Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2012年5月7日

ほとんどライトノベルを読んだことがない人の批判など気にする必要はない

一口にライトノベルといってもいろいろな小説があるしほとんどライトノベルを読んだことがない人の批判など気にする必要はない。それはライトノベルが常に「今」にさらされているジャンルで需要に敏感に反応しているメディアだからだ。売れない物は顧みられず淘汰されてゆく。だから変化し移り変わる。
3
十文字青 @jyumonji_ao

一口にライトノベルといってもいろいろな小説があるしほとんどライトノベルを読んだことがない人の批判など気にする必要はない。それはライトノベルが常に「今」にさらされているジャンルで需要に敏感に反応しているメディアだからだ。売れない物は顧みられず淘汰されてゆく。だから変化し移り変わる。

2012-05-06 21:41:51
十文字青 @jyumonji_ao

「今」についてゆけない書き手は脱落してゆくか、少数派の中でしぶとく生き居残ってゆくしかない。それはこのジャンルではとても健全なことだと思う。それ以外の方法で読まれようというのなら別の道を探ればいい。それはこれからの問題で本質的にはライトノベルの課題ではかならずしもない。

2012-05-06 21:44:17
十文字青 @jyumonji_ao

僕が思うにライトノベルは決して硬直せずに「今」に適応したメディアである方がいい。そこからはみだした小説は他のメディアとして成立させるべく送り手側が努力すべきであって、ライトノベルはこのままでいいと思う。変化し、受容される小説としてライトノベルがありつづければ滅びることはない。

2012-05-06 21:47:21
十文字青 @jyumonji_ao

書き手はどうでもいい。書き手は個々人がどう生きてゆくか選択しそれぞれ努力すればいい話であって、ライトノベルの運命とそれとは関わりがない。ライトノベルという日本的未成熟なそれでこそ魅力的なメディアは常に移り変わる循環的人材によって維持される価値がある。

2012-05-06 21:54:09

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?