戦前の日本では喘息の特効薬として喫煙されていた大麻の話

戦後アメリカによって一方的に禁止されたこの国の大麻。敗戦直後はGHQに多少抵抗していたものの、いつのまにか日本政府やマスメディアも米国の言いなりになるようになって、『日本国内でも大麻が一般的に治療薬として使われてきた歴史』をも隠蔽するようになってしまった。 ぜんそくの特効薬としてひろく利用されていた大麻の話。
ログ ぜんそく 大麻 治療 マリファナ 喘息
79594view
25
SHIVA @francisco_bot
「日本でも戦前は、治療薬として大麻を吸っている庶民がたくさんいたこと」を知っている日本人って、どれくらいの割合いるんだろう?喘息の特効薬として、喫煙用の医療マリファナが薬局で一般的に売られていたことを。しかも、もっとも副作用のない即効性のある薬として。
シバヘイズ @world420
大麻は戦前までは、世界中で栽培されていた。薬としても、精神や不眠などの治療薬として医薬品として売られていた。日本でも喘息の特効薬として、庶民の薬として普通に売られていた。世界で大麻が禁止されるようになったきっかけは、米国政府が大麻産業を壊滅させ、合成繊維を普及させようとした事だ。
シバヘイズ @world420
アメリカに占領される前は「大麻は日本でも一般的な薬として使われていた」という事実が、この国では隠されている。しかも「もっとも副作用のない、即効性のある薬」として。日本人は、ぜんそく薬として煙草状のマリファナを吸っていたのである。 http://t.co/q4rR4Loc
HAZE @nl_5
特にインド大麻という、大麻の有効成分が多く含まれている種類の大麻を煙草にして「インド大麻煙草」と呼び、喘息の薬として市販されていたという状態があった。つまり、第2次大戦前は、自由に大麻たばこが売られていたということである。 http://t.co/qKqfMJfs
SHIVA @francisco_bot
大麻が喘息の漢方薬とされたのは、大麻の弛緩作用が喉(気管)を拡張し、呼吸を楽にするからだ。喉に痰が詰まると、大麻は咳で痰を切る。しかし痰が増加すると大麻の効力にも限界がある「喘息の救命治療」 http://t.co/8qEBEP1N
シバヘイズ @world420
明治28年のインド大麻煙草の広告 一般には「ぜんそく煙草」と呼ばれていた様だ “@420lazycat: @francisco_bot pic.twitter.com/MjkMKbsdg6” *陸軍軍医が大麻を推薦している、と書かれている
 拡大
SHIVA @francisco_bot
戦前の「喘息たばこインド大麻」の宣伝文句がすごい→「本剤はぜんそくを発したる際は、煙草のように吸う時は即時に全治し、もっとも身体に害なく喘息を医する療法。この煙の特効は、既に欧亜医学の確論なり。マリファナの有害性ではなく有益な点を明らかにして、プラスの面を活用するのが賢明な道」
シバヘイズ @world420
戦前の日本ではぜんそくの特効薬としてインド大麻が販売され、「最も身体に害なく喘息を治す」療法として大麻の喫煙が行われていた。 *「最も身体に害なく」っていいね大麻らしくて。実のところ大麻より安全に喘息を治す薬って存在するんだろうか? @francisco_bot
SHIVA @francisco_bot
一服の大麻がここまで病状を回復させる。横隔膜の奇病を患い息継ぎがうまくできずまともに言葉を喋れない状態の青年が、たった一口マリファナを吸っただけで、あっという間に普通に喋れるようになる様子が分かる映像。(4:20頃〜) http://t.co/JUuZCgurCw
 拡大
シバヘイズ @world420
戦前、日本の薬局で一般的に売られていた「ぜんそくたばこインド大麻」には、「煙草のように吸う時は即時に全治し、もっとも身体に害なく喘息を治す」という謳い文句が書かれていたが。マリファナには呼吸系の病を【最も安全に】【即時に全治】する効果があるのは、経験者は実感として理解できるだろう
SHIVA @francisco_bot
最初にGHQから「マリファナを禁止しろ」と言われた時は、厚生労働省の役人も「何を訳のわからないことを…」という反応だったことが分かる。戦前まで日本の代表的な農作物だった大麻。「終戦後の国会議事録」 htn.to/R1TpY4
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
常識は変わる事の貴重な記録。喘息の治療薬として「大麻煙草」が売られていたのを明治期の雑誌広告で見た事がある@francisco_bot: 最初にGHQから「マリファナを禁止しろ」…戦前まで日本の代表的な農作物だった大麻。 http://t.co/gxRBBenU
シバヘイズ @world420
日本人は長いことかけて「西洋医学への盲目的な信仰」を植えつけられてしまった。大麻は本来、漢方の肝となる植物なのに、いまでは日本は東洋医学には医師免許すら与えない国になってしまった。戦前は、最も安全な喘息の特効薬として、庶民がマリファナを喫煙してきた歴史があるにも関わらずである
SHIVA @francisco_bot
大麻取締法には「立法目的」が書かれていないことを知っているだろうか?戦前まで大麻は喘息の特効薬として使われ、また国をあげて栽培を奨励していたこともあり、大麻は「素晴らしいもの」とされていたので、当時法律を作る官僚もアメリカがなぜ大麻を禁止させようとするのかがわからなかったからだ
参考まとめ
ツイートまとめ ダライ・ラマが医療大麻の支持を表明 2013年10月、メキシコで大麻合法化をめぐる討論会に参加。「医薬品としてのマリファナの使用を支持する」と明言した。 ※ヴィンセント・フォックス前大統領との対談で http://www.thewire.com/global/2013/10/dalai-lama-supports-medical-marijuana-use/70583/ 45047 pv 1616 2 users 6795
ツイートまとめ がんの治療と医療大麻:米国の国立ガン研究所(NCI)がマリファナの抗癌作用を正式に認める 医療大麻について。抗がん作用や予防薬としての薬用マリファナの研究結果などのまとめ。大麻の利点は「健康な細胞を傷つけることなく、ガン細胞だけを死滅できる」ということ。最近は、がんの治療に対する大麻の効果が公になる機会が増えています。 参考まとめ ・医療大麻解禁の動きを追う(テレビ東京) http://j.mp/sojwZU ・ダライ・ラマが医療大麻の支持を表明 http://j.mp/1.. 363481 pv 29917 67 users 8438