6
ヌッコロQ @nukkoroQ
リレー書評第5回:ポケモンの“父”を訪ねて ~宮昌太朗+田尻 智「田尻 智 ポケモンを創った男」 (前編) - ねとぽよ http://t.co/NBIJXHzl
ヌッコロQ @nukkoroQ
たしかにBWでは差別というテーマがうまく消化されてなかったでしょうね。陰謀論とトラウマ、ですか。ですね。
ヌッコロQ @nukkoroQ
以前ポケモンのこの倫理問題に関係する記事がみつからなくてがっかりした記憶があったけど、改めて探してみるとないわけではないのな
ヌッコロQ @nukkoroQ
いまWEBアニメスタイル掲載の首藤剛志さんのコラムを読んでます。
ヌッコロQ @nukkoroQ
BWが出て、BW2が出たんだから、もうちょっと興味を持たれてもいい話ではないかな、と思ったりもしますな

以下、ポケモンと人間とは意思疎通ができていることになっているという意味で書いたものと思われます。

ヌッコロQ @nukkoroQ
以前、『Merry Xmas you, for your closed world, and you...』というノベルゲームをやったんですが、これは名作なのですが、今思うとあのゲームのコミュニケーションの問題もこの辺につなぐことができると思うのですね
ヌッコロQ @nukkoroQ
私の珍作『公園』も『メリクリ』を意識している所があっただろうと思います。
ヌッコロQ @nukkoroQ
ただ僕は『メリクリ』とはちょっと違うというか、同じなんですけどある意味逆の方向に考えてて、フィクションだからこそコミュニケーションが成立している ことになってしまう 事態に、疑問を感じることが
ヌッコロQ @nukkoroQ
そういう意味で大人とロリとでは、対等な恋愛関係は成り立たないだろ、と思ってるわけでして。
ヌッコロQ @nukkoroQ
それをあたかも対等に愛し合っているかのように描くというところに、倫理的な問題が読み取れるよねと。(それが作品自体の欠点であるという意味では必ずしもなくて)
ヌッコロQ @nukkoroQ
関係が対等であるはずがないか、対等であるとはかぎらないものを、対等であるかのように描くことで、対等な関係にしてしまうというという話です
ヌッコロQ @nukkoroQ
こういう話になるとちょびっツを思い出しますな
ヌッコロQ @nukkoroQ
絶対悪が、設定により非悪とされ無視されているもしかしたら悪かもしれないことを、先回りして安全地帯に隠してくれるなら、幼女レイープも肯定することができるかもしれないじゃないです?
ヌッコロQ @nukkoroQ
ポケジェクト場外乱闘:POKEMON with US編 http://t.co/dbSZugQv 最後の方はよくわかんないけど、「存在」としてとらえるという言い方もあるのね
ヌッコロQ @nukkoroQ
悪役のふるまいとか(目に見える)考え方にも着目してみたいなと思いますよ
ヌッコロQ @nukkoroQ
絶対悪、というか相互理解不能な存在、でなくなったのはルビサファからですかね?ルビサファの悪役のボスがグラードン、カイオーガを目覚めさせたことに後悔したところからでしょうか。
ヌッコロQ @nukkoroQ
アカギはヤバイ人でしたが、彼だって、子供時代は、可哀想な人だった、もともとはプレイヤーが憐みや同情を向けることのできる人だったんですよね
ヌッコロQ @nukkoroQ
悪の組織という絶対悪にポケモンとの関係における悪をまるごと押し付けて、主人公(=プレイヤー)らが孕むもっと根本的な倫理問題を棚上げする、というのが初期のやり方だったと思います
ヌッコロQ @nukkoroQ
悪の組織を徐々に人間に近づけていきつつ、それ以外の「善良な一般市民」とポケモンとの関係にも踏み込んでいった、というところで、BWはその問題をまさに悪の組織から指摘させた良い作品だったと思うのですよね、先に挙げた記事の話はもちろん重大な破綻なのですが
ヌッコロQ @nukkoroQ
神としての伝説のポケモンも重要なきがします。何も考えたことないですがなんとなくいま思いました
ヌッコロQ @nukkoroQ
全ての悪をゲーチスに押し付けたのはたしかにアレなのですが、ゲーチスがあの事件における悪をすべて引き受けたからといって、過去や未来、全世界の、ポケモンと人間の関係の倫理問題が無効になったワケじゃない。
ヌッコロQ @nukkoroQ
少なくとも、主人公=プレイヤーが常に、問われている、という状態をつくりだしたことは成果だと思います。
ヌッコロQ @nukkoroQ
いや違う。BWはあれでよかったのではないだろうか。クソしながら考えた
ヌッコロQ @nukkoroQ
Nの疑問が幼少期のトラウマとゲーチスの陰謀により「つくられた」ものだったとしても、そういうこととして描かれたとしても、それでも倫理問題はなお存在し続ける
残りを読む(4)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする