みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

今知っておきたい水の話、知られざる水の価値と問題。(EBS第7回)

〜アースカラービジネススクールpresents〜 ◯テーマ 【今知っておきたい水の話。世界と日本の水問題を俯瞰する】 ◯登壇者 続きを読む
セミナー アースカラー アクアスフィア 橋本淳司
1626view 1コメント
1
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
アースカラービジネススクールに。今日は水資源と関連ビジネスについて学びます。全く知らない分野なので楽しみ。EBSマジでコンテンツリッチなので大変オススメです。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS37 始まりました。ジャーナリストでアクアスフィア代表、橋本さんによる「いま、知っておきたい水の話」。三回構成の第一回。世界と日本の水問題を俯瞰する。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS37 なぜ水問題に取り組んでいるか。幼少期、川の近くで育ち、水は身近だった。大学生になり、荒川区に住んだ。あまりにマズくて驚いた。金魚鉢の水の味がする!と思った。その体験をきっかけに、各地の浄水所や水源を巡った。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS37 出版社にいたが、自分でものが書きたくなり、取材活動を始めた。ちょうどその時、ペットボトルの水が日本に広がり始めた。フランスにvittelの取材に飛んだ。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS37 vittelに行ってみると、高齢者がたくさんいた。治療に来ていた。現地フランスでは医療用に使われていた。ミネラルウォーターには薬効があるため。日本で言えば、保険適用の医療になっている。湯治に近いイメージ。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 それを日本のメディアで伝えたら、大反響があった。「病気なんですが、何の水を飲めば良いですか?」という問い合わせが殺到。これおかしいんじゃないか?と思い始めた。家にまで困っている人が来てしまった。危険な感じがする。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 そんな一方で、スリランカ、バングラデシュの取材に行った時、水道・下水道すら整っていないことを知った。今でも水道の普及率は5割。今まで書いていたことが違うのでは、と思い、水問題への取材を始めた。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
失礼しました、 #EBS37 ではなく #EBS21 でした。日付じゃなかったのか…笑
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 環境教育が広がり始め、教育にも携わった。2009年に「みずのがっこう」もはじまった。|水を通じて地球を考える。いつでも、だれでも参加できる学びの場、開校中! - http://t.co/yFkePDij
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 中国から仕事の話が来た。中国は水不足。水不足を解消するアプローチは3つあると考えている。一つは技術:日本の技術を輸出。二つ目は政策:法律整備など。三つ目が教育:水教育をできる人材を育成。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 現地事業。当初、教育のニーズは無かったが、次第に中国の人も教育に高い関心を抱き始めた。水に関する教育者である「節水リーダー」を育てた。大人に教えても持続性がないため、小さい子どもを中心に教育する。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 今の親世代は、一人っ子政策の影響で節約が嫌い、という背景もある。「節」の字が忌み嫌われている。そのため子どもたちを使って、アプローチする必要がある。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 地震の後、被災地での浄水場の調査を行った。止まった浄水場と、止まらなかった浄水場があった。持続可能な社会における浄水システムとは何か、を考えた。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 別の仕事では、地下水利用のルールづくりを行った。話題になっている通り、外国資本が日本の水源を買っている
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 受講生に質問:「気になった水の話題は?」
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 「40年前、井戸水と水道水の味の違いに驚いた」「飲み水に興味がある」「水が止まるリスクが気になる」「水の備蓄の問題」「バーチャルウォーター:食品をつくるときに使う水の問題」などの意見が出ています。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 なぜ今、水のことを学ぶべき?経営リスクの面では①物理的リスク:水不足、洪水や水質汚染。②規制リスク:水取引価格の上昇、利権の再分配、水質管理の強化。③その他のリスク:水を適切に使わないことによる、企業評価・ブランドに関するリスク。地盤沈下を起こす企業など。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 水問題①水が足りない。中国の山西省。ある日突然水が出なくなった。地下水が枯れてしまった。黄河も細くなってきた。彼らは一日20リットル/人で生活している。日本の統計では一日260リットル/人。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 水が少ないと、衛生管理に使える水が減っていく。飲み水や煮炊きはせいぜい50リットル程度。衛生的な暮らしをするために水が使われていく=都市化のプロセス。北京は五輪を機に都市化し、水の使用量が増えた。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 問題②水が汚れている。水道も無い、下水道も無い地域は、排泄物をはじめとする汚物が飲み水の中に入っていく。水の衛生性が失われている。毎日約4,000人の子どもが安全な水が無いために亡くなっている。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 水をたくさん使えるようになると、汚れた水も大量に出るようになる。単純に、水が少ないから井戸を掘れば良い、というわけではない。下水道の整備なしにそれをやると、地域の水がよけいに汚れる。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 問題③地下水の枯渇。様々な産業が地下水を使っている。地下水ばかりに頼ってしまっている。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 問題④地球温暖化。温暖化になると水が少なくなる。氷=水の銀行が溶けてしまう。雪解け水を利用していた人たちは困る。需要が調整されなくなってしまう。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 特に0メートル地点では、温暖化によって海面が上昇し、淡水と海水が混ざっていく。淡水ではない水は使えない。被災地でも津波によって同様のことが起こっていた。
イケハヤ@ブログ年商1.5億円 @IHayato
#EBS21 2025年には、中国、中東、欧州、インド、オーストリア、北米、アフリカ北部などの広い地域が水不足になると言われている。
残りを読む(30)

コメント

OGAWA Miki @miki_mo 2012-03-15 16:37:22
@ebsinfo こちらもまとめました!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする