青空文庫とTPP、著作権保護期間について

青空文庫呼び掛け人、富田倫生さんがTPPによる著作権保護期間延長についてツイート、そのまとめです。
国内 著作権 TPP 青空文庫 パブリックドメイン 著作権保護期間 知的財産権
39567view 10コメント
206
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】①聞いてほしいことがある。「2013年に青空文庫で吉川英治を読めること」と「TPP」の関連だ。話は2004年頃、著作権の保護期間が延長されると聞いた頃にさかのぼる。関連するシンポジュームが明後日に開かれることも、最後に。 http://t.co/gmmeOxJP
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】②日本の著作権法では、作者が生きているあいだに加えて、死後50年まで権利が保護される。この間、著作権者の許諾なく、作品をテキストにして公開することはできない。志賀直哉や内田百間、三島由紀夫の作品がないと驚く人がいるが、そんなときは没年を確認してほしい。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】③逆に死後50年をすぎれば、作品をネットに上げられる。著作権法は、作者の権利を守ると同時に、作品が公正に使われることにも留意する。守り、親しまれる双方を通じて、文化の発展に寄与しようとする。使われることも目指すからこそ、権利を切るルールが組み込まれている。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】④先人は、著作権法をそう組み立ててくれた。だからこそ、青空文庫を始められた。スタートの1997年には、今年いっぱいで横光利一の著作権が切れると理解していた。自分たちは事前になにも準備できなかったが、大晦日のそらもようで、来年には入力をお願いしますと書いている。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑤すこしずつ進めていた新規著作権切れの年頭公開を見直したのは、2004年のことだ。アメリカの要求に、国内にも求める声があって、保護期間を死後50年から70年に延ばす準備が進められていると聞いた。自分たちにできることはと考え、〝公正な利用〟の旗を立てようと考えた。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑥各国の著作権制度は、ベルヌ条約という同じ基礎の上に組み立てられている。そこでは、死後50年までの保護が基本だ。ただ、より長い期間を設定することも認められている。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑦EUは事情があって保護期間を延ばした。アメリカも追随し、その後は、世界各国に延長を求め始めた。延ばすことで彼らがえたものがあるというなら、延ばさないことで実現できるものをもう一方に提示し、二つをひき比べて、どちらを選ぶのか考えてもらおうと考えた。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑧2005年元日に、新規著作権切れの岸田国士と相馬愛蔵を公開。あわせて、「青空文庫は著作権保護期間の70年延長に反対する」というメッセージを掲げた。 http://t.co/Dp7PLCKx 翌2006年には、坂口安吾、下村湖人、豊島与志雄、下村千秋、相馬黒光。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑨社会の片隅で、50年維持を訴えて何になる。数年内に延長だ。そうか。そうかもしれない。だが、グスコーブドリの乾坤一擲の大技は、私たちには使えない。ひとりぼっちの作業をつなぎ、足下で小さな火を育て、実例を作って大地をあたためる以外、できることはないと思えた。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑩だが、知らないのは私たちだけだった。2006年になって、延長は慎重にと考える人、延ばすことに反対する人が、福井健策さん、津田大介さんの呼びかけにこたえて、続々とthink Cに集まった。 http://t.co/z8yUEwyp
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑪文化庁の論議にも、延長を求める側とほぼ同数の慎重派が加わり、論議の末、2008年秋には、即座の延長は回避される見通しとなった。だからこそ、今年いっぱいで著作権の切れる吉川英治、柳田国男、室生犀星、中谷宇吉郎等を、明年早々の公開を目指して準備することができた。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑫幅広い機器で使えるようになって、青空文庫への注目が高まっている。2013年への期待も、よりいっそう強まっているように見える。大地はしずかに、あたたまってきた。だがここまで育んだものを、一気に吹き飛ばしかねない動きも、はっきりと見えてきた。TPPだ。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑬加盟国間の関税ゼロを目指し、合わせて各国の制度のばらつきをならすことで、TPPは貿易のよりいっそうの促進を目指すという。24分野に大別される、多岐にわたる仕組みが、均一化の対象として検討される。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑭知財分野でアメリカは、保護期間の延長を始めとする、日本の著作権制度の根幹に関わる要求を並べている。しかも、社会の成り立ちに幅広い重大な影響を与えるだろうこの交渉は、秘密裏に、政府、外交担当者だけが関与して進められる。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑮かつて延長が論議されたとき、保護の強化でえられるものに対置する、利用促進の成果を示そうと考えた。強化は著作者の尊重につながる。遺族がより長く著作権料を得られる。一方、50年でアーカイブを育てれば、作品に親しむ敷居をどれだけ下げられるか、実証したかった。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑯強化と維持、それぞれのメリットを比べて、それでも延長が選ばれるのなら、以って瞑すべしと考えた。そうした大切なテーマが、社会のそこここにあり、攻防が繰り返されてきた。それらをまとめて、秘密の外交交渉の場に移し、最後にふたをあける運びに、強い違和感を覚える。
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑰thinkC、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン、MIAUが、「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」を結成し、提言をおこなった。透明化されないなら、知財をはずことを、TPP参加の条件として求めるという。 http://t.co/7d7MfyFh
富田倫生 @aobeka
【青空文庫便り】⑱明後日12日午後6時から、東大本郷、赤門を入って左手すぐの福武ホールで、TPP協議の透明化を考えるシンポジュームが開かれる。 http://t.co/gmmeOxJP ニコ動の中継もある。行き帰りが不安でためらっていたが、上記URLで参加を申し込もうと思う。
津田大介 @tsuda
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン、thinkC、MIAUでTPPの知財分野交渉の問題を考えるフォーラム立ち上げました。TPP論議の1つの材料としてご注目頂ければ幸いです。 / “TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム” http://t.co/0j6xgBGt

コメント

こぎつね @KogituneJPN 2012年12月10日
大きい問題じゃないかもしれないけど、TPPが単なる関税協定では無く、とても多くの分野に影響をあたえる包括協定であることを示す一例といえるね。
富 ユタカ @lkj777 2012年12月10日
#hijitsuzai #非実在 #denshi http://bit.ly/TPjndo なんか玉井先生が著作権延長はグローバルスタンダードみたいなことを言ってたけど、白い眼で見られている.クリエイターよりは企業のロビー活動で延長していので
人山田 @kakakuko 2012年12月11日
青空文庫はその前に作業中の作品を終わらせにゃならんだろうが。著作権は期間がややこしくて分からんが志賀直哉や中勘助も本名だから、まだなんだっけ。過去の名作は著作権が切れると色んなところが攻勢かけたりして手に入れやすくなるから、延長するのは勘弁してほしい。
たられば @tarareba722 2012年12月11日
なんで読んでて泣けてくるんだろう。
Warui Tuti @Waruituti 2012年12月11日
最後に津田が出てくることに違和感がある
onkapi @onkapi 2012年12月11日
TPPによる世界の均一化というのは無理のあることのように感じた。秘密の外交交渉で決めるというのはさらに無理なことのように思います。
Hikichin @hikichin 2012年12月12日
物語を、作品を作る人にとって、著作権が切れることより、作品自体を忘れ去られることの方が悲しいのではないか。小説にしても、音楽にしても、映画にしても、マンガにしても… 「一部の作品による著作権ビジネスでお金を儲けること」と「無数に生まれては消えていく著作物の一部が青空文庫などを通じて読み・聴き・視聴し続けられること」と、どちらが国民・世界の人の文化の発展に資すると思うのか、著作権法第一条の理念にかなっているだろうか。著作権保護期間延長は、作り手・受け手の双方に投げかけられた問題だと思う。
togetter2012 @togetter2012 2012年12月12日
TPPの交渉内容が非公開ってのが引っかかるよなぁ。非公開であることの理由が分からん。
まさらっき@日ト41b @masarakki 2012年12月15日
50年もクソ長いと思うな 死人は金使わないんだから死後5年くらいで十分じゃね
Nobu @myhobby1478 2013年7月9日
要はミッキーマウスとかいうネズミ野郎の著作権を守るためにどんどん延長していくわけだろ。アメリカ様のルールをジャップにも適用してやろうというわけだな。マジあめりかファッキン
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする