まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

【表現規制】公開シンポジウム 「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」実況まとめ

5月18日日比谷コンベンションホールにて行われました、コンテンツ文化研究会主催、公開シンポジウム「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」の実況まとめです。 登壇者:(敬称略) Charles Brownstein (CBLDF Executive Director) Patrick W. Galbraith (「The Otaku Encyclopedia)著者」 続きを読む
マンガ 表現規制 児童ポルノ 国際 政治 同人誌 児ポ法 表現の自由 アニメ
23081view 8コメント
117
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
あなたの知らないアメリカ:アメコミの世界は日本より小さいが、コミック界専門の法律相談・啓蒙・裁判補助を行える団体、コミック弁護基金(CBLDF)がある。業界団体であり、著名な作者からの無償提供物のチャリティー・オークションやオリジナル商品と募金で基金の運営を行っている。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
訴訟社会アメリカで25年以上アメコミとマンガの表現の自由を裁判所で戦い続けたCBLDFの他、台湾・タイの表現規制も取り上げるシンポジウム「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」は明日開催。とんでもないオールスターキャスト。詳しくはhttp://t.co/yUG4VmcR
山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン @otakulawyer
【もうじき開幕!】18:30~@日比谷文化会館 日比谷コンベンションホール 公開シンポジウム「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」 http://t.co/o1TmP3yp まだ、席に余裕があります。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
狭いトコで身動き取れずに固まってると睡くなってくるのココロ・・・。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
米国内での“日本のマンガ”に対する規制の現状について。こりゃ貴重だ・・・。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
米加にて毎年200以上の(同人?)イベントが開催されており、文化として広まるにつれて軋轢も生じている。特に2000年以降、逮捕例も増加してきている。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
ミラーテストの解説。つーか同時通訳してるのダニエル氏か。上手いなぁ・・・。あとかっこいい。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
2011年に米国の図書館に収蔵されたマンガで最も物議を醸したのは、韓国「color of earth」との事。性的な表現が問題視された。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
コミックコードにより成人向け表現はほぼ規制され、それ自体によってマンガ=子供と知能が低い人向けのメディアである評価が定着してしまった。・・・これ本当に重要だなあ。
このツイートは権利者によって削除されています。
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
連邦制によって地方単位の基準で規制され小売店が検挙されるため、小売店が扱うのを怖がり、回復しつつあった成人向けマンガはまた冬の時代になった。1973年。
残りを読む(82)

コメント

甲賀志 @hiroujin 2012年5月18日
この度、表現規制反対のために国際シンポジウムを開催したコンテンツ文化研究会に、ぜひ支援をお願いいたします。 寄付金口座『 みずほ銀行 池袋支店(支店番号:230) 普通口座:1506107  名義:コンテンツブンカケンキユウカイ 』
甲賀志 @hiroujin 2012年5月18日
『CBLDF』とは、アメリカでマンガへの検閲に対抗する組織『Comic Book Legal Defence Fund(コミック弁護基金)』の略称です。
まつもむし&Vったらー南出柚架 @matsmomushi 2012年5月18日
これを見ていると、本来なら海外でも日本同様の漫画文化が栄えていたんじゃないかなって思えてくる。規制がその芽を摘んだ。皮肉な話だが、日本だけが漫画大国と呼ばれているのは海外のこういう事情のせいなのかもしれない。 それはそうと、性表現のある日本の漫画が海外でも支持されていることが分かってよかった。海外の漫画ファンや出版社、それから漫画には興味がないけど表現の自由を護りたいって人には、これからも頑張ってほしい。
武田具朗 @grobda 2012年5月19日
今回のシンポジウムで感じたのは、日本は表現規制の先進国(規制が緩いという意味で)であると同時に、他国から最後の砦と認識されているということ。 日本が規制強化に走ったが最後、他国の規制派に「(あの緩い)日本がやっているのだから」という錦の御旗を与えることになるという危機感を、外国人登壇者からひしと感じた。
やさぐれ三位中将@表現の自由陸軍第2装甲師団軍楽隊 @YasagureMaro 2012年5月19日
このシンポジウムといい、スウェーデンの一件といい、海外には「リアル図書館戦争」を戦ってきた猛者が沢山いると感じた。 日本にて起こる表現規制問題こそ、「リアル図書館戦争」の天王山だ。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年5月19日
愚劣な表現規制が、現実に文芸の1ジャンルを潰してしまうことがよく分かるまとめだと思う。
teru@ASD @teru_s99 2012年5月19日
日本の表現物が国外に流出して悪影響、という人には、日本の規制が国外に伝わって悪影響、と返したらいい、という話。
ペドロ @QP_Pedro 2012年5月31日
海外のオタクや漫画ファンから「日本は最後の砦」と期待されていても、当の日本のオタクやオタク業界の多くが「規制なんて大した事無い」「自分の好きな漫画が規制されなきゃ別にいい」「規制は嫌だけどそれを防ぐ為にお金や時間を使ったり誰かと協力し合うのも嫌だ」「きっと誰かが何とかしてくれるだろう」みたいな考え方でいる以上どーしようもないんじゃねーのか。