10周年のSPコンテンツ!
1
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
さて、新たに視聴している「機動武闘伝Gガンダム」。今日からいつもどおりの各話感想を書いていこうかと思う。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
過去に視聴したのだが、改めて見直すのは中学生時代以来のこと。いろいろと発見があることを期待して1~5話までの感想を今日は書く。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
まず20年近く経つGガンだが、未だにこれほど突き抜けた個性を持つガンダムシリーズ(TVシリーズ)が存在していないのではないかなと。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
もう最初の時点から「これがGガンなんだよ!」と言わんばかりのアピールが激しい。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと序盤においてドモンのバックボーンをほぼ描写せず「この写真の男を知ってるか!?」のセリフこそ唯一のバックボーン描写かもしれない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
だが、この「よくわからないけど写真の男を探し求めて戦う男」という本当に最低限のことだけ描写して、5話までで一気に「これがGガンだ」と言わんばかりの描写を見せつけることにつぎ込んでいるかなと。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
超人的な身体能力を持つ主人公、本当にいつでもどこでも現れる主役メカ、新たなる戦争ガンダムファイトのルール、国際的イメージを漂わせる5機のガンダム、あとストーカー。などなどそれまでのガンダムと違う点をじっくりアピールしているかなと。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
確かドモンのバックボーンがしっかり書かれるのは第6話が最初だったと思う。(一応第4話あたりからポツポツと書かれているが)その第6話をやろうと思えば第1話で見せることもできたとおもうけれど、最初はインパクトで攻めて正解だったと思う。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
特に5機のメインガンダムについてはW、X、SEEDシリーズ、00へ続く明確な個性を持った主役ガンダム勢の描写の雛形になったはず。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
特にWのガンダム5機は結構Gのガンダム5機の色合いが残っているところがあるんじゃないかな。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
一方Gガンの5機のルーツを遡ると、ガンダム対ガンダムの0083もそうかもしれないけど、ドラグナーの存在も捨てがたいかもしれない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ちなみにどちらも五武さんが関わっていた作品。特にドラグナーに関しては修行イベントが後のギアナ高地につながった可能性もごくわずかながら存在する……?
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
続いて5話までの大まかな雰囲気について、名無しがふと思ったことは、第1話でガンダムファイトが地球圏の人々には忌み嫌われている描写がされているのだが、ガンダムファイト本戦ではかなり地球側の人々も盛り上がっていた記憶があった。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
特に第1話は結構ダークな雰囲気が強い。なにか快傑ズバットやガン×ソードあたりの復讐劇のノリを感じたかも。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
さて、序盤から個性のアピールについては成功していると言ったけれど地球におけるガンダムファイトの認識については結構ブレもある。お国柄と割り切ればいいのかもしれないけれど。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
アバンでのストーカーさんはガンダムファイトでも地球への被害があることを指摘されている訳で、五武脚本の1、3話が特にその色合いが強いと感じたかな。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ガンダムファイトの地球圏における認識の描写についても今後追っていきたいところ。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第1話……先述したとおりダークな雰囲気が強い今回。いきなり悪のガンダムが登場する、銃弾も軽く受け止める主人公、出ろぉ!ガンダムから始まるバトルシーンにガンダムファイト規則などなどとりあえず独自点は打ち出す。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと微妙にパイロットフィルムっぽい作りかなって感じた。ベルチーノ警部は作品によったらサブレギュラーになりそうなんじゃないかって思うところも。(ピザのネタは面白い)
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第2話……ボクシングシーン、ものすごく島本和彦先生っぽい絵柄と演出だった。ボクシングの試合でただ挑戦状を出すために乱入したら怒りたくなる(笑)
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ちなみにチボデー、ガンダムファイターの中では1,2を争う程好きなキャラクターだったり。良い意味で大胆、陽性なかっこいいアメリカン兄ちゃんである。あのヘアースタイルは冗談抜きでかっこいい
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
もちろん大塚芳忠さんを起用した点はわかっているとしか(笑)
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第2話においてガンダムファイトについてマンハッタンの人々が好意的な印象を持って描かれていた点が印象的である。彼が自分がより強くなって人々に夢を与える存在でありたいとする理由も大きいかなと。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
もちろん彼とはチボデーのことです。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
だが、シャイニングガンダムとの戦績では他の3機と比べると純粋に敗北したとも見えるかも。さすがに同じパンチ対決で主役を相手とするには荷が重かったか。
残りを読む(348)

コメント

名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年1月11日
6~8話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年1月13日
9~11話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年2月3日
12~15話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年3月7日
第16、17話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月20日
第18~20話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月22日
第21~23話までの感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月22日
第24~26話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月24日
第27~29話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月26日
第30~34話までの感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月29日
第35~38話の感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月30日
第42~45話までの感想を追加しました。
名無し・A・一郎(再) @774a16 2013年4月30日
第46~49話の感想を追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする