編集可能

noiehoie氏のハンセン病隔離差別に関する解説

noiehoie氏がハンセン病政策当時の状況からみた、差別の状況について解説してらっしゃったのでまとめました。 正直に申しますが、まとめ主は科学的うんぬんについてはpowerpc970氏とほぼ同じような認識でした。勉強しなおします。
64
ひまわり @powerpc970

.@bjcfm675 は「ハンセン病差別はハンセン病を知らない人達が、科学的根拠に基づかない恐れに基づき、自分や家族を守る為に隔離政策という差別を肯定した結果起きた問題」という事を知らず、そのまま同じ過ちを今回の事故でも行おうとしている。これを「馬鹿」と一言で表現したのが私。

2012-03-25 23:26:04
菅野完 @noiehoie

え?いつから、ハンセン病の問題って、「科学的な真実をしらない馬鹿どもが、恐怖を根拠に隔離政策を取った事が問題」になったわけ? 

2012-03-26 08:03:26
菅野完 @noiehoie

いやはや。放射脳を笑いたいがために、「ハンセン病問題の問題は、科学的な真実を知らない馬鹿たちのせい」とまで言い出しますか。 なんだか歴史修正主義みたいな話だな。

2012-03-26 08:04:25
菅野完 @noiehoie

ハンセン病隔離政策による差別って、むしろ、「科学の名の元の差別」の代表事例なんだけどな。らい菌の発見が1869年。で、国際的な学会でこの発見を元に隔離政策が推奨されるようになったのが、1897年。当時は、「らい菌保有者は隔離するのがベスト!」ってのが、科学的知見だった。

2012-03-26 08:09:00
菅野完 @noiehoie

で、日本におけるハンセン病隔離政策が強行に推し進められ、諸外国以上の凄惨さをともなったのは、明治〜大正期にどの社会分野でも起こった、「上から」の「社会進化論」と「異質排除運動」っていう社会的政策の一環で、だからこそ、「救癩」のシンボルは、貞明皇后だったわけでしょ。

2012-03-26 08:12:34
菅野完 @noiehoie

なので、日本におけるハンセン病隔離政策の問題点って、「科学的知見を知らない無知蒙昧な連中の軽挙妄動」ではなく、「国際的な学会で表明された当時の最新鋭の科学的知見を、政府が分断統治の道具として利用した」っていう「お決まりのパターン」として総括せんとならんわけでね。

2012-03-26 08:14:21
菅野完 @noiehoie

「科学を知らない無知蒙昧な大衆による差別的な制度の創出」って事例より、「統治する側が、科学を大義名分として差別的制度を正当化しようとする」って事例の方が、圧倒的に多いじゃないの。

2012-03-26 08:16:19
菅野完 @noiehoie

「ハンセン病問題は、科学を知らない無知蒙昧な人々による差別」っていうのなら、戦前にポピュリズムによって、隔離政策が取られるほど、日本の戦前ってのは国民の意志が政策に反映されるだけの自由闊達な政治制度だったということになり、諸々おかしくなるけど、ええんかの?

2012-03-26 08:20:58
菅野完 @noiehoie

で、ハンセン病隔離政策が凄惨と陰惨さを加えていったのは、「戦後の高度成長期を経て日本が豊かになったあとハンセン病が忘れられた病気となった後も、戦前に科学的政策として取り入れられた国立療養所等の制度が、『行政の連続性』という大義名分で維持させられつづけた」ってのが原因だしなぁ。

2012-03-26 08:22:40
菅野完 @noiehoie

「放射脳の馬鹿さ加減を笑いたいがために、ハンセン病問題を持ち出す」ってのは、「通州事件だけを取り上げて、朝鮮民族の暴虐性を言い立てる」っていうネトウヨ程度の知能だと思う。

2012-03-26 08:25:08
菅野完 @noiehoie

そうですよ。でも、あれを「朝鮮人の妄動」という馬鹿なネトウヨがいるんです。ハンセン病問題を引き合いにだして「放射脳」を哂うというのは、それぐらい、明後日の方向からの指摘なんです。 RT @tak_konn: @noiehoie はじめまして。通州事件って中国での事件でしたよね?

2012-03-26 08:34:23
菅野完 @noiehoie

なんぼでもいます。「何かの主張を補強しよう」ではなく、「(放射脳であれ朝鮮人であれ)誰かを馬鹿にしよう」というモチベーションで動いている人は、簡単に歴史的事実を歪めます。 RT @tak_konn: へ?そこまでおかしい人がいるとは想像できませんでした。

2012-03-26 08:38:33
菅野完 @noiehoie

思えば、戦前の日本って、「科学的な知見に基づく差別」のオンパレードでね。 「部落差別は問題だが、トラホームの流行を観るに、江戸期の隔離政策は正しかったと言わざるを得ない」とかいう珍説まで出てくる始末でね。 

2012-03-26 08:42:33
ひまわり @powerpc970

のいほい氏は差別の根底にある人々の「差別を許容する意識」を理解できず、国ガー、科学ガーと叫ぶばかり…。国が政策上それを利用したか、利用しなかったかは、差別を受けたという事実に違いはないんだけどね。

2012-03-26 10:42:08
ひまわり @powerpc970

仰る通りだと思います。いくら戦前の中央集権国家でも、大衆の後押し無しではここまでの差別政策はできません。RT @mikagerobeppu 戦前の、更に前にあった癩病への差別意識も…ハンセン病は政策レベルじゃない民間意識の差別・隔離のがずっと長いと思うんですけどね。

2012-03-26 11:03:28
菅野完 @noiehoie

結果はそうだけど、原因を衆愚のせいにするなと言うとるのがわからんのなら、差別論なんぞという、それこそ人文系の学識と知識が必要な話に容喙せん方が 身の為です。 RT @powerpc970: のいほい氏は差別の根底にある人々の「差別を許容する意識」を理解できず、国ガー、科

2012-03-26 12:27:29
菅野完 @noiehoie

差別論とか社会制度論で「人の気持ち」が重要だというのなら、それこそ「作者の気持ち」ばっかり考えてきた俺たち文系に任しとけ。

2012-03-26 12:30:35
ひまわり @powerpc970

.@mikagerobeppu @gishigaku ハンセン病で言えば国家ぐるみで行われた分、被害も大きく、その根も深いのは事実。ただ、科学的根拠に基づけば、1950年代には解消できたはずの差別。裁判でもそれを指摘。それを彼は知らないのか、知ろうとしないのか。

2012-03-26 12:37:07
菅野完 @noiehoie

あのぉ。差別論を語りたいのに、「構造」とか「権力」とかいう概念がすっぽり抜けているのは、馬鹿だからなのか、恥知らずなのかどちらなんです? http://t.co/M5tD8ACt

2012-03-26 13:53:42
菅野完 @noiehoie

頭の悪い人は言い訳も下手くそだという良い事例。 .@tak_ppp さんの「noiehoie氏のハンセン病隔離差別に関する解説」をお気に入りにしました。 http://t.co/M5tD8ACt

2012-03-26 22:30:27
菅野完 @noiehoie

差別を生む心と、差別を生む構造との峻別をしたいのなら、大変申し訳いないけど、お前ら理系の出る幕じゃなく、「作者の気持ち」ばっかり考えてきた我々文系の出番なんで、黙ってて欲しい。 http://t.co/M5tD8ACt

2012-03-26 22:37:17
菅野完 @noiehoie

はい。根が深いはなしなのに、「差別を生む心の問題」とか矮小化したいのなら、なおさら、俺ら文系に任せとけって話です。 RT @tari_tipa: ハンセン病隔離政策がつい最近まで続いてた異常性は相当に根が深いので、。 http://t.co/M5tD8ACt

2012-03-26 23:28:53

コメント

たっく @tak_ppp 2012年3月26日
まとめを更新しました。
0
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
竜田寮児童通学拒否事件(黒髪事件): 1954年4月8日、熊本市立黒髪小学校の校門に、「同盟休校」のビラが貼られた。校区内にあるハンセン病療養所付属の保育施設「竜田寮」の4人の児童の小学校通学に反対するPTA一部が、健康でも将来感染するかもしれないという誤解と偏見を受けて「学校をきたないらい病から守ろう」と呼びかけた。
2
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
戦前の経緯はほぼnoiehoie氏の主張通り。問題は戦後、ローマ会議(1956年)で日本が国際的非難を浴びた後も差別が継続したのは行政の連続性ではなく、それを許容した「自分や家族を守る為に隔離政策という差別を肯定」した結果。当時の科学的知見は既に「ハンセン病は治る病気」。特効薬プロミン登場は1943年。
3
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
岡山県の長島愛生園、邑久光明園は、海に囲まれた隔離施設。脱走のため、海に飛び込み、速い潮の流れにのまれて命を落した患者も。本州と距離わずか30mのその海に橋が架けられたのは1988年5月。国がらい予防法を廃止したのは1996年。
2
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
ハンセン病差別は戦前の差別教育と戦後の科学的知見の無視が原因。違憲国家賠償請求訴訟でもその点は指摘されている。今の放射能差別は国がそれを利用していないというだけで、根底にある「差別を肯定」した意識は同じ。
2
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
戦前の経緯について「ほぼ」noiehoie氏の主張通りと指摘したのは、単純に「国が政策上差別を行った」というより「以前から大衆にある非科学的な差別意識を利用して国が差別政策を行った」が正解。放射能差別が「以前から大衆にある非科学的な差別意識を利用して、似非学者が根拠を与える」という図式と非常に良く似ている。
2
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月26日
日本では世界的な動向と逆行するかのように、1931年に強制隔離政策(感染の拡大を防ぐため全患者を療養所に強制的に入所させる政策)が開始された(Wikipedia「ハンセン病」より)
1
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月26日
この時点では既に「科学的知見に基づくフリをしつつも実はそれによらない政策」になってたってことかな。
1
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月26日
そしてその政策の継続が大衆の差別の解消どころか助長に一役買ってたんではないかなという気が。
1
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月26日
冒頭のひまわりの人のツイートに続く一連のやり取りでは「被曝はとにかく避けろ」というICRPでも今では否定されてる古い知見に基づく主張の否定があったような気が。
0
眠る羊 @sleep_sheep2010 2012年3月26日
死刑執行された事件の中で冤罪を疑われている藤本事件も、患者への差別が根底にある。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9C%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6 普通、冤罪事件って共産党系の支援が多いけど、これは自民党の元総理が支援してたんだよな。
0
菅野完 @noiehoie 2012年3月26日
あのぉ。差別論を語りたいのに、「構造」とか「権力」とかいう概念がすっぽり抜けているのは、馬鹿だからなのか、恥知らずなのかどちらなんです?
2
大田椿畝@俗名ちくわぶ大将軍 @Kirokuro 2012年3月26日
政治の道に魂込めた 一人の右翼が今日もゆく 真面目にデモらぬ奴らには 体で覚えさせるぞ のいえ三四郎 のいえ三四郎 早くデモをシロ~♬
3
ひまわり @powerpc970 2012年3月26日
結局、差別の原因は国ガー、権力ガー、体制ガー、構造ガー、と他者のの責任にして、自らが消極的に加担する怖さは目をつむるということかな。
7
笛吹斑(うすい まだら) @chervbim 2012年3月26日
差別は国に責任はなく国民が馬鹿で無知だから、と。いつもながら明快に肉屋、もとい、権力を支持してらっしゃるようで。
2
菅野完 @noiehoie 2012年3月26日
差別を生む心と、差別を生む構造との峻別をしたいのなら、大変申し訳いないけど、お前ら理系の出る幕じゃなく、「作者の気持ち」ばっかり考えてきた我々文系の出番なんで、黙ってて欲しい。
2
菅野完 @noiehoie 2012年3月26日
差別を生む構造を放置して、「差別を生む心」を問題にするのって、それこそ、「班目とかの原子力ムラの住民ががわるいんですー」とかいう放射脳の馬鹿どもの主張と同じで、「構造を放置して、個別案件化して責任を有耶無耶にする」という、差別への積極的な加担なんですけども。
2
あきらっす @akirateru88 2012年3月26日
どうも人の心が全て理性的に働いて合理性を持って動くロボットの事のように考える人が居るらしい。全くどこまで偉いんだかなぁw ここの局面はルール作りで差別構造を回避すべき方向を支持するわ。逆の現実だったから戦後も隔離政策が続いたんでしょう。
0
AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2012年3月26日
国が差別的な政策をしているのであれば、一般人が差別をするのも無理はないのでは?国の政策とは無関係に福島差別している馬鹿どもとはわけが違うでしょう。
3
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2012年3月26日
ハンセン病隔離政策がつい最近まで続いてた異常性は相当に根が深いので、「お前ら理系」を藁人形化して問題を矮小化するのも、同様によろしくないと思います。
9
ひまわり @powerpc970 2012年3月27日
今度は「理系ガー」ですか。さすがのいほいさん、引き出しが多いですね。また国に責任を押し付けて、というのは国の責任を認めてないと解釈されるのも不思議な人だな、と。国に責任がどれ程あったとしても、自分の責任からは逃れられないでしょうに。
8
あきらっす @akirateru88 2012年3月27日
その自分て何人居るんだろう。きちんと責任に感じる奴らなんてそんなに多くないだろうなぁ。責任から逃れられないとか言うけど、逃れてしまうやつらは大量に出てくる。だから制度で縛れって話になるんだろうに。そうそう貴方みたいにできた人間ばかりじゃないんですよ。
0
ネガ @negangan 2012年3月27日
下手に「科学的」とかに逃げないで、「差別を生む心」についてはちゃんとそれはそれで勉強しろよ、と言われてるんだよ。その辺りの無知が結局表現の拙さにつながり、明らかに事実と違うことを述べてるんだからさ。
2
笛吹斑(うすい まだら) @chervbim 2012年3月27日
ヒマワリの人は自覚してやってるならまだいいんだが、どうも天然臭いのがもうね。自分は頭がいいと思ってるっぽのもイタすぎ。民衆を徹底的に見下してお上は絶対的なものと信仰してる。この感性で生きていけるのってどんな業界なんだろうか?
4
ネガ @negangan 2012年3月27日
戦後に一般市民の無知による差別が起きているから、直接の原因は当時の科学的根拠ではあるけれど、「科学的根拠に基づかない恐れに基づき、差別を肯定した結果起きた問題」を正しいことにしろ、というのはちと図々しいよね。
2
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月27日
「ハンセン病差別は戦前の差別教育と戦後の科学的知見の無視が原因。違憲国家賠償請求訴訟でもその点は指摘されている」が「お上は絶対」になるのはなぜ?
3
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年3月27日
『「科学的根拠に基づかない恐れに基づき、差別を肯定した結果起きた問題」を正しいことにしろ』ってどういうことだろう。馬鹿なんでひまわりの人がどこでそう言ってるのかよくわからない('・ω・`)
1
はよ @hayohater 2012年3月28日
http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/278644 で、理系憎し「エア御用」憎しでこんどははてサのケツ舐めですか。ごくろうなこって。
1
ネガ @negangan 2012年3月28日
隔離政策を始めたのはハンセン病を知らない人ではなくて、一部の知っている人達だったんでしょ。だったら、「ほぼ正しい」とか、「戦後は~」とかいう発言を使うのではなく、まず最初の発言の訂正が必要だと思います。
2
ネガ @negangan 2012年3月28日
少なくとも、「民間に古来からあったらい病差別意識」と「当時の科学的知見に基づいた隔離政策による差別」は別個のものとしてきちんと認識すべきと思いますし、いっしょくたにした挙句に「科学的根拠に基づかない民間差別がまずい」と結論付けるのはいかがなものでしょうね?
2
ネガ @negangan 2012年3月28日
また、行政的な原因(特に法律論に纏わる)があってハンセン病に対する政策是正のが難しかったことも既に政府が認めるところだよね?これがありながら民衆の科学に基づかない差別意識に主な責任を投げるのはどうでしょうねぇ?
2
ネガ @negangan 2012年3月29日
もし、その時に妥当と考えられる科学的根拠に基づくのが正しい、のならば、隔離政策が不必要だという科学的根拠が認識される以前に全国で内務省の煽りに乗って #ハンセン病 患者を差別しまくった行動は科学的に正しかった、ってことになってしまうわな。
2
🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2012年3月31日
考えるべきポイントは、noiehoieさんが言う「文系」が、ハンセン病差別を解く為にどのような対話をしたのかって話になるんじゃないかなあ。
3
(^ー^*bリうんこんこん @unconcon 2012年3月31日
力を持つものの責務や配慮という話。何が悪かったかを言い出せば最終的にあらゆるところに原因がある。何が悪かったかを語るにはそんなのっぺりした事実認定とは別の考察が必要となる。それが構造と権力。不毛な文系理系論争は明らかに互いの流儀が違い互いに学ぶべきところがあるわけでやめたらいい。この場合、理解しにくいのは文系の方だから理解する姿勢を示さない結果になりやすいのは理系の場合が多いと思うと言った瞬間に自分もこれに与しちゃうことになるのだが。/noiehoie氏のハンセン病隔離差別に関する解説
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
ハンセン病の隔離問題って、巷でほとんどハンセン病患者を見なくなって「ハンセン病なに?」状態になりながらも続けたんで、民衆の差別意識が続けさせたってのは根拠不明と同時にかなり無茶のある理論だと思うんですよね。
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
国が主導したハンセン病患者の社会的排斥、隔離政策が大々的になるまで、記録ではハンセン病患者が普通に出歩いていたし、見た目故に気味悪がられて差別されても恐ろしい伝染病とまで感じることにはなかったんだ。だって、患者の周りでバタバタ人が死んでるわけでもなかったんだから。
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
放射能にしてもハンセン病にしても政治闘争に利用される中途半端な科学知識を流布するぐらいなら単なる経験則に寄った「特に人が死にまくってるわけでもないから大丈夫じゃね?」のほうがよっぽど全うだよ。
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
まず民衆には「科学知識が必要」と仰る崇高な理系の方々にすれば、そんなやり方は単なる無知にしか見えないだろうけど、一方で科学的知見に寄った結果、国の暴虐の片棒を担ぐぐらいの危険性は認識してて欲しいものですな。
1
ひまわり @powerpc970 2012年4月1日
「特に人が死にまくってるわけでもないから大丈夫じゃね?」をきちんとした手法で証明するのが科学ですよ。科学は崇高でもなんでもなく、貴方の身近に存在するもの。
1
ひまわり @powerpc970 2012年4月1日
もう一つ。戦前も民衆に差別意識があったのは事実ですし、特に1950年代以降の差別は「ハンセン病差別はハンセン病を知らない人達が、科学的根拠に基づかない恐れに基づき、自分や家族を守る為に隔離政策という差別を肯定した結果起きた問題」だということです。無知や無関心を含めてね。
2
ネガ @negangan 2012年4月1日
まず、明らかに勘違いしているのは差別や偏見は"無知や無関心では起きないん"ですよ。差別や偏見の原因となる情報が入るから起きるんです。もし、無知や無関心も全て原因とするなら、生まれてすぐの赤ん坊も差別の原因の一つということになるわな。
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
そして、隔離政策を断行した人達は"当時の科学的根拠に基づいて"恐れ、隔離政策を肯定した、んですよ。その後も変更されなかったのは、訴訟にある国の弁論を借りれば、1981年まで隔離は根拠に基づいた合理性があると考えられていた、んです。
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
「きちんとした手法で証明した」の"きちんと"の定義がまた曖昧ですね。「隔離を断行した当時の証明」と医学に無知な民衆の"見た目気持ち悪いけど誰も死んでないから大丈夫なんじゃね?"はどちらがきちんとしているでしょうかね?
1
ネガ @negangan 2012年4月1日
一応断っておくと私は別に科学が崇高といっているわけでもないし、これの必要性を否定しているわけでもないです。ただ、科学的、合理的、論理的な思考というのはそれを使うことで大きな問題を引き起こす危険性も秘めている、ということを認識して欲しいと言うことなんです。その代表例なのがまさにこのハンセン病問題なんです。
1
知花俊輔 @nightmarechild4 2012年4月1日
近代以前の民間由来の差別意識・因習がハンセン病含めた差別問題の根底にあるって、科学だって優生学やらの試行錯誤の黒歴史があったこと見落とされてませんか?科学だって片棒担ぎうるものだという認識は忘れちゃイカンでしょうに。
3
知花俊輔 @nightmarechild4 2012年4月1日
あと、@noiehoie氏の馬鹿にするためだけにレッテル持ち出すことの弊害への指摘は、デマ拡散してる反原発の人に限らず、それを馬鹿にするだけでなく属性づけて全否定する反反原発側が醸成する新たな差別のステレオタイプ化にも該当する面で示唆的だと思う。
3
ネガ @negangan 2012年4月3日
せっかくなんでもうちょっと書くと、らい病隔離というのは西洋においては近代以前から行われた風習なんで「昔から大衆意識にあった差別」と言えるかもしれないけど、日本においてはらい病患者を隔離するって考え方自体が明治以前にはないんだな。近代化・西洋化と科学の流入をちゃんと捉えておかないとなぜ日本だけハンセン病隔離が強制化し最近まで続いてしまったのか理解するのは難しいのですよ。
1
たくみ @bigjoe_uri 2012年4月3日
相変わらずこの人って「自分が将棋に負けたら、将棋なんてあんなもの必要ない」って叫ぶ子供にしか見えない。
3
ネガ @negangan 2012年4月3日
差別って突き詰めていくと社会の構造問題になるんです。自分より劣る人達の枠組みを作り自己の地位安定を図ろうとする知恵を持った人達の行動の結果なんです。そのために持ち出す理由はなんでもいいので、理由が科学的かそうでないかは実は直接的な解決に結びつくわけではなかったりします。
2
たくみ @bigjoe_uri 2012年4月3日
科学的にどうであれ不安を抱える人はいる。理由はそれが分からないから。だったらどうやったら分かって貰えるか、どうやって理解を求めていくかが大切で私はそれをやってる人を知っているが、彼は決して科学的見地をバカにしていないし科学も大切だと考えている文系の学者さんなのだが。
2
たくみ @bigjoe_uri 2012年4月3日
「俺達文系の出番で理系は引っ込んでろ」ならばがんばって解決して欲しいのだが。別に文系がやろうが理系がやろうが放射能汚染関係の差別問題が解決すればいい。猿山のボス猿争いに興味はない。もう1年も経っているのに成果一つも上げてないとかないよね?行動している人は何人もいるよ。形として報道にも取り上げられている。
1
ネガ @negangan 2012年4月3日
話が少しずれるけど、過去の歴史を見る限り差別を減らす/なくすには市民運動と並行した"当事者の社会的地位の向上"が必須。ハンセン病も最後に決着をつけたのはマスコミを巻き込んだ団体の努力とそれに賛同した市民の声。
1
ネガ @negangan 2012年4月3日
広島・長崎が原爆落ちた後しばらく放射能差別されていたのが減ったのは、なによりこれらの地域が後に大きく発展して人が増えこの地域の人々の社会的地位が向上したことによる。ということは福島周辺を原発に頼らない形で復興・経済発展できるように考えるのが直接の解決策ですね。
1
(^ー^*bリうんこんこん @unconcon 2012年4月3日
#genpatsu 民衆に原因を求めても意味がないのに。放射能問題でも科学者が理解を示さない人々を批判する場面を見たけど、科学だって所詮権力闘争に巻き込まれる社会の構成要素に過ぎない。中立の表明など無作為に等しいことを科学者は理解しないと。もちろん科学者だけでなくすべての専門化にとってそう。
2
ネガ @negangan 2012年4月4日
これはまさにその通りで、ポピュリズムの危険性を訴えるといいながら結局無知の「民衆ガー」状態に陥っている。態度や感性の問題はあるだろうが、あまりに程度が低いと「黙ってろ」と言われても仕方がないだろうし、責任を漠然とした民衆に押し付けるような言説を流布し続ければそれこそ科学者全体の信用を落としかねないでしょうね。
1
パブリックエネミーいづる和水@水母海月 @iduru_kazumi 2012年4月16日
「理系」と「文系」でここまでお互いを蔑視しあえるのだから、そりゃハンセン病問題や放射能差別の根が深くなるのも仕方ないのかも。
3
guanoman @guanoman_ 2012年4月18日
通州事件と万宝山事件を間違えているような気がする。もちろん、これを根拠に民族全体を侮蔑の対象とする日本人が馬鹿である、という論旨には私も賛成ですが。
1
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年10月11日
差別を無くそうとしたいのなら権力・反権力、理系・文系、右寄り・左寄りなんて言ってるよりただ事実のみを追求すればいいのに。そんな言葉をだすたびにカウンターパートの存在が浮かび上がるだけ。事実に即さないものを正し事実を述べるだけでいい。
1