Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

Nとゲーチス、王の末裔について

海底遺跡に伝えられる王の血筋について、とゲーチスに関する考えのメモ
8
クロ瓜 @kurowri

某スレでNとゲーチスの血筋に関して話題になってて、そりゃあもう口を挟みたくて仕方なかったけど、取り敢えずこっちに自己整理も兼ねてダラダラ書き連ねていく事にする

2012-07-25 00:31:54
クロ瓜 @kurowri

どこから書いていくべきか

2012-07-25 00:34:47
クロ瓜 @kurowri

まずはじめに、Nとゲーチスは海底遺跡にうたわれる王の血を引いていると言う意味で、一応血縁関係にあると思う。

2012-07-25 00:38:14
クロ瓜 @kurowri

正直Nが森の中で発見されたみなしごというだけで王の血を引いてないと結論付ける人間がいるのはちょっと理解できない。ゲーチスが「探し出した」と言っている事から、勿論偶然拾ったのではなく、明らかに何か目的があってNを求めていたのは明らかで、

2012-07-25 00:46:45
クロ瓜 @kurowri

その目的というのも、ゲーチスが海底遺跡の暗号を全て知っている事を前提とするとおそらくは特別な能力を持つ王の末裔を捜していたのだろうとしか思えない。

2012-07-25 00:49:50
クロ瓜 @kurowri

えーとつまり、ゲーチスがわざわざ探してまで求める人間と言うのは王の末裔以外には考えられない、だからNはまずハルモニアの血を引いていると考えて間違いない。と言う事。そもそもあのゲーチスがハルモニアの姓を名乗らせているくらいだし。

2012-07-25 00:55:11
クロ瓜 @kurowri

で、ゲーチスはわざわざ人の立ち入らぬような森の中までNを探したんだよな。N本人が言っていたように、彼は本当に小さい頃は人間に育てられていたようだけど、その所在なんて誰にも分かっていない。それでも、それだけの労力を費やしてまで見つけ出したと言う事は、

2012-07-25 00:58:08
クロ瓜 @kurowri

まず大前提として王の末裔が今も生きているであろう事にほぼ確信を持っていたと言う事。これは結構気になるポイント。

2012-07-25 00:59:04
クロ瓜 @kurowri

双子の英雄に関する話はサンヨウのモブが言うように、イッシュの人間なら誰でも知っている伝承らしいけど、その伝承の中にはポケモンと話す事ができ未来も見通せると言う不思議な力を持った人間の話はカケラも伝えられていない。

2012-07-25 01:02:21
クロ瓜 @kurowri

で、ヴィオのセリフから察するに恐らく王=英雄。その不思議な能力は、英雄の名を更に相応しいものにするだろうに何故か伝承からは省かれた。

2012-07-25 01:05:29
クロ瓜 @kurowri

結果的にその能力と一族について伝えられているのは海底遺跡のみ。それも、厳重な仕掛けでもって暗号の解読できない人間には立ち入る事の出来ないように作られている。つまり普通の人間には王の末裔などという存在について知る事すらままならない状態。

2012-07-25 01:08:48
クロ瓜 @kurowri

にもかかわらずゲーチスはその存在を知り、あまつさえそんな気の遠くなる程昔の既に滅びていてもおかしく無い血筋の末裔を、恐らくは確信を持って探し出した。更に言うと彼は海底遺跡の暗号の解読書を持っている。

2012-07-25 01:13:42
クロ瓜 @kurowri

イッシュの考古学がどれ程進んでいるかは不明だけど、古代の城はともかく海底遺跡に関してはその存在こそ知れているとはいえ全く解明はされていないようだったのにも関わらず。しかもヴィオの口調から察するにあれは自分で研究し書き留めたものではなく、元々の所有物という感じだった。

2012-07-25 01:17:04
クロ瓜 @kurowri

何が言いたいかと言うと、海底遺跡に関する書物を有している、王の末裔が生きている事を知っている、どこにも記述の無いハルモニアという名を知っている、と言う事で普通の人間が知り得ない情報を数多く有していると言う事でやはりゲーチスもまた王の末裔なのだろうと。

2012-07-25 01:21:02
クロ瓜 @kurowri

言う事で言う事でしつこいな

2012-07-25 01:21:57
クロ瓜 @kurowri

あとは城建てたり十字軍思わせるような団員服にしたりNに神話の再現をさせようとしたりとやたら伝承に拘るのも。 Nと違い能力を持たなかった自分が、いにしえの王政を再現しイッシュの支配者となる事でその血を誇示しようとしたんじゃないかなあとか。

2012-07-25 01:27:07
クロ瓜 @kurowri

Nに対するコンプレックスとか妬みのようなものは抱いていたんじゃないかと思う。BW2では顕著だったけど、他者に道具として利用する事以外ではまともに関心を払わないゲーチスがあれだけの憎しみというはっきりした感情をぶつけるというのは気になる。

2012-07-25 01:32:25
クロ瓜 @kurowri

取るに足らないと思っている相手にはああはならない。自分の中に無視できない何かがあるから、特別な感情(それが例えネガティブなものであっても)を抱く。

2012-07-25 01:38:16
クロ瓜 @kurowri

ポケモンと話せるバケモノという貶め方からするに、あの憎しみは恐らく自分が末裔の血に相応しい能力を持っていないという劣等感からくるんだろう。

2012-07-25 01:43:54
クロ瓜 @kurowri

自分以外の他の存在に全く信を置けない、愛せないという哀れな人間だからこそとにかく自分への依存や自惚れが強かった。血に対してもかなりの矜持を抱いていたであろう事は想像に難く無い。

2012-07-25 01:49:27
クロ瓜 @kurowri

だからこそ、2度までも完璧である筈の自分、世界の全てを否定されたから心が壊れちゃったんだろーなー 他にも価値の認められるものがあったのならああはならなかったんだろう

2012-07-25 01:54:29
クロ瓜 @kurowri

…おかしくなるまでその価値観を変える事が出来ないような人間だったというのは本当に哀れだよなあ…他の組織のボスは敗北してもこうはならなかった やってきた事がやってきた事だから同情はできないけど、ただただ可哀想な人だとは思う そこまで価値観が歪められてしまうような事が過去にあったのか

2012-07-25 02:00:40

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?