ラノベとミステリについて

ライトノベルとミステリの融合の可能性、ミステリ読者の高齢化、若い読者の取り込み等についての議論です。 続き 「続・ラノベとミステリについて」 http://togetter.com/li/33363 「続々・若い読者を取り込むには?」 http://togetter.com/li/34035
推理小説 ライトノベル 小説 ミステリー ミステリ ラノベ 読書
K_misa_maguro 27240view 22コメント
96
ログインして広告を非表示にする
  • 芦辺 拓 @ashibetaku 2010-06-26 12:44:45
    @mysteryEQ 突然すみません。以前ライトノベル・ミステリについて書いておられたと思うんですが、実際問題、あのジャンルで本格――とは言わないまでも、謎をある程度ロジカルに、架空設定ではない現実空間に着地させるタイプのミステリって成り立ってるんでしょうか?
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 12:58:15
    @ashibetaku 勿論、成り立ってるものもありますよ。ただラノベは基本ジャンルミックス故に、そういった作品は極めて少ないですが…。
  • 芦辺 拓 @ashibetaku 2010-06-26 13:04:19
    @mysteryEQ さっそくありがとうございます。うーむ、やはり少数派ですか。「金田一少年」や「探偵学園Q」のような(ミステリ者としては多々言いたいこともあるけれど)ミステリがライトノベルではじゃかじゃか書かれていてもおかしくないと思ったんですが。
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 13:14:02
    @ashibetaku 一時期はそういう流れも確かにあったと思います(富士見ミステリー文庫やスニーカーミステリー文庫なんかがそうですね)。ただラノベ読者にとってミステリはどうもウケが悪かったらしく、すぐにミステリを売りにしたレーベルは廃れていきましたね…。
  • 芦辺 拓 @ashibetaku 2010-06-26 13:26:48
    @mysteryEQ いや、実は僕も富士ミスから打診を受けた口で……ラノベ読者とミステリの相性がなぜよろしくないかは、解いておきたい疑問の一つではあります。ライトノベルと親和性の高そうなメフィスト賞以降の講談社ノベルス、ラノベ化が進む児童文学などはミステリを排除していないのに。
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 13:38:04
    @ashibetaku それはもともとミステリの土壌があったからこそだと思います。現に廃れていったのは皆、今までミステリと関わりのなかったところばかりですし。富士見ミステリー文庫が途中から売りをミステリーから「LOVE」に方針転換した時はひどく悲しくなったものです…。
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 13:53:43
    @ashibetaku 講談社ノベルスや児童文学の場合、あくまで読者のメインはミステリであってラノベ(キャラ萌え)は要素の一つに過ぎず、逆にそれ以外のレーベルはメインがラノベでミステリの方がただの要素の一つに過ぎない。恐らく差が生まれたのはそのニーズの違いなのではないでしょうか。
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 14:31:04
    何だかんだ言っても結局のところ、講談社ノベルスの読者が求めているものはミステリなのだと思う。だからラノベ要素はあくまでそのついでで読んでいるに過ぎない。ラノベがブームである以上、その要素が入るのは仕方ないと思って読んでいる講談社ノベルスの読者も多分少なくないのではないだろうか。
  • タイガー田中 @amuchan01 2010-06-26 14:52:12
    ラノベとミステリーの相性は良いが、ラノベと本格の相性は悪いというフレーズを思いついた。
  • タイガー田中 @amuchan01 2010-06-26 14:57:19
    よく特殊能力や特殊設定を論理で解き明かすタイプのミステリは、ラノベと相性がいいはずだと言われるが、まあいいとは思うけど、量産はきかねえよなぁと感じます。しかもこのタイプ、意外と風当たり強いし、書いても報われない!w
  • sad @Sotobato_Nihu 2010-06-26 14:59:55
    @amuchan01 チョーモンインシリーズは海洋堂からフィギュアも出てますしね。
  • タイガー田中 @amuchan01 2010-06-26 15:04:57
    @Sotobato_Nihu チョーモンイン大好きです。 あれをラノベレーベルで再販したら、いったいどこまで通用するか気になります。
  • 芦辺 拓 @ashibetaku 2010-06-26 15:16:53
    @mysteryEQ 反応遅れてすみません。メフィスト以降の諸作にせよジュヴナイルにせよ「面白い物語」のパーツまたは薬味としてミステリ要素を含んでいるのであって、必ずしもミステリそのものを求めてはいない気もします。ただ、ライトノベルはそれすらも拒否しているのかとも思われるわけで。
  • @Sotobato_Nihu 2010-06-26 15:22:15
    森江春策Pは本職やらサブカルやらみんな勢力的でうらやましい。夏はあのシリーズ読破といこうか。既読リストが穴だらけだし
  • 麻里邑圭人 @mysteryEQ 2010-06-26 15:35:45
    @ashibetaku ライトノベル(読者)がそれすら拒否している雰囲気は確かにあると思います。恐らくそれはライトノベルという言葉が示すように読者のニーズがキャラメインの軽い物語であると同時にミステリ=頭を使う堅苦しいもの故に物語を妨げる邪魔な要素と思われてるからかもしれません。
  • 芦辺 拓 @ashibetaku 2010-06-26 15:43:08
    「ライトノベルは、物語の基本構造を大事にするジュヴナイルとは最も遠いジャンル」「今の『ラノベ』はもはやライトノベルとは別物」との意見もありますしね。僕としては、あのアニメ風にイラスト化された少女たちが、快刀乱麻の推理で事件を解決するところを読みたいし、書きたいだけなんですが。
  • sad @Sotobato_Nihu 2010-06-26 15:48:56
    ライトノベルの読者は、自ら推理したいとは思っていない。それは頭を使うから。ただ読んで楽しくなるものをラノベ読者は求めているのでは?
  • sad @Sotobato_Nihu 2010-06-26 15:52:15
    そういう世界なら天才も能力の一種になるし、だから解決は根拠と過程を示すのではなく、どう見せるかになり、解決そのものは能力者はわかって当たり前、となる
  • 菱野隆弘 @bunndoki 2010-06-26 15:53:41
    @Sotobato_Nihu 本格の読者でも自ら推理したいと思う人はまれなのでは?
  • ライト @light562 2010-06-26 15:54:25
    別に推理するだけが頭を使う行動ではないのでは? RT @Sotobato_Nihu : ライトノベルの読者は、自ら推理したいとは思っていない。それは頭を使うから。ただ読んで楽しくなるものをラノベ読者は求めているのでは?
  • ライト @light562 2010-06-26 15:59:00
    まあ、でも推理小説は考えた末に出た結果が当たっていることが楽しみに繋がるか。他は考えること自体が楽しみに繋がっているのかな。推理小説の過程部分を読んで、自分で考えてって事を楽しんでいる人はもうクリエイターだよね。もうその人の作品だよ。
  • sad @Sotobato_Nihu 2010-06-26 16:01:09
    @bunndoki 読者への挑戦状を軽く読み飛ばしたり?
  • @Sotobato_Nihu 2010-06-26 16:04:20
    ひぐらしを思い出したり。メディア化の前でも十分人気が出ていたのが不思議だけれど、批評の数は多いから特にいうことはないかな。でも「回答率1%」のキャッチコピーは罪深いと思う
  • 菱野隆弘 @bunndoki 2010-06-26 16:05:11
    @Sotobato_Nihu そうですね。読者への挑戦状のついた作品は作者も気を使って作っていると思うので少し作者がかわいそうですね。
  • 菱野隆弘 @bunndoki 2010-06-26 16:06:03
    まあ作品の楽しみ方なんて人それぞれですが。

コメント

  • さひろ @sahiro 2010-06-27 04:54:44
    ラノベはプロパーな作家さんがメインになるので、その中から「本格的なミステリー」を書ける人がでてこないとなかなか難しい気がします。まったくいないわけではないのですが。
  • ルイ @tundratiger 2010-06-27 08:23:04
    単純にリアリティを放棄することから始まるライトノベルとリアリティの閾値が重要なミステリでは喰い合わせが悪くて当然、と思っていました。
  • つかたく @tsuka_taku 2010-06-27 09:46:29
    萌絵で脳内補完しながら、映像的に物語を楽しむ「ラノベ」と、読者の作った映像をだまし討ち「叙述トリック」は、それは相性が悪いでしょう……。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2010-06-27 10:51:22
    意義はあると思うが、書いたスタイルがその人のスタイルだと思うので、ラノベ的だろうが、本格だろうが、ジュブナイルだろうが共存はできると思う、技術は必要だろうけど...たんにやってる(そして売れる)かどうかの問題に一旦はおとしてもいいかな...とも思う
  • rndrndrnd @rndrndrnd 2010-06-27 11:04:27
    自分が本格的にミステリを読みだしたのは、『空の境界』文庫版の綾辻行人による解説経由。
  • rndrndrnd @rndrndrnd 2010-06-27 11:05:17
    上でも出てきているが、西澤保彦のチョーモンインシリーズは、かなりラノベに近いところに位置している。
  • rndrndrnd @rndrndrnd 2010-06-27 11:05:41
    この辺りはコナンや逆転裁判が上手くやっているので、ラノベでも可能だと思うのだが。 > 本格はどうしても描写説明過多になって、ラノベ的なテンポを崩す。
  • 椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010-06-27 14:43:50
    ラノベの新刊刊行ペースが凄まじいので、その速度でミステリを量産するのが難しいとかいうのはないですか?
  • 椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010-06-27 14:50:37
    ラノベでミステリといえば、先日若くしてお亡くなりになった大迫純一氏と直木賞作家になられてラノベから離脱された桜庭一樹氏、ミステリとは若干ずれるところもありますが沖方丁氏が思い浮かびますがいずれも心配になる刊行ペースでしたので…。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2010-06-27 15:03:10
    この議論とはややずれるとは思うけど、富士ミスとかが売れなかったのはラノベ層がミステリを拒否したという以上に、ミステリ読みがカバーしなかったのが大きいと見える。ミステリファンの方もラノベ(笑)として馬鹿にしていた部分があると思われ。 元々、富士ミスとかはブームの中でそういうミステリファンの流入を期待して作られたんじゃないかな。でもそういうのは流れてこなかった、と。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2010-06-27 15:05:40
    勿論、そういうファン向きに満足ができる作品を提供できなかったというのはあるかも知れない。だけど、富士見ミステリの作品で「読める」という作品がミステリファンの中で語られていたことはどんだけあったのかな。いやまあ、深見真先生のデビュー作のあれとかは、ちょっとミステリ的につらいなあというのはあったけどさ…。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2010-06-27 15:14:40
    あとこの手の議論でいつも思うけど、ラノベをジャンル化して語るのはどう考えても間違ってる。少なくともミステリとかSFみたいな分類ではなくて、現状では「そういうレーベル」をそう呼んでいるというのが大勢なわけで。この手のカテゴライズは、新規の読み手が入り込むのを阻害している部分はある。いわずがもなのことだけど。ミステリにしてもSFにしても、新規読者を確保できないのはその一点に尽きるんじゃないかな。児童文学はそこらに抵抗のない年齢層が読んでると思う。
  • 椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010-06-27 15:20:53
    …そして大迫氏は若くして癌で死亡、桜庭、冲方両氏はラノベから「卒業」。ラノベの刊行のシステムが本格ミステリに時間を掛ける事を許さないのではないかという気も少しする。
  • 椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010-06-27 15:27:17
    元来は単なるレーベルなんだけど、そのレーベルとしての性質(早い刊行速度、メディア・ミックス指向等)が作家への制約となってスタイルを生みつつあるのではないかと理解しています。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2010-06-27 15:47:08
    と、ついリツイートしちゃったけど、まあスタイル化は固定化と同義なので、ラノベの未来も暗いです。ジャンル特化は多くの場合、〝終わりの始まり〟のような気がしてないらない…というのはおいといて、ラノベからの越境がどうこうとかは、ミステリファンの傲慢であるようにも思えます。その気になれば「論理的な謎解き」という抽象化されるテーマはあらゆるジャンルにあるというのに…。
  • バイレン @nomalplayer 2010-06-27 17:38:30
    期間限定シリーズとか戯言の初期とかは割とミステリしてましたが、ミステリは、ラノベに求められる、ジャンプ的なぶっとびと刺激が少なくなるからなあ。
  • イズミ@6/24 ツイボド! @ni_to 2010-06-27 23:08:04
    ラノベは大体8割がシリーズもので、物にもよるが年3,4冊刊行されると考えて。そのペースでラノベミステリを書ける人材がゴロゴロとその辺に当たり前のように転がっている状況でないと、ラノベミステリは勃興しない。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2010-06-28 03:59:26
    この記事を読み返していて、自分も狭い範囲でラノベを捉えていたことに気づく。少女小説の世界は昔、ライトなミステリの宝庫だった。…宝であったかは別にして。80年代の後半までは。ファンタジーブームと同時にそういうのはあんまみなくなったけど。コバルトとか講談X文庫とかあのあたりは、まだミステリなものを出しているんじゃないかな。ちょっと前に歴史ミステリものとかみた覚えがある。ラノベというと少年向きオンリーで考えてしまうのは我ながら情けない…要反省。でまあ、つまり何がいいたいかというと、本格なのをコバルトで出せばいけ
  • しょう @A_Sho 2010-06-29 08:58:25
    ミステリ要素のあるラノベは大量にあるけど、”本格ミステリ”なラノベはまだ少ない。
  • _(:3」∠)_ @ta2ce 2010-07-01 03:19:09
    天樹征丸の金田一少年ノベライズ「電脳山荘殺人事件」は結節点だと思うけど、狭義(レーベル主義)だとラノベじゃないかも。
  • _(:3」∠)_ @ta2ce 2010-07-01 03:31:43
    ラノベにミステリを求める気持ちは、以前うえお久光「悪魔のミカタ」を読んだときにすっぱり諦めました。叙述以外なら、女子高のミステリ研の話を作ればどっちにも引っかかりそうではありますw。「みすけん」みたいなのを。日夜トリックの蘊蓄を語る女の子を配置して、たまに事件に遭遇する。
  • mstdn.jp/@hageatama @hageatama 2010-07-09 11:56:24
    個人的に近年一番売れたミステリ的ラノベは涼宮ハルヒの憂鬱だと思うのだが,誰も原作のメタ構造や叙述トリックなどには注目しませんか,そうですか.

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー