2010年6月16日

W杯序盤 アマル監督の分析

ボスニア国内紙アヴァズで、アマル・オシムがこれまでの試合を分析。
0
長束恭行 @nagatsuka_hrv

ボスニア国内紙アヴァズで、アマル・オシムがこれまでの試合を分析。「誰もがボールに不満を述べているが、質の高い選手は短期間で適応せるばならない。そこで日本人は唯一といえる正しい手法で解決した。シーズンを通してリーグの公式球に使用することで、ボールに適応させたんだ」

2010-06-15 17:36:25
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析。「今のところ審判は素晴らしくやっている。しかし、異なる観点から見れば、判定が難しくないほどお粗末な試合が多いともいえる。より速いプレーリズムに慣れていない審判は、試合が速くなってくるとミスはきっと増えてくるだろう」

2010-06-15 17:44:36
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(3)「私はアフリカのゴールキーパーに注目している。ナイジェリアは優れたGKを持っているし、南アフリカ、そしてガーナもだ。過去を遡れば、この事実に我々は馴染んでいなかったのでは」

2010-06-15 17:46:57
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(4)「今まで見た部分だけても悪いチームが多すぎる。8ヶ国は戦術的、技術的、フィジカル的にも最低ランクだ。8ヶ国といっても、私としては限りなく絞っての数字。ピッチは完璧、気候は理想的、速いボール…。もっと良いプレーをすべき条件が全て満たされているというのに」

2010-06-15 17:54:17
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(5)「私がショックを受けたチームは、ナイジェリア、ガーナ、スロベニア、アルジェリア、セルビア、オーストラリア、カメルーン、ギリシャ。南アフリカも前半は酷かった。試合後に審査し、失格させるなんてルールが存在しないのは残念だよ」

2010-06-15 17:57:36
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(6)「ドイツは手抜きせず戦い、その姿勢は少なくとも賞賛する。しかし、オーストラリアが酷かったこともあり、質の高いチームが相手ならばしくじるかもしれない。アルゼンチンの戦い方も同じ。しかし、彼らはドイツよりもずっと良い選手がいるというのに。予想はできたけどね」

2010-06-15 18:04:20
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(7)「イングランドは真剣なアメリカが相手だったけに、やらかしたとは思ってない。フランスはプレーはお粗末だが、安定的に機能していた。メキシコとオランダはしっかりしている。韓国は既に欧州に対するコンプレックスを打ち破った。それをアフリカはまだどこもやれていない」

2010-06-15 18:09:16
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(8)「サッカーを知っていると自認する人から『真剣なチームは3バックなんてどこもやらない』なんて戦術に関する常套句が聞こえてくるが、一部の監督がこの言葉の奴隷になっていないのはポジティブなことだ」

2010-06-15 18:17:00
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(9)「3バックのウルグアイとメキシコは非常にしっかりしたチームであり、それで劣勢になることなど全くない。課題となるのはどうプレーし、どれだけ走り、何をしたいかだ。DFの枚数が何枚かではなく。両国のサポーターはうちらのジャーナリストや労働者よりもサッカーを知っている」

2010-06-15 18:20:51
長束恭行 @nagatsuka_hrv

アマルの分析(10)「我々の国でもマラドーナ監督を嘲笑していた。彼が何をやらかすかは抜きにして、彼がベンチに座るからといってアルゼンチン人がバカなのではなく、我々には可笑しいことに思えても、アルゼンチンは誰もがサッカーが何たるかを知るサッカーの国なのだよ。」 (終了)

2010-06-15 18:33:20
長束恭行 @nagatsuka_hrv

なんかアマルさん、指導者としても分析家としても覚醒してませんか? 昨季のリーグ優勝でも途中交代がズバスバ当たったらしいですし…。

2010-06-15 17:48:39
長束恭行 @nagatsuka_hrv

日本メディアがイビチャの意見を請うように、ボスニア・メディアはアマルの意見を請うようになったとは。アシマさんは涙目だろうな。

2010-06-15 18:38:14

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?