8月29日(水)ショパン夜想曲撰+フローベルガー《墓》集&8月31日(金)マーラー《夜の歌》連弾版

●2012年8月29日(水)20時開演 《Wybrane Nokturny Chopina, i przy nim był Froberger.》 ~ショパン夜想曲撰――フローベルガーもまたそこに~ 大井浩明(ピアノ/Steinway&チェンバロ) ◆J.J.フローベルガー:ローマ王フェルディナンド4世陛下の崩御を悼む哀歌   ◇F.F.ショパン:3つのノクターンOp.9 (1831続きを読む●2012年8月29日(水)20時開演 《Wybrane Nokturny Chopina, i przy nim był Froberger.》 ~ショパン夜想曲撰――フローベルガーもまたそこに~ 大井浩明(ピアノ/Steinway&チェンバロ) ◆J.J.フローベルガー:ローマ王フェルディナンド4世陛下の崩御を悼む哀歌   ◇F.F.ショパン:3つのノクターンOp.9 (1831) ◆J.J.フローベルガー:憂鬱をやり過ごすためにロンドンで書かれた嘆き歌   ◇F.F.ショパン:3つのノクターンOp.15 (1832) ◆J.J.フローベルガー:来たるべき我が死を弔う黙祷   ◇F.F.ショパン:2つのノクターンOp.27 (1835) ◆J.J.フローベルガー:ブランシュロシュ君の墓前に捧げる誄詞   ◇F.F.ショパン:2つのノクターンOp.48 (1841) ◆J.J.フローベルガー:神聖ローマ皇帝フェルディナント3世陛下の痛切なる死に寄せる追悼曲   ◇F.F.ショパン:2つのノクターンOp.62 (1846)   [◇ポーランド・ナショナル・エディション最新版(2010年)使用] (アンコール)  リスト:《慰め》第3番変ニ長調 S.172 R.12 http://ooipiano.exblog.jp/18390657/ ●2012年8月31日(金)20時開演 G.マーラー:交響曲第7番ホ短調《夜の歌》(1905) (全5楽章/A.カゼッラによる4手連弾版、日本初演) 大井浩明+法貴彩子 (ピアノ) [1905年製NYスタインウェイ使用]  第1楽章 Langsam (Adagio) – Allegro risoluto, ma non troppo  第2楽章 Nachtmusik I. Allegro moderato  第3楽章 Scherzo. Schattenhaft  第4楽章 Nachtmusik II. Andante amoroso  第5楽章 Rondo-Finale. Allegro ordinario (アンコール)  ワーグナー(タウジッヒ編):『マイスタージンガー』前奏曲(連弾)  ラヴェル:『鏡』より「夜蛾 Noctuelles」(1905)(法貴彩子ソロ) http://ooipiano.exblog.jp/18401683/ 大井浩明 http://ooipiano.exblog.jp/ 法貴彩子 http://goo.gl/CNuKw カフェ・モンタージュ[京都市中京区夷川通柳馬場北東角] http://www.cafe-montage.com/
カフェ・モンタージュ 大井浩明 夜の歌 交響曲第7番 カゼッラ 夜想曲 フローベルガー マーラー 法貴彩子 ショパン
xupoaku_ou_jscm 2509view 0コメント
  • 0
  • お気に入り
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 8月29日(水)《Wybrane Nokturny Chopina, i przy nim był Froberger.》~ショパン夜想曲撰――フローベルガーもまたそこに~ 大井浩明(ピアノ/チェンバロ)
  • リンク ○○| XupoakuOu 8月29日(水)ショパン夜想曲撰+フローベルガー《墓》集 チラシpdfhttp://twitpic.com/aognn82012年8月29日(水)20時開演(19時半開場)カフェ・モンタージュ[京都市中京区夷川通...
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2012-08-28 20:44:18
    8/29(水)「夜想曲」(ピアノ:大井浩明)。ショパンの夜想曲に、バロック期の作曲家フローベルガーの哀悼曲をはさみこんで、それぞれに想いを馳せる夏の夜の1時間といたします。20時開演(19時半開場)、2000円。ご予約フォームはこちら⇒ http://t.co/6JwlyAfM
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:48:13
    ショパンが人気作曲家であるというのは、いったいどの方面で人気なのか。僕にしても余程面白そうで無いと「オールショパンプログラム」というものには行かないし、僕の周りの人もショパンが好きかといえば「弾き手による」という反応がほとんど。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:48:42
    弾き手による。それはどの作曲家の作品でも弾き手によるのは決まっているのだけれど、ショパンだけは前奏曲集すら聴いたこと無い人までもが「ショパンは弾き手によりますよね」という。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:49:14
    これは要するに、ショパンをクラシック音楽において取り上げるのは、弾くにしても語るにしても、大抵はディレッタントの領域を出ないことを意味している。つまり、そのほとんどが知ったかぶりで出来た世界。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:49:38
    ところで、知ったかぶりで出来た世界というのは、クラシック音楽全般に言えることで、もっと大きく言えば芸術全般の話でもあったりする。それが、ショパンばかりがディレッタントの餌食になって、一人やせ細っていくばかりである。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:51:00
    「ショパンの弟子」というものを信用するな、とようなことはもう100年以上もいわれていること。何故リストの弟子ではなく、ショパンの弟子なのか。それは今のクラシックコンサートチラシの演奏者プロフィールを信用するな、とほぼ同じ意味でそう言われてきた。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:51:23
    縮図、というのはまさにこういったことをいうので、ショパンはクラシック音楽が抱えている、もっといえば芸術一般が抱えているディレッタントの問題を、ほぼ一人で背負っている。クラシックといえばピアノ。ピアノといえばショパン。あまりに気の毒である。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:52:02
    ところで、そもそもショパンは天才なのかというに、まず芸術における天才の定義を簡単に書いておくと、その人物が現れるまで、潜在的に人類の芸術における可能性として眠っていたとされるものを、はじめて明らかにそれと分かる形にして、その生きた時代を体現した人。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-26 23:52:12
    ということで、果たしてショパンは天才であるかどうか。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:10:39
    ショパンは天才である。面倒なのでそれはそう言い切っても良い事だとして、それを同時代のシューマンと比較してそうなのか、リストと比較してそうなのか。もしくは時代は違っても鍵盤楽器の為の作品をたくさん書いた有名人と比較してどうなのか。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:10:58
    スカルラッティにはじまり、クープラン、ラモー、J.S.バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト.... スカルラッティはともかく、他の有名作曲家とショパンを比べることは、それこそクラシック音楽のディレッタントの枠から飛び出すことが難しくなってくる。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:11:17
    そういったクラシックのカテゴリーでしか語れないようなところから、もっと距離を置いた議論もありえるのではないか。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:11:35
    17世紀ドイツの作曲家、フローベルガーが様々な人にあてて書いた哀悼の音楽を、作品番号ごとに演奏されるショパンのノクターンの合間に1曲ずつ入れて演奏するという提案をしてくれたのはピアニストの大井浩明さんです。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:12:04
    フローベルガーという人は鍵盤楽器の音楽をたくさん書いたということで、あのJ.S.バッハより数十年先じています。バッハが生まれた頃には、フローベルガーはとっくに土の中。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:12:23
    そんなフローベルガーはサティ顔負けの標題音楽作家で、「私の身ぐるみを剥いだ兵士への哀歌」とか、「ロンドンにて、メランコリーをやりすごす為に書いた不満音楽」なんてものまで色々書いています。でも、サティに比べると、フローベルガーなんて人のことは誰も知らない。僕も知りません。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:14:43
    しかし、ショパンの夜想曲と、その間に並べられる、死んだ人にあてた音楽、というのはそれだけで夏の終わりの夜に相応しいプログラムではないか、ということは、あまりクラシックを聴かないような人にも通じるセンスなのでは無いでしょうか。素晴らしい選曲だと思います。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:15:04
    8/29の水曜日にカフェ・モンタージュで行われる「夜想曲」は、ショパンの天才を確認する、「やっぱりショパンはいいね」というためのコンサートではなくて、むしろショパンの天才といわれている言葉の部分を一度リセットして、それぞれの作品のもつ可能性をさぐる夜になるかと思います。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 00:15:48
    そんなコンサートを聴いたあとの「ショパンってやっぱりいいね」は、果たしていつもの「ショパンはいい」と同じかどうか。皆さん、聴きに来てください。 > 8/29(水)「夜想曲」 (ピアノ独奏:大井浩明) @CafeMontage http://t.co/eTxMsZNx
  • nococo @rest139139 2012-08-27 08:13:28
    会場は京都のようですが、こういう演奏会に行ってみたかったりします。今の私は「やっぱりいいね」の捉え方ではあるものの。RT<@pankomedia
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2012-08-27 10:46:25
    @penco1391 ありがとうございます。長々と書いてしまいましたが、そういっていただけて嬉しいです。
  • nococo @rest139139 2012-08-27 22:07:15
    @pankomedia お返事ありがとうございます。ある方のリツィートで知りました。ショパンの音楽を時代もタイプも異なるフローベルガーの音楽とともに演奏し再発見を目指すという試み新たな何かが見える刺激的な試みになりそうな気がします。うかがうことはできませんがご盛会をお祈りします。
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2012-08-27 11:51:48
    「次はショパンのノクターンの演奏会です」と言ったら「他にはどんな演奏会がありますか?」と切り替えされる。これは“「子ども劇だよ」って言ったら姪っ子は来ないって言う。”( http://t.co/XffnSDnf )というのと同じ状況。
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2012-08-27 11:52:07
    はたしてショパンをこの状況から救い出せるか。8/29(水)「夜想曲」 (20時開演 ピアノ独奏:大井浩明)ご予約まだまだ受付中です。予約フォームはこちら⇒ http://t.co/6JwlyAfM

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「音楽」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする