笑いの使い方

多義に至る笑いの理由のうちのひとつ
0
@kxya
私は私が笑っている理由を大抵は理解されませんし、それは説明を要します。
@kxya
例えばBを考えていてAを見ていたら大抵の人はAで笑っている。不可解だ。となるのですが、私にとってAはアクションを彷彿させる物なのです。よってAは必要です。
@kxya
笑いとは蓄積されゆくもので、そしてそれは機械(関数的な)を必要とします。ふぁぼった~が壊れている。以前の笑いに立ち止まりし時、未来の笑いは
@kxya
人は笑によって問題を解決(吹き飛ば)します。すなわち悩みとは驚きによってうやむやにしてしまう事が望まれます。訳の分からない!!楽しい方の世界は人を標準的な透明人間にします。
@kxya
強制的な笑顔は過去の蓄積された笑いの元へと帰還します。なぜならばそれを解決しないと先へは進めないからです。笑顔は、問題。に言い換えられる事です。
@kxya
標準的透明人間の標準とは、混同と爆発とか消滅の間の事で、透明とは思考が活性化された状態を指し、人間とは自己の前髪とおでこの間に於ける、空間を指します。前髪が無い人は、横髪。それも無い人は、眉毛と眉毛の空間で考えて下さい。
@kxya
どうして?という問いに答えるには、答えを思い出さなければなりません。考えるのは一度です。人生において一度です。一度決着した問題は二度と考えられません。思い出されるからです。
@kxya
答えはひとつです。故に、説明を求められたとき思い出さなければなりません。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする