アニメ監督・北久保弘之氏、宮崎駿氏がなぜ『天空の城ラピュタ』を失敗作だと思われているのかを語る。

北久保監督のつぶやきをまとめました。 北久保さんのつぶやきを拝見し私個人としては、宮崎監督はラピュタは制作者として後悔がものすごく残ってしまった作品なのではないかと感じました。また宮崎監督は携わった全作品について多かれ少なかれ納得していないのだと考えます。だからこそ今現在も新しい作品に挑戦し続けられるのだと思います。 北久保弘之 - Wikipedia - http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BC%98%E4%B9%8B
天空の城ラピュタ
uruoisan 157662view 166コメント
216
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 00:43:22
    てゆーか、価値観が壊れていてもカリ城は成功しています。カリ城は「大リーグボールじゃなくて魔送球」として。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 00:45:38
    ついでに言っとくと、ラピュタの失敗が無かったら「となりのトトロの大成功は無かった」ので、プラマイで言うとややプラス。
  • 新一 @Shini_chi 2012-05-19 00:46:47
    あぁ、だからあの作品はなんかギャグと良い所取りに見えるんだ・・・・ 昔からかかってたモヤが取れました。でも面白いからいいや。
  • アタボー @ataboh 2012-05-19 00:48:45
    色々と破綻しているとされていても、何一つ気にせず、多くの方がラピュタという作品を愛しています。絵もアニメも設定等、破綻していようが理屈抜きでなんか素晴らしい、なんだか最高!っていう作品ありますよね~w
  • ありがとうユニコーンブリザード @tori_555 2012-05-19 01:01:42
    そうなんだよねー、ラピュタは主人公がパズーなんだかシータなんだか分からないところがあるんだよねえ。私が「バルス!」のシーンがイマイチ心に響かないのは決定権が主人公(パズー)に無いからなんだよな。結局終盤はシータとムスカの間で話が進んじゃっててパズーは入っていけてないし。あそこで「部外者」のパズーがラピュタの末裔二人の間に入っていって物語を決定づけるならカタルシスも生まれるんだけど…。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2012-05-19 01:03:16
    .@LawofGreen 「ダディ宮崎監督自身は「天空の城ラピュタ」を失敗作として嫌っている」のソースはどこらへんにあるんでしょう? 「アニメ監督・北久保弘之氏、宮崎駿氏がなぜ『天空の城ラピュタ』を失敗作だと思われているのかを語る。」
  • ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012-05-19 01:10:35
    #要出典 RT ダディ宮崎監督自身は「天空の城ラピュタ」を失敗作として嫌っている #あまり知られていない事実を晒せ
  • 国立珠美 @kunitatitamami 2012-05-19 01:13:08
    質問はダディ宮崎がどの点をラピュタの失敗だったと言ってるのかなのに、自分が見たラピュタの失敗点にすり替わってるよね。まあ質問者がそれで納得してるようだからいいんじゃね。
  • 服部仁太郎 @jintarow 2012-05-19 01:15:43
    『酷い事するなぁ』は略奪ではなく破壊にかかってるんだと思ってた。お宝は知恵と勇気で奪うもの、少女とボロ船は慈しむもの。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012-05-19 01:17:19
    指摘されてる物語上の破綻を含めてオレはあの作品を愛してるし宮崎の傑作の1つだと思ってるが。
  • オタ小児科医 @otapediatrician 2012-05-19 01:21:51
    正直「おもしろい」という大前提が俺の中にも御多分に漏れずあるので、御大層な創作上の欠点とやらを解説されても フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!! としか。どうせなら「なぜ創作上欠点だらけなのにラピュタは面白いのか」について語って欲しかったですな。
  • kagehiens @kagehiens 2012-05-19 01:22:22
    ラピュタはパズーとシータの中間点に一人称視点があって、視聴者がそこにはまり込めるからどっぷりとつかって楽しめるのだと思う。まぁ普通のつくりというのとは違うけど、アレは大好きだ。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 01:40:21
    作品として監督本人が好きか嫌いかとは無関係に「喜ぶお客さんはいらっしゃる」し、興行的にも成功しています。類似例は劇場版マクロス愛おぼえていますかですが。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2012-05-19 01:48:22
    というか、決定権は監督にあっただろうに、なぜそういう「失敗」を選択したのか。そこに興味がわく
  • 醤油屋 @koikuthi 2012-05-19 01:54:46
    しかしそうすると、魔女宅や豚は成功してると思っているのだろうか。その他もっとひどい作品の数々(現在進行中)はどうなのか。 そもそも「作りたくなかった」から出発しているだろうからノーカンなのかな。
  • 甘茶 @amateur2010 2012-05-19 02:07:28
    齟齬はあっても無条件に楽しめる作品を作れたところに、改めて隆盛期の宮崎駿監督の凄さを感じてしまうなぁ。個人的にはあの浮遊時のワクワク感と、落っこちそうなドキドキ感にヤラレタ感があります。
  • 樵 薪 @kikoritakigi 2012-05-19 02:28:43
    なるほど、監督の考える作品の成功・失敗は、まったく当てにならないということか。
  • 井上純一(希有馬) @KEUMAYA 2012-05-19 02:44:17
    パズーの目的が「ラピュタがあることを証明する」なので、ラピュタに到達した時点でモディベーションが切れちゃうのが最大の問題なのだが、俺は北久保さんのように叩かれたくないので言わない キリッ
  • らび @rawvier 2012-05-19 02:48:32
    小説の誤字脱字を探して感想に書く人間のような感があるなー、肉団子の下りは指摘されても気にならないし、大人ならともかく子供が出す結論ならハラキリバンザイでも違和感は感じない。財宝のところ、ラピュタを壊してる所に酷いって言ってるように解釈してたんだけど違うのか
  • アサイ・1人でキネマよろしくね @asumithi 2012-05-19 02:48:55
    パズーの目的はシータが降ってきた時点で、「シータを守ってニャンニャンする!」に上書きされてる筈!
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 02:52:10
    「リアル系アニメはつまらない」という柳沼さんの主張を柳沼さんよりはるかに解りやすく伝えてくれる北久保さん。
  • ヤスダケイイチ@偽物 @jen_nise 2012-05-19 02:55:27
    ラピュタの最大の魅力はムスカ。彼の前では些末事なぞどうでも良くなる。魅力的な悪役が如何に物語に勢いを持たせるかの、良い例示
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 03:09:01
    枝葉にばかり気を取られて幹が腐ってる事に気付かないんだろうな。受け手は受け手にとって都合の良い矛盾どうでもいい矛盾は一々気に留めない。人型ロボットが戦場で主力になろうがゴジラが日本ばかり襲おうがガンダムの大きさが場面ごとに違おうがどうだっていい。所詮は枝葉。魅力的な登場人物、魅力的な絵、ハラハラドキドキのプロットこの三つが幹。人間の能力は有限なので枝葉に力を注ぎすぎれば幹がないがしろになる。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 03:19:49
    北久保さんは「面白さの本質」ってもんが見えて無いんじゃないかな。単に北久保さんにとっての「面白さの本質」がスゲー別の所にあるのかもしれないけど。自分の感覚が大衆とずれてるのにその事に気付いてないからアニメの企画が通らないんだよ。
  • 微妙なフレンズ @kohaku_miyabino 2012-05-19 03:31:31
    不完全な方が観客のイマジネーションを強く刺激する傾向はあるよね。制作側と観客側のギャップが見て取れて面白い。
  • メモ @sigotonikkiy 2012-05-19 03:34:47
    好きな観客としてはむしろ投げっぱなす所にカタルシスがあるんだけど、そういう評価は作った方は嬉しくないだろうね
  • 風祭摂津 @s_kazamaturi 2012-05-19 03:44:07
    話の整合性や、キャラの一貫性がイマイチであっても、その場面場面での各キャラの行動は納得できるものだし、濃すぎず薄すぎず恋愛要素と活劇要素が入っているので興行的には多数の人に共感を得られた、という点でラピュタは成功してると思うんだ。以降の宮崎作品には恋愛要素が薄くなっていて共感を得られにくい点が失敗してると思う。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 03:47:05
    @1983216 すいません、それを言うなら「枝葉が腐っている事に気を取られて幹が腐っていない」じゃないでしょうか?あと俺はラピュタは「面白くない」って何処に呟いてます?
  • 西大立目 @relark 2012-05-19 03:57:54
    正直、見る側としては「○○なので」「なければならない」ってのには、あまり拘泥していないんですよね。逆にそういうのを全面に打ち出して失敗した例なら名前あげられるんだけど。そして不勉強な事に「宮崎監督自身が嫌っている」と「創作者間で失敗という認識が常識である」というのを、北久保監督の一連のツイートでしか見たことがない。
  • 青の666号 @mikata666 2012-05-19 04:06:44
    昔のジャンプ漫画が内容は無茶苦茶でも多くの少年達を喜ばせたように、話の組み立てやらの整合性とはまた別のところで面白さは成り立ちますね。 しかし宮崎監督が嫌っていたとは。。。ショックです
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 04:24:48
    @LawofGreen 「葉っぱの一枚に気を取られて幹に気が回ってない」ですね。後、天空の白ラピュタは面白いのに「失敗」なんですか?
  • 重-オモ- @__oMo__ 2012-05-19 04:39:17
    パズーの成長物語ははラピュタの発見にあるのではなく、女の子を助けるために旅立って少年の日の幻影と決別する(ラピュタの崩壊の目撃)ことにあったんじゃないの?
  • 天河 磨月 @polmoon 2012-05-19 04:40:40
    物を発信する立場として受け手側が「良い物」と思っていてくれている物(事)を「駄作」って言うのは、受け手が「駄作」と思うものを作り手が「良い物」って言うのと同じくらいのエゴじゃないかと気が付いた。虚勢でなく心から思ってるなら特に。
  • いけだたかし:時計じかけの姉①発売中! @ikdtk4 2012-05-19 04:45:58
    穴だらけのプロットでも出てくるシャシンがあれだから天才って言うんじゃないのかな
  • やっつん@uraent/2/3に移転中 @yahttsun 2012-05-19 06:12:06
    (脈絡がとれなくても)面白いシーケンスを積み上げ、(矛盾を感じる前に)展開させるスピード。傷がある?見えなきゃよい。ある面、割り切った作り方。隠蔽も能力なんだな、とおもいますね。
  • ありがとうユニコーンブリザード @tori_555 2012-05-19 06:31:37
    真偽はともかく宮崎さんとか富野さんとかこの辺の巨匠は基本的に自己批判が多い人達だし、本当に嫌っていても不思議じゃないでしょ。あれだけ自分の趣味丸出しで作った紅の豚ですら後年批判的に捉えていたし
  • ありがとうユニコーンブリザード @tori_555 2012-05-19 06:37:42
    polmoon 作品を送り出した者の責任として、ファンの事を考えて否定的な事は言わないべきか、またはハッキリと自分の思いを述べるべきか。どちらが正しいかは考えが分かれる所ですね。
  • 米爺 @oldriceman 2012-05-19 06:57:46
    「天空の城ラピュタ」構成論の話 http://togetter.com/li/291887 と併せて読むと良いかな。作品を観る側の立場から「失敗作」という言葉を作品の総括的な評価のことと捉えると、「面白かったのに/興行的に成功したのに」といった、おそらくこの話とは本来接点のない価値観とぶつかり合っちゃう
  • ますくとらんす (orただしあきら) @MskTrns 2012-05-19 07:01:05
    ポイント挙げて解説して貰うと、あぁなるほどと思っちゃったり(・ω・) 失敗作とするかどうかは別として。
  • ジョらえもん @JORA_JORAEMON 2012-05-19 07:01:35
    ラピュタ、大好きな作品なので、この観点での物語構成の破綻には気が着かなかった。こういう別の視点って大切だなぁ。ちなみに、私自身はこんなに色々詰め込んで、ともすれば一年連載モノのほうがしっくり来るようなラピュタの内容を、きっちり三時間に収めて、しかも飽きさせない本作品を、面白い映画を作る上での教科書のような作品だと評価してます。
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:08:35
    北久保監督が言われたマクロスの矛盾点を誰も言わないので私が指摘。「生まれも環境も言語も違う人間でも、歌という共有文化があれば分かり合える」というテーマなのに、かつての恋人同士だった輝が、歌を歌わないミンメイを暴力で言うことを聞かせる矛盾
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:10:10
    さらに言えば、互いに分かり合えるはずのボドルザーを暴力でブチ殺すラストは物語としてどうなの? ガンダムで分かり合ったララァをアムロは、シャアを守ろうと飛び込んできたため、過失で殺した。しかしマクロスは最初からぶっ殺す覚悟だった。分かり合えた相手を殺すにしても、この違いである
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:11:29
    暴力でブチ殺さないとカタルシスが得られないわけだけど、マクロスの艦内にビームが当たったとき、一般市民の生首が飛ぶ姿をこれでもかと描いた辺りを見ても、カタルシスのために殺人を手段として用いているのは間違いなく。板野一郎さんが生首作画を描かれたと北久保監督に聞いた
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:12:38
    私が00を好きなのも、その暴力を最終解決手段として選ばなかった点。因みにELSはヤマト冒頭のガミラス同様、目的が理解できない宇宙人だったことに着目。その目的を理解して、相手のために身を投げ出すラストにしたのは見事
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:14:05
    あと、面白い物語と構成の矛盾はごっちゃにしてはいけない。聖闘士星矢や北斗の拳は面白いけど、論理的に破綻している少年漫画だと指摘したら誰も怒らないのに、ジブリブランドだと起こる人がいる不思議。
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:21:20
    宮崎アニメが論理が破綻した少年漫画だ、と言い切ったら誰も怒らないのかもしれない。もしくは作画畑の人間なので、脚本を軽視しているから構成が矛盾だらけの、製作バランスが偏った作品だとも。
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:22:41
    だって、宮さんのリビドーって、還暦をとっくに越えているのに、悪い意味で少年のままだもの。その意味では富野監督の方が親子のあり方を問いかけて、自身を俎上に上げているので大人だともいえる。ムスカと鉄仮面では、中身の詰まりっぷりが違いますし。
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 07:24:08
    誰も見たくないでしょ? 「私は婚約者をパズーに寝取られた情けない男だ!」とヒステリックに叫ぶムスカなんて。そしてパズー自体、問題解決の手段をシータに頼る情けない男でもある
  • ジブリール・伊藤ふみ・アリエス @imutakaoru 2012-05-19 07:32:01
    ラピュタねえ……。父祖の築いた王国の再興を夢見て努力を重ねてきた青年が無法者の海賊に邪魔をされて非業の死を遂げる悲しいお話でしたねえ。 え、違う?
  • 天河 磨月 @polmoon 2012-05-19 07:35:20
    tori_555 考え方として。発表時点で失敗作として発表はしていないはずなので、それを「失敗作」って言ってしまうのはどうかなぁ。っていう事だったりします。「あの作品は未熟なものだった」という言い方なら良いと思うのですが。
  • A2C @brave_5_monkeys 2012-05-19 07:42:06
    少女版のナウシカに現代少年のコナンが調教されるような話がラピュタだと思うけど、物語として失敗しているのに、めちゃくちゃ面白いのが超スゴイ、駿力満点。
  • ありがとうユニコーンブリザード @tori_555 2012-05-19 07:46:41
    polmoon なるほど。ただ公開中に「失敗作です」なんて言う事こそルール違反な気がします。興行には多くの人が関わっているわけですから。あと、言い方のニュアンスに関しては宮崎さん自身がどういう発言をされたのか引用が出来ないのでここではなんとも言えません。
  • ToTo @toto_6w 2012-05-19 07:57:05
    パズーの目的はシータが降ってきた時点でシータを守るに上書きされてるし、それは見てる人にも十分伝わるように描かれてる。で、ソレを筋に展開していくから途中のシータ奪還作戦が一番盛り上がるんだよw
  • 田豊 @tamolinpic 2012-05-19 08:00:39
    押井と大友のエピゴーネンを作っていた北久保氏が、ツイッターではイキイキしていて良い時代になったと思うw
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 08:18:32
    昔の創作者は別に「ジュブナイルはこうあるべき」って考えがあってジュブナイルの作品作ったわけじゃないよね。創作者はただ面白い物を作ろうとしてたら他にも似たような筋の話が何個かあって、それを後世のヲタクが論じやすいように「ジュブナイル」って名前をつけて枠にはめただけ。作品の面白さより後世のヲタクがつけた枠に拘泥して右往左往する現代の創作者ってどうなの?
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2012-05-19 08:37:38
    ラピュタって分解してみるとものすごくオーソドックスな物語の作りなんだけどな。謎の少女が財宝の鍵を握っている。少女を狙う悪者がいる。少年は少女を助ける。少年と少女は冒険の末財宝の元にたどり着くが悪者によって妨害される。悪者を打ち倒しハッピーエンド。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2012-05-19 08:39:32
    WATERMAN1996 物語的な弱さというと、少年と父親の繋がりと少年と少女の繋がりのバランスかな。パズーがシータに惹かれるところを印象づけるのが少々弱い。この辺の繋がりはナディアとジャンが良く描けているのだよね。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2012-05-19 08:46:43
    tyokorata その反省を込めてマクロス7を作ったという話ですよね。最後まで歌で解決させようという。4クール作品で少々間延びしているところを除けば名作です。同時期に、機械が歌う歌は本物か、その歌に心はあるのかを描いたマクロスプラスを作ったのは正直驚き。シャロンにアニマスピリチアはあるのか。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2012-05-19 09:04:31
    コメント見てると欠点にこだわりすぎみたいな意見が多いけど、創作側が欠点について考えるのは当然のことなんだよね、そういうのに気を使うから見やすくわかりやすい作品が作れる。もちろん欠点つぶしばかりに目が行っちゃうのもまずいんだけど、今はそういう話じゃないし
  • 江戸十七(十七)@房総半島 @edo17_2009 2012-05-19 09:06:15
    少なくともマクロス側の人間は歌があれば分かり合えるなんて露程も思って無かったと思うよ。ミンメイに歌を歌わせたのは敵に動揺を与える為で、まさか寝返るなんて予想外の結果だった筈。ボドルザーが殺されたのは最期まで抵抗したから。それだけ。
  • 藤堂考山 @ko_zan 2012-05-19 09:16:48
    ラピュタってさ、良くも悪くも「これでいいんだ感」を強化した作品だよなって、すげぇ昔に散々議論されてた気がする。なんか、今更感が否めないなんだよな。ラピュタの上位互換としては「エウレカセブン~ポケットの中は虹でいっぱい」って感じでもうすでに消化した話だと思ってたわw
  • Naoki_O @nananao2236 2012-05-19 09:36:54
    マクロス7は、あのラスト故の傑作ですよねぇ。「そうか、自分で歌えば良いのか!」 そこで突っ込んじゃいけない。おまいらくれくれゆってないで欲しい物は自分で作れ! なんだと思うから
  • Peculiar News JP @PeculiarNews_jp 2012-05-19 09:41:12
    「バルスが失敗」には賛成するかな。あれは「心中」であり助けに来たはずの少年の出す結論としては最低の敗北宣言。助かったのは偶然。少年向けなら「知恵と勇気で大逆転」が王道。
  • 聖夜 @say_ya 2012-05-19 09:41:23
    極論を言えば商業作品でそういった齟齬や破綻のない作品を見つけるほうが難しいわけで、 そういう指摘に「俺の好きな作品を貶めた」的リアクションを取るのは建設的ではないです。
  • 聖夜 @say_ya 2012-05-19 09:43:57
    マクロスに関して言うと、河森正治監督ご自身がドボルザークを救えなかったことを反省材料として プラスと7を作ったと明言されています。
  • Naoki_O @nananao2236 2012-05-19 09:46:14
    んで、宮崎カントクなんだけど、あの人、ずっとご自身のカタルシス優先なんですよ。しかも自己犠牲大好き。コミック版ナウシカのラストとか、冷静に読むと酷い話ですよ。墓所の主も酷いがナウシカも酷い。でも、共感すればカタルシスが得られるから、それはそれでいいんじゃないかなw
  • まる @yas_mal 2012-05-19 09:46:20
    この指摘を全部解決すると「『主人公最強!』な月並みな話」にしかならない気がする。「主人公一人のために世界が廻ってるわけじゃない」というリアリティが宮崎アニメの魅力の一つだと思う。「映画ですべて描ききれるほど世界は狭くない」と「もののけ姫」に関連して言ってたが。
  • 聖夜 @say_ya 2012-05-19 09:49:58
    ところがFではまた「ラスボス殺してハッピーエンド」的な終わり方なので、 結局こういうものはどちらが正解と言い切れるものではないということではないでしょうか。
  • メモ @sigotonikkiy 2012-05-19 09:59:13
    観てる側はバルスしても2人は助かるって知ってるから安心して「バルス!」って同調しちゃいますからね。本当は心中なのに。そういう意味では映画ナウシカの奇跡の復活となんら変わらない。後年の映画のオチが酷いのはそういう構造を隠蔽するのに嫌気が差したのかな。
  • まる @yas_mal 2012-05-19 10:57:28
    シータを助けたあとタイガーモスに乗る寸前のシーン(テレビ放映だとカットされがち)で、パズーは「ラピュタの本当の姿をこの目で確かめたい」と言っていて、そのときから、ただ見つけることだけが目的ではなくなる。結局、その「本当の姿」は、「ユートピア」と「軍事帝国」という二面性、そして、その矛盾を解消する手段としての自爆装置だったわけで。バルスの発動を見届けて、初めて目的を果たしたと捉えることも出来る。
  • へっぽこぴーすけ @hpsuke 2012-05-19 11:11:13
    細かい部分で筋が通ってないのは確かだけど、あれはパズーが主人公になれなかったからこそ、ムスカを主人公とする見方さえ可能になり、より面白くなったんじゃないかと思います
  • 猫さん。 @NEKOSANN_08 2012-05-19 11:28:33
    「ラピュタに着いた兵士達が財宝を持ち出すという至極当然の行動〜」この時兵士たちがすべきだったのは自国(政府)への報告なのでは?しかもその報告をムスカ投げてたのは・・・。むしろ海賊家業であるドーラ一家の行動の方が当然のような。”海賊が財宝を狙ってどこが悪い!”
  • 米光一成「想像と言葉」 @yonemitsu 2012-05-19 11:47:18
    ああ。ぼくはラピュタの規格外のところが大好き。アニメあまり見ないのは、そういう単純な「成功」を目指したものが多くて退屈しちゃうからだろうな。
  • あるぺ☆ @alpe_terashima 2012-05-19 11:58:16
    製作側と視聴者側の評価が一致しないのは創作作品の常だし、製作者はモノを作っていく上で何らかの"拘り"が必要だとは思うけど、しかしここまで枝葉末節に拘っても意味無いと思うの。
  • しゅがー @sugar57527 2012-05-19 12:06:23
    残された最後の王族、臣下のいない王は王たり得るのか。ラピュタの最後を知恵と勇気で解決せず、自身がどうなろうとも崩壊させた悲しい決意。説明できない部分にある悲しさも含めて魅了してくれたんだと思うなぁ。これが知恵と勇気で解決したハッピーエンドなら、見向きもしなかったと思うナー。
  • kumonopanya @kumonopanya 2012-05-19 12:14:59
    そんな事ばっかり考えているから失敗作ばかり作っているんじゃないんですかね?テンプレートに乗らなければ失敗作って。
  • 田川滋 @kakitama 2012-05-19 12:23:41
    ”「ラピュタ」は、3時間かかる映画だってことが作ってる途中でわかったんです。(以下略)”https://twitter.com/#!/miyasan_bot/status/200910333399937024 …これに尽きる気がします。2部作に出来ればもっと万全な映画になったのではと言う気もするけど、制作条件を考えるとたらればですね。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2012-05-19 12:44:07
    kakitama 三時間版が見てみたいよねえ
  • ひなき @hinaki0204 2012-05-19 12:45:00
    んー、「主人公が医者になるのを目的とした物語では医者になった所で終わるべきであり、その後現場で働く様子を描くのは蛇足」って言われてるような違和感が…。ラピュタは徹頭徹尾ラピュタの物語になっていますしパズーの行動は悩みはすれどブレてはいない。
  • ↑もつなべ太郎← @zousuikaisi 2012-05-19 12:45:23
    宮崎氏はナウシカが突進する王蟲の群れの前に立ちふさがる状態でエンドにするつもりだったが周囲が必死?で説得して蘇生エンドにしたという話を思い出した。http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20080831
  • fantasy @monsley 2012-05-19 12:51:39
    ストーリーが破綻しているのは間違いないが、そこを直せばもっと名作になるかと言えばそれはないわけで。ラピュタに誰も完成度は求めてない気はする。世界観と冒険アクションとキャラクターの魅力でしょ。
  • うるおいさん @uruoisan 2012-05-19 13:27:52
    私は失敗作というか「もっとこんなことができたんじゃないか」「いろいろな大人の事情でここまでのものになってしまった」などという後悔が残った作品なんだと思いました。だからそのあとのトトロがラピュタよりも満足いくものになったのではと。
  • 長 高弘 @ChouIsamu 2012-05-19 13:38:45
    町山智浩&柳下毅一郎の「映画欠席裁判」の「燃えよドラゴン」評(=メチャクチャな映画だけど、それをバカにするのは、山下清をバカだと言うのと一緒。山下清はバカだど絵は一流)を思い出さんでも無し
  • Satoshi Kojima @skoji 2012-05-19 14:15:02
    「"正しい型"とずれているから失敗」としか読めなかった。それが「創作者の常識」なんだとしたら、つまんないなあ。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:17:10
    @1983216 餅つけ、天空の「城」ね。あのー、こういう話は「仕方ない」んですよ、偉いとか偉くないっていう事じゃなくて「制作者と観客者は同じ思考ルーチンにはなれない」んです。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:17:49
    @1983216 餅つけ、天空の「城」ね。あのー、こういう話は「仕方ない」んですよ、偉いとか偉くないっていう事じゃなくて「制作者と観客者は同じ思考ルーチンにはなれない」んです。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:35:05
    @1983216 制作者には「栄光も挫折もある」んです。挫折があるから「次回は絶対に挽回する」という強いモチベーションに繋がる訳で。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:39:02
    @1983216 仮に興行的な成功があるとしても「自身が気づいた反省点から眼をそらす」ならば作品の質は向上しなくなるので。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:47:14
    @1983216 それと、他の方が「駄作」という言葉を使って「ラピュタの何処が駄作だ ⁉ 」みたいな発言が有りますけど、俺の呟きの何処に「駄作」なんて無神経な発言があるの?
  • muttbob @muttbob 2012-05-19 14:48:16
    そもそも宮崎監督自身が本作を嫌っているという話の出所を知りたい。何か掲載されたものがあるのか、それとも誰かに語ったことなのか。第三者による作品論にも興味はあるが、作者自身による評価を知りたいので、何かあれば読んでみたい。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:54:31
    @muttbob それ、昨夜も他の方から聞かれたんですけど、宮崎さんが直接「失敗だった」発言を聞いてるスタッフは何人も居ますが、ファンの心情を考えれば「オフィシャルには言えない」事情は理解出来ます。
  • 佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 2012-05-19 14:58:25
    @muttbob ちなみに、そういう「お客さんに対する配慮を放り出した」作品が「ゲド戦記」です。無論、ゲド戦記は息子吾郎氏の監督作品ですが。制作中も公開時も否定発言しています。
  • 雨坊 @AMEnoHI229 2012-05-19 15:01:26
    そういえば宮崎監督は紅の豚も嫌ってましたね。自分の作品はみんな嫌いなんじゃないかな。逆に宮崎監督は自分の作品でどれが好きなのか気になりました。
  • ちょこらーた アルパカ推し @tyokorata 2012-05-19 15:44:22
    マクロスのテーマはアニメ―ジュ文庫の『おぼえていますか』の中で、監督の河森氏が「『言葉も生まれも違う人間が一つになれるか』がテーマであり、『愛おぼえていますか』はテーマへの肉は区が甘かった」と述懐。つくば博に参加している河森氏のはしゃぎようがかわいかったw
  • muttbob @muttbob 2012-05-19 15:48:39
    LawofGreen 返答ありがとうございます。一応非公式な場での心情吐露ということなんですね。私にとって本作は一連の宮崎作品の中でも好きな方ですが、しかし宮崎監督の考える問題点も知れると理解が深まるので私は聞いてみたい方ですね。
  • あえりうす~ローマ帝国好き @Aelivs 2012-05-19 16:00:58
    何度見てもラピュタはおもしろいと思ってるので、オレ個人としては誰が何を言おうと別に構わない。ただ、もし本当に宮崎監督本人が失敗作だと思ってるならとても残念だし、あまり大きな声で言わないでほしかったとは思ってる。でも、ホントにそうなの?
  • コーチン @suirei_san 2012-05-19 16:35:35
    例えば建築士が3階建てを途中で無理やり2階建てに作り変えなきゃいけないとかなったらそりゃ作った本人は頭抱えて失望しちゃいますネ。お客さんは見栄えで満足しちゃくれるけど、作った本人にしてみれば構造的欠陥なんて許せなくて”うおお作り直してえええ!”って感じなんじゃ・・・また同業から見ても彼の心中察するに余りあるみたいな。
  • へぼやま @heboya 2012-05-19 16:41:40
    「こんなのあら探しだ、見てる方は気にしない」と言うコメントが多いけど、その、「見ている方にはどうでも良い些末」に、心血を注ぐのが創作を生業とする人間なんでねぃスかね? その事を、「自分は気にしていないからどうでも良い。気にする奴がおかしい」と切り捨てるなあ、どーかと思いますぜ。
  • へぼやま @heboya 2012-05-19 16:47:22
    それと、「ラピュタは失敗作」という話をしているのであって、「ラピュタは面白くない」なんて話ではないのに、「面白いのに何を言っている! ケチ付けやがって!」というのは、反論になってないよ。
  • ブルーハワイ炊き込みごはん @B_H_T_Rice 2012-05-19 16:48:00
    一味生存の場面は「図太いなぁ!」という微笑と交えてなのでそうはおかしく見えない。パズーもシータも人物として嫌われる要素がほとんどなくて精密に気が遣われているのが素晴らしいんです。これが肉団子じゃなくヤキトリだったりするとおかしいと思う人がもっと増えてしまう。
  • マセまうんてん @MountainMace 2012-05-19 17:02:59
    そっか。滅びの呪文唱えたら今ここにある「父の夢」が消えてなくなっちゃう事にも明確に葛藤させきゃならんし、婆さん達の生存確認しても泥棒は駄目だろと突っ込まなきゃならんし、そこ突っ込んで尚、ラピュタがあった証明として1個だけ財宝受け取って一生の宝物にするような描写も欲しいし、貰った金貨を放り投げようとして婆さんに奴らも夢追い人だったんだから忘れてやるなと諭されて貰った金貨もとっとく描写も入れるとかそんな感じで色々盛り込みたかったのね
  • うるおいさん @uruoisan 2012-05-19 17:12:18
    suirei_san たぶんそういった制作者としての失望がめちゃくちゃあったのがラピュタだったのではと想像しますね。というか宮崎駿氏は今まで作った自分の全作品に対して多かれ少なかれ納得していないのかもしれませんね。だからこそもっといいものを作りたい一心で今もアニメ制作の最前線にいらっしゃるのでしょう。
  • SAS @SASNIKU 2012-05-19 17:43:29
    ラピュタが「失敗作」ならば、宮崎駿氏にとっての「成功作」は何なんだろう?
  • めやお @meyao_ 2012-05-19 18:12:24
    ラピュタに何となく感じていた「つぎはぎ感」はこういうことかー。
  • ワス @wsplus 2012-05-19 18:16:27
    そもそも宮崎監督が自分の作品で「成功作」と言ってるものを聞いたことがない。大体けなしてる。
  • ↑もつなべ太郎← @zousuikaisi 2012-05-19 18:17:40
    ラピュタは売れたが他の新人創作者がそれのマズいところに気づかず下手にマネしたら業界全体がヤバイことになってしまう(しまった?)から、誉めてばかりでなくそろそろオフレコだった情報を共有しとこうかってことでしょ。
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2012-05-19 18:23:45
    http://togetter.com/li/306169 ←関連まとめを作りました。「確認中です→「ダディ宮崎監督自身は「天空の城ラピュタ」を失敗作として嫌っている」」
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2012-05-19 18:24:54
    ここのまとめ見出し、「アニメ監督・北久保弘之氏が『天空の城ラピュタ』を語る。」のほうがいいような気がするです。
  • Chack'n @Chackn 2012-05-19 18:34:19
    完成した時点から送り手にとってその作品は失敗作に思えちゃうもんじゃないの。後からこうしておけばよかったとか思うことはどんどん出てくるだろうし、それが次のモチベーションにつながるもんじゃないかな。
  • Chack'n @Chackn 2012-05-19 18:35:10
    ちなみに、「酷い事するなぁ」は建造物等の破壊にかかってると思う。
  • 脳内在獣 @holychickenhead 2012-05-19 18:45:42
    観てる側にとって失敗作ってのは面白くない作品の事ですからねwそういう意味じゃないと言われてもそりゃあムッとする人もいるでしょう。そういう感情抜きにしても、ここで価値観の崩壊として指摘されてる部分に対して「どこが?」といった反応も目立ちますけど。少なくとも一部の週刊少年漫画のような、観てる側にとっての矛盾や破綻ではないなあ。
  • 蟹戦車F44(kaz1568) @crabgunner 2012-05-19 18:54:34
    「宮崎駿が『ラピュタは失敗作』と発言した」と聞いてショックを受けるのが一般人。富野由悠季によるVガンダムのDVDBOXのコメント「見られたものではないので買ってはいけません」を読んで「まだまだ元気だな」と安心するのがトミニスタ
  • やっつん@uraent/2/3に移転中 @yahttsun 2012-05-19 19:40:52
    「こまけーこたぁいーんだ、面白けりゃいーんだよ」で観客の評価。しかし、「こまけーことが大事なんだよ」というのが作家の拘り。拘りが評価に通じないから、拘り( ちょっとしたことを必要以上に気にする。気持ちがとらわれる)
  • みやも(大阪) @miyamo_7 2012-05-19 19:43:44
    さすがにこの流れで『バルテュス ティアの輝き』の話題は出なかったか
  • AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2012-05-19 20:28:22
    あまりそういうこと気にしたことなかった。ただなんとなく見てるだけって感じ。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 20:47:18
    @LawofGreen わざわざ誤字の指摘ありがとうございます。制作者は観客と同じルーチンにたてないというのは果たして本当にそうでしょうか?北久保さんは一制作者であって全ての制作者の代表ではありませんよね?「創作者の常識」って言葉からしても分母が少し大きすぎやしませんかね?あくまで北久保さんの周りに居る北久保さんの感性に近い人の意見ってだけですよね?
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 20:56:41
    @LawofGreen どうも北久保さんの意見は創作者と言うよりあくまで職人の発想な感じがするんですよね。細かい部分で作品全体の成否を決めたり受けての方をあまり向いてなかったり。北久保さんの周りに居る人もどちらかと言えば職人気質の人が多いですよね?職人は創作者ではありますが創作者の中でもちょっと特殊な人種じゃないですかね。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 21:02:21
    @LawofGreen 自分は漫画オタクなので漫画家のインタビューや新人へのアドバイスなんかまで読むんですが少なくとも彼らは細かいプロットの粗で作品の成否を判断する人種には見えないんですよね。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 21:06:10
    @LawofGreen もちろん漫画家も色々居ますから細かいプロットの粗で作品の成否を語る人も居るでしょうけどもただそれが多勢の意見になるようには思えないんですよね。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 21:21:11
    @LawofGreen 北久保さんが駄作認定してるなんて言ってませんよ。失敗作認定してるとは思ってますが。それ自体は間違いないですよね?その発想がちょっとエンタメ志向とずれてるんじゃねえの?って思ってるだけで。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 21:21:42
    @LawofGreen それが北久保さんの作品の面白いんだけど今一つまらない部分に繋がってるように感じるんですよ。で、北久保さんの一ファンとして余計なおせっかいをいまだ焼いてるんですよ。制作者に面と向かって言うことじゃないかもしれませんが最初は北久保さんが一々コメントまで読んでると思ってませんでしたから。言葉に棘があるのは好きなアニメ貶されてイラ付いてるからですよ。
  • もるのがわ ちょうすけ @1983216 2012-05-19 21:28:42
    @LawofGreen そういう部分と柳沼さんのリアル系批判や職人気質批判が自分の中では繋がったんですよ。柳沼さんは言ってることは無茶苦茶だし誹謗中傷の域に達してる部分は有りますが主張の全てが無茶苦茶ってわけじゃあないと思うんですよ。プロットやキャラクターまでリアリティを追求してこじんまりとしたプロットと地味なキャラクターになっちゃうんじゃねえのって思うんですよ。リアル系の作画に関しては好きですが。
  • hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012-05-19 22:14:59
    宮崎監督が自作を貶してても、うっかりそれに同意の相槌を打ってしまったジブリ社員はヒドイコトになるのではないかという気がする。w つーか、ムスカ主人公でラピュタのリメイク希望。www
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2012-05-19 22:29:31
    hinaki0204 それは動物のお医者さん(ハムテルと二階堂が開業を決意するところでおしまい)
  • コーチン @suirei_san 2012-05-19 22:54:12
    uruoisan 作り手の葛藤は今もきっとあるんでしょうねぇ・・・。多分一生続くんじゃないかと。業界人ならずとも見習うべきところが多いですよね。
  • 山中 樵 @kikori2660 2012-05-19 23:15:50
    「失敗作」の定義が人によってまちまちな気がするし、宮崎監督が自分の作品を「これは成功作です!」と自画自賛するとも思えないし、売れた人の謙遜に見えるし、単に北久保監督のラピュタ語り及び宮崎語り及びアニメ語りの様に感じる。
  • コーチン @suirei_san 2012-05-19 23:26:24
    というか同業の作り手だからこそ、見たくなくても嫌でも粗(アラ)なんて見えちゃうんであって、北久保監督が言ってるのは宮崎作品批判などではなくむしろ、そういった粗があってもお客さんに提供せざるを得なかった当時の宮崎作品や本人に対する同情や共感があるだけなんだと思うんだけどなぁ・・・なんかコメ欄の流れが面倒くさくなってきてるよネ。
  • 美食人形 @gulume88 2012-05-19 23:51:27
    これってラピュタ公開直後に押井守氏が批判した内容と同じですよね。なんでむしろ懐かしい気分がします。
  • 竹花 秀春 take @vivasiu 2012-05-20 00:03:02
    ブレードランナーも映画構成という意味では失敗していると思いますが、あれを超えるSFはそうはない傑作です。ラピュタもブレードランナーも途中で話を引っ張るキャラクターが主人公から強大な敵にスイッチしています。だから主人公の行動は破綻しているのに破綻しているように観客には思えないのではないかと。そういう冒険映画のルールが破綻しているのに、面白いのは宮崎駿の凄いところではないかと。
  • メモ @sigotonikkiy 2012-05-20 00:10:26
    パズーが階層的なリアルな貧困層ではなく、それなりの上流層が一時的に身を窶してるかのように見えるのは宮崎監督自身がそれなりに裕福な家庭の出身だからもあるでしょうね。そしてその『曖昧な贅沢さ』はおそらく人気の一端を支えてる。
  • ブルーハワイ炊き込みごはん @B_H_T_Rice 2012-05-20 00:29:22
    改善点を元と同じ上映時間に全部突っ込んだら尺が絶対足りなくなって情緒もなにもなしに忙しく取ってつけたような場面が次から次へ切り替わるだけの印象になって絶対名作扱いされることはなかったとおもいますよ!
  • ねじぱん@なのです @Taipiridae 2012-05-20 01:35:12
    構造として破綻してるものが面白かったり、テンプレなぞってないけど面白かったり、そういうことがままあるわけで、ある目線では失敗になる(それは箱の大きさに入りきらなかったという意味でだ)し、ある目線では成功となるし、別に当たり前のことで、この場合ある箱に詰めようとしたら入らないってことを言っただけだよね。
  • ありがとうユニコーンブリザード @tori_555 2012-05-20 02:16:15
    zousuikaisi 押井守氏も「あそこでナウシカは死ぬべきだった」と批判してましたね。まあ、言ってしまえば「バルス!」も相手と心中みたいなものだし、宮崎さんは少年少女といえども容赦が無いですねw
  • 万打無 @mandam111 2012-05-20 13:40:46
    北久保氏の指摘自体は妥当であるが、あの宮崎駿がそういうロジカルな理由で自分の作品を失敗作だと考えているかと言われると…
  • agito @3gs6ho 2012-05-20 14:24:34
    観客にとっては目の前の作品が全てだけど、作り手にとっては理想にトライした結果なわけで、それぞれの評価が違うのは当然だ。見る側が作り手の理想を直接に理解することは絶対にないわけで、多分思う以上に壁は厚いんだろうな。
  • ブルーハワイ炊き込みごはん @B_H_T_Rice 2012-05-20 14:42:54
    「あれが足りないこれが足りない」という方は「その代わりにどこをカットするのか」を考慮してカットしたら印象がどう変わってくるのかも想定しないと。あとラピュタ実在の証明は到着ではなく帰還によって果たされるので到着によってモチベーションが途切れるというのは違うんじゃないかなあ?
  • 日本丸 @jpn360 2012-05-20 16:15:43
    なんであんなに鳩飼えるんだよとかアンチスレの馬鹿でも言わねーわ
  • 鬼虫兵庫@ゲーム制作中 @ONIMUSHI_HYOGO 2012-05-20 16:44:39
    (´・ω・)別に個々の山場の構成うまくいってるし問題無いと思うけど…。というか創作者の常識といわれてもあれが失敗だと考えるのならば、ただ視聴者との感覚が乖離しているだけのように思うが。鳩が餓死したら超絶名作になるわけでもあるまいに。フェラーリの車体裏の小傷に文句を言うようなモンだ。作者本人が悩むのはいくらでも構わんが。
  • 脳内在獣 @holychickenhead 2012-05-20 21:20:02
    理想と言えば聞こえがいいですけど、プロの「こだわり」は独り善がりにすぎない場合も往々にしてありますからね。。
  • なっとうすぱ @nattosupa 2012-05-21 09:24:41
    同じ泥棒でもイラ付くのと苦笑いのと色々あるじゃん受手だって人間だもの。なんか数式の解は一通りしかないのよっていってる感じで共感できなかった。たとえパヤオが本当に作品を嫌ってたとしても。
  • みょっくる @myokkuru 2012-05-22 01:59:18
    北久保さんの意見はむしろ創作者というより大学の硬派厨寄りのオタクサークルのノリに近いような気がする。むしろアマチュア寄りな意見。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-22 04:43:16
    言ってる事が全部間違ってるとは言わないけど、一元的な見方しかしていないのが非常に微妙。なぜパズーだけが主人公だと決めつけているのか。ジュヴナイルは男の子が主人公でなければいけないのか。本当の意味での(男女含む)少年を主人公としたものであれば良いと俺は思う。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-22 04:57:21
    あと「主人公の成長と活躍で困難を克服してカタルシスを得なければならない」のに出来ていないというような言があるが、シータは作中ムスカの権力や直接的な力によって行動を強制されてきたにもかかわらず、自らのルーツと向き合い強い意志で最後の決断をする。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-22 05:04:17
    そしてシータが来るまでは客観的に見て不幸な、夢見る少年だったパズーは、無力故に一度シータを失ったがそれを乗り越えて父から受け継いだ夢であったラピュタを発見する。でも彼は最後にはシータと共にラピュタを破壊する。見つけるまでで満足したからだと考えることもできるけど、これは子供の頃の夢と決別して大人になったのだと考えれば、少年の成長を描いたジュヴナイルだと思う。そして問いたい。ここにカタルシスは本当にないのでしょうか?
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-22 05:21:09
    あとは誰だっておまけもらえたら嬉しいし、ホームレスだって鳩に餌ぐらいやるし、もしかしたらパズーの副業は鳩業者かも知れないとか、金貨は敗北の象徴だからとか。とくに説明してないだけではないのかとも思う。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-22 05:22:28
    まぁ宮崎駿が実際になんて言ってるのか俺は知らないので、実際に宮崎駿自身が認めてることなんだと言われると特に反論は出来ないけど。
  • Yoshihiko NONOMURA @nono_y 2012-05-24 17:28:28
    ラピュタは、ジャンルが求める枠組と真の構造を重層化して両方成立させた大傑作だが(シータがドーラの少女時代に瓜二つという設定が思いつきのはずがない)、それがプロにすら殆ど理解されなかったから「失敗作」?
  • 鈴木天丼 @tendon_hitsuma 2012-05-25 00:13:52
    『価値観が壊れてる』というか、『価値観が子供っぽい』というべきかしら。「酷いことするなぁ」は「好きな建築物を汚す行為」への批判だし、「両親いなくて鳥に囲まれている生活」ってのは「縛りのない自由奔放な生活をしている」と考えられるし、金貨捨てないのは「やっぱり金は欲しいから」だし・・・つまり、自分の好きなものにしか興味がない幼児性が顕わにされてる。ゆえに監督本人が嫌悪するのではないでしょうか? と思いました。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-25 03:14:04
    ディテールに対する解釈が人によって違いすぎる。もちろん省略されて描かれてないのだから、受け取る人の自由ってのが基本かも知れない。けれど、「肉団子で喜んだ=パズーが貧乏だから」とか、「両親いなくて鳥に囲まれている生活=縛りのない自由奔放な生活」とか、悪意があるか心が荒んでる人の考えとしか思えない。
  • UMA-k @UMA_k_ 2012-05-25 04:17:06
    とくに許せないのが「金貨を捨てない=金は欲しいから」って見方。あれは敗北に心が完全に折れてるって演出でしょ?もちろんシータと夢を同時に失って、貧しい日常に帰還する上で金は必要だっていう惨めで現実的な思考も少しは読みとれるかもしれないけど、それは敗北感に支配されてるからでしょ。そして単純に描写として金を捨てるよりも胸に刺さる表現でしょ。
  • Yoshihiko NONOMURA @nono_y 2012-05-26 10:30:30
    ラピュタのプロットは「シータが単身でムスカの野望を阻止」で一貫しており、明らかに「過失による失敗」ではない。彼女が再度飛行石を奪った直後にバルスを唱えなかったのは、パズーやドーラたちの身を案じたから。
  • CAW=ZOO@高津娼会 @CAWZOO 2012-06-04 23:04:42
    ふーん。でもおもろいのでイナフ。いつの世も周りが語る考察は面白いなあ。
  • モビィ@PSO2_ship04 @mobii_0311 2012-06-05 22:59:42
    言われてみたらそうだけど、矛盾を気にさせない勢いがあるからラピュタは面白い。
  • sわいたけちん @sawaitakechin 2012-06-07 14:08:56
    大事なのは観てる人が「その時点」で演出に違和感を感じるかどうか。 例示したシーンに違和感を感じた人は多くはないはず。 人の作品を批評するのは良いが、挙げている理由に説得力が無さ過ぎる。失敗作の定義もあやふや。もう少し色々な観点から勉強し直した方が良い。期待しています。
  • хиде @fuayue 2012-08-15 11:28:51
    監督にとって失敗作であるから、観客にとっては傑作なんだよ。個人の情念で完璧に構築された世界観など、他人が入り込んで楽しい物ではないのだ。
  • 碓井央 @usuiou 2012-09-20 11:28:06
    人間の脳(感覚)ってものは常に走り続けてるもので、その状態で作品に連続的に接しているわけです いったんビデオを止めて「ここはこう、あそこはこう」とか解説しながら見てるわけじゃない 死体を解剖して分かることもあるけど、見てる側も対象も「生きているもの」だと認識してた方がいい
  • ねぼ @nebonebo7 2012-11-08 10:36:48
    まぁなんだ監督はフラップターを飛ばしたかっただけなんだから、シータ救出がクライマックスなのは致し方が無い。ラピュタに辿り着いたらあとは二人仲良く暮らしましたで良いじゃないか!と野田大元帥も仰られていましたし。
  • やみなべ、まこっちゃん @yaminabe_tw 2013-01-08 20:11:37
    そもそもラピュタはナディアの再構築品
  • nisha @cinema_shot 2013-03-05 15:55:25
    どうも批評が主観的で作品の本質を掴んでない。鳥や食料があるからパズーが貧しくないという指摘や、パズーの物語でないといけないという決まり、どれも北久保氏の主観とルール。最後の宝石類はラピュタが崩壊してる事と、結果的に「良い事」をしてドーラ達に損害があったから"OK"なんだよ、パズーも視聴者も。「ひどい~」のパズーとは矛盾してない。
  • 遠赤外線 @karauchi123 2013-06-12 20:12:19
    宮崎駿監督の中に「あそこをこうすればもっと良くできる」って気持ちがあったけど、それができなかった事情が「当時に」あったって話じゃないんですかね。大なり小なりどの作品でもある事なのかもだけど、その感覚がラピュタは特に強いってことなんじゃあ
  • 輪熊 @wagumanion 2014-06-18 01:02:02
    まぁ作品への感想は人それぞれとして、「前回の作品には不満が残るから次の作品は最高にしよう」と思うなら前向きでよろしいのじゃないでしょうか。 チャーリー・チャップリン「僕の最高傑作? 次回作さ!!」 少なくとも、ジブリのここ数年の作品は面白くない。それだけ
  • kaki @vymibugitopu 2016-10-14 02:49:31
    sigotonikkiy 「見える」じゃなく、実際生まれながらの貧困層とは設定していないでしょう。ロマンアルバム等で、「元は街の学校にも通っていたけれども色々あってあの場所に移り住んで」や、アフレコの際も「どこか上品な感じで」との指示があったとあり、つまり元は中流程度の出だけども、父親がラピュタの話を主張したせいで落ちぶれたのだと。
  • 玉藻さん@うちゅう @Roseate_Rosy 2016-10-14 03:14:33
    というかさ、あの人が自分の作品に満足してることあるの? 観客は常に大満足!って人が多いけど本人はいつもグダグダいってるように思うんだけど……>宮崎監督
  • 深井龍一郎 @rfukai 2016-10-14 04:08:12
    マクロスの歌の扱いって「人類のセキュリティホールを突く手段」なんじゃないの? 少なくとも最初のTVシリーズと映画とプラスとデルタ(これは特に)はそう扱ってるようにしか見えない。7とFでも対象が人類じゃないだけでセキュリティホールだよな。2は未見。
  • ぺこぽん @oosaki1239 28日前
    面白いものになった時点で大成功。お行儀のいいつまらない作品作りそうこいつ。

カテゴリーからまとめを探す

「サブカルチャー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする