。訳のわからない恐怖。理系の夫が説明してくれて、それは理解できるんだけど、でも、とにかく怖いって感じ。それが落ち着いたのは5月。どうして落ち着いたか、ブログに書くつもりです。

2012-03-03 14:52:19
残りを読む(32)

コメント

野間易通 @kdxn 2012年3月4日
「放射脳」とか「脱脳」とか言ってる時点で極端から極端に振れすぎ。こういう人は結局自分の頭で考えてないからまた何度もだまされる。
1
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2012年3月4日
私のこの調子の悪さって、今年の寒さのせいだな。リウマチっ気あるから関節がギシギシするんだわい。
0
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年3月4日
「原発安全神話」によって完全に”武装解除”され青天の霹靂のように突如「原発震災」に襲われたことが混乱の原因では?例えば中越地震で柏崎刈羽が停止した後、東電が「安全」をアピールするために長期間にわたってTV-CMを流し続けたが、もう一度そのあたりから検証と反省をする必要があるのでは?備えあれば憂いなし、備えなければ大混乱!
0
赤間道岳 @m_akama 2012年3月4日
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/230617-1-1.pdf 原子力安全・保安院で公開されている事故の第一報だけど、ここを見ると、福島の事故は想定されていた究極の最悪には及ばない事故だったんだなと思う。
0
子ぬこ @konukopet 2012年3月4日
興味深いのはいわゆる放射脳叩きで目覚めた人はいないこと やっぱ叩くだけって無意味なんだよ
9
neologcutter @neologcuter 2012年3月4日
まあ #反原発 やってる連中の人格に問題があるから仕方がないw 「6.11新宿・原発やめろデモ」における20歳学生集団リンチ事件 : 増田くん日記 http://masuda.ldblog.jp/archives/51718348.html
3
りんごだんな @Danna_Ringo 2012年3月5日
RT @fishing_pippo: 前うちの娘ちんに「将来福島出身ってだけで結婚拒否されたらどうするよ?」って質問したら「そんな馬鹿と結婚する気なんて最初から無いし、そんな馬鹿が寄ってこなくてむしろラッキー」って答えたぜ。さすが我が娘。そしてもちろんそう答えると私は確信してたけどね。
6
りんごだんな @Danna_Ringo 2012年3月5日
RT @fishing_pippo: 前うちの娘ちんに「将来福島出身ってだけで結婚拒否されたらどうするよ?」って質問したら「そんな馬鹿と結婚する気なんて最初から無いし、そんな馬鹿が寄ってこなくてむしろラッキー」って答えたぜ。さすが我が娘。そしてもちろんそう答えると私は確信してたけどね。
0
みなこbotリアル @minako_bot_real 2012年5月12日
@pinpon_2011 こんばんは。こちらのまとめに今気付きました。minako_genkiのツイートですが、このあと2月26日に放射脳という言葉を差別と感じている人がいるのを知り、使用をやめました。botのほうのツイートは直っていますので、そちらをご利用頂けないでしょうか。
0
tetsuya0069 @tetsuya0069 2013年5月24日
「でも、やっぱり原発は怖い、止めよう!」っていう人が一人もいないのは、不自然すぎる。
1
いぶし銀@100万円? @rubrifolia 2014年1月9日
じゃあ原発に替わる原発と同じ安定供給量の発電装置を今すぐこさえてよ、反原発のみなさん。それに反原発のみなさんは少なくとも電気は節電しているのでしょう?PCとかコタツとか使わないでね。あなた方が節電してくれればNICUの子供達も安心して治療に専念できるって話。
0
もりちゃん(CV:毒蝮三太夫) @mollichane 2014年5月2日
トリを務めた森ちゃんです。あの状態を抜け出すのに「脱脳」と言う単語は極端ではないよ。特に文字数制限のあるツイッターで広がったのは自然な流れ。
1
藤川達之助 @ponpokotanuk 2014年9月28日
tetsuya0069 脱原発と放射能の恐怖は別なのよ。 それが理解できないから脱原発派の活動が実らない、現状「福島いじめ」しているだけにしか「感じていない」
1
みやん @forestihatov 2015年4月12日
私のきっかけは彼らの支持してるものが海外では全く評価されてない市民団体系の学者だったり専門外の有名人、データ不十分のまま強引に結論出したような欠陥論文だったり、情報元がはっきりしてないものが多い事に気づいた時です。だから彼らの情報は矛盾が凄く多いなと。
2
毒吐き自転車好き 生まれも育ちも福島県 @LOVEJITENSHA 2018年11月12日
私が放射脳の一歩手前から無事生還できたのは福島の人達のツイートに助けられた。どんなにひどい事を言われても丁寧に説明してた福島在住の人達。特に女性達の言葉は強かった。決して専門家では無い彼女達が、起こってしまった事故、事故後の現状、その上で福島に住む事を選択し、情報を得て良い事も悪い事も含めて発信してる姿を見て自分の足元や周辺の環境を見なおしてみようって思った。そうして周りを見たら外部から言われてる福島と自分の目で見る福島のあまりに違いにナンジャコリャってなったんだよ。
0