【神奈川大学東北ボランティア駅伝】参加マニュアル

5000人が参加した神大東北ボランティア駅伝。まだ参加していない学生の疑問に、神大職員の千葉さんが丁寧に答えてくれました。まだ参加していない人は必見です!!!
復興 震災 ボランティア 神奈川 大学 アンパンマン 神大 東北
0
かじ @kaijsan
神大の東北ボランティアマラソン。毎週募集しているが、人不足で25人乗りのバスが7人だけのことも。広報が課題とのこと。 #jindai #twikougi
雅楼 @garou0410
@Tomotokotom 一年経って、被災地の現状に関する報道も減り、被災直後からどのくらい復興して、現在何が足りないのか何が必要なのか、が伝わって来ない。ってのが個人的な感想。残念ながら、今は自分の事で精一杯で手伝いに行けないけれども。
雅楼 @garou0410
@Tomotokotom あと、ボランティアやってるのは知ってるけど、日程・行程は?どういう作業をする?食事はどうしてるの?何が必要?ってな感じで何をどうしてるのかがよくわからない。ポスターにそこまで書いてあったっけ?
かじ @kaijsan
@garouwrlove 多分書いてあるんだけど、ポスターだけだと普通はそこまでの情報を拾えないんだよね… 二重三重に情報が貰えないと普通は行動まで繋がりにくい… #jindai #twikougi
かじ @kaijsan
@garouwrlove これかな。でも費用は乗ってないね…。 神奈川大学 東北ボランティア駅伝案内 http://t.co/LxeOIMue
かじ @kaijsan
神奈川大学 東北ボランティア駅伝にいってみたいけど、まだ参加してない学生多そう。 #jindai #twikougi
かじ @kaijsan
【拡散希望】神奈川大学では東北ボランティア駅伝を行っています。しかし参加者が少ないことが課題です。興味ある人はぜひ参加を! http://t.co/LxeOIMue #jindai #twikougi
かじ @kaijsan
#jindai 神大の東北ボランティア駅伝は知名度めちゃくちゃ高いのにもったいないと思う。興味あるけどまだ参加してない人にいかに働きかけるか。
雅楼 @garou0410
@Tomotokotom これ学校のホームページでしょ?学校のHPなんてレジュメ落としたり休講情報見る時くらいしか見ないよ。その時だって目的を果たしたらすぐ閉じるし。広めたり、知ってもらいたいなら、チラシ作って先生方に授業で配ってもらったりするべき。
かじ @kaijsan
@garouwrlove 完全同意!千葉さーん!www #jindai
雅楼 @garou0410
@Tomotokotom あとはQRコードもかな。チラシ以上の情報知ろうと思ってもURL手打ちだと見る気なくすだろうし。
ku_info(個人運営) @ku_info
呼びました?RT @Tomotokotom: @garouwrlove 完全同意!千葉さーん!www #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
お勧めします。特にボランティア経験皆無の初心者の方のファーストステップにうってつけです!RT @Tomotokotom: 神奈川大学 東北ボランティア駅伝にいってみたいけど、まだ参加してない学生多そう。 #jindai #twikougi
ku_info(個人運営) @ku_info
背中を押しましょう!ボラ駅伝について何でも質問をどうぞ!公開質問会。RT @tomotokotom: やってみようかな… @ku_info: お勧めします。RT @Tomotokotom: 神奈川大学 東北ボランティア駅伝にいってみたいけど、。 #jindai #twikougi
ku_info(個人運営) @ku_info
神奈川大学ボランティア駅伝は東北へのボランティア支援を継続的に行おうという活動です。昨年4月からすでに1400名以上がこの活動に参加しています。延べ人数に換算すると5000名くらい。こんなに長く継続的にボランティアをしている大学はない!!ホントだよ。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボランティアにいったことがない人でも安心して参加できるそのしくみ ①参加費は原則無料。交通費・宿泊費は大学持ちで無料。ボランティア保険の手続きも大学が行います。必要なのは現地での夕食代と風呂代で1日1000円。そのほか、朝昼は自分で買ってください。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の秘密②未経験者でも参加できるように、事前研修を行います。約1時間。ボランティアの心構えを中心に説明します。複数回行っているので、都合良い時に受けてOKです。不安な時は被災地支援室に相談に行けばやさしいお姉さんとおじさんが教えてくれます。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力③出発は木曜日の夜。9時頃に横浜駅西口からバスで出発。明け方に宮城県と岩手県の沿岸地区に到着します。気仙沼と陸前高田の現状を見てください。しんさいから1年以上経って現地がどうなっているか自分の目で見てください!テレビで見るのとは大違いですよ。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力④そのあと午前中に岩手県遠野市に入ります。午後に震災の語り部の話を聞くと、さっきの光景がまたちがって感じられると思います。この日は岩手県内陸部の街の様子をじっくりご覧ください。遠野市は東京都より広いのに人口は3万人以下。東北の街の抱える問題も知れる。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力⑤土曜と日曜日が活動日。インドアでの仕事は「献本作業」「資料修復作業」です。全国から送られてきた善意の図書を分類し受け入れする作業。PCで調べたり入力したり、ラベルをはったり。このエクセルデータが命。本と一緒にデータも渡すのですぐ図書館業務ができる。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力⑥善意はそのままでは届かない。間に人が入って分類してこそ本が活きてくる。現地から本の要請があれば、すぐに渡せるようにしておくのです。生活だけではなく人々に文化が戻ってこそ復興なのです。地味な作業だけど、大切な作業。こういうボランティアもあるのです。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力⑦ハードボランティア。外での作業はいくつかあります。これは現地の遠野まごころネットというNPOが必要としているボランティアに参加するもの。小さながれき掃除や側溝の泥だしなどの力仕事もあれば、仮設住宅を回ってお茶会の呼びかけをするお茶っこ隊など。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力⑧現地のニーズはすぐに変わります。雪が降れば雪かきもしていました。参加するたびに現地の必要とするものが違っています。しかし、とにかく手が足りないのです。いつでも人手が必要なのです。何度行っても、まだまだ片付かない地域もあります。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力⑨現地で活動していると。ありがとうの声がかかったりすることも。最初はボランティアに懐疑的だった村の人も、差し入れや炊き出しをしてくれたり....その交流一つ一つが何よりの励ましでエネルギー源なんです。 #jindai
ku_info(個人運営) @ku_info
ボラ駅伝の魅力10 活動から帰ってきたらお風呂と美味しいご飯がまっています。遠野市のご好意でアエリアというホテルのお風呂を使わせてもらっています。広くて気持ちよいですよ。汗を流してゆっくりしてください。そのあとご飯は「待月(たいげつ)」で。700円で満腹です。 #jindai
残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?