Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2013年1月6日

友野詳氏の「シャハルサーガ 第1部」 全部入り版

友野詳(@gmtomono)氏によるルナル世界を舞台にした新作Twitterノベル「シャハルサーガ」のまとめです。 こちらは「採用されなかった分」なども含めて、全てのツイートを保存する事を目的としたリストです。 「採用された物語」だけを読まれたい方は、 http://togetter.com/li/435053 をご覧下さい。 第2部 全部入り:http://togetter.com/li/460078 続きを読む
37
友野詳 @gmtomono

というわけで、先日、ちょっとつぶやいたお遊び企画をはじめてみます。とりあえずつけてみたタイトルは「シャハルサーガ」。舞台は七つの月しろしめす地。その第三の地、黄昏の大陸マーディールです。ハッシュタグは #シャハルサーガ とします。

2013-01-04 22:06:43
友野詳 @gmtomono

募集締め切りは、計測して「締め切ります」と告知するまで。基本的には1日ごとに書ければいいなと思いますが、そうもいかないでしょう。忙しくなって長期お休みする時は告知します。今回は、六日(日)の、このくらいの時刻に更新するので、そのちょっと前まで(大雑把) #シャハルサーガ

2013-01-04 22:08:19
友野詳 @gmtomono

では、第一夜。物語の導入になります。 #シャハルサーガ

2013-01-04 22:08:46

第1夜

友野詳 @gmtomono

――地峡沙漠の砂は、青い。海の色と変わらぬと言うものもいる。大陸の南と北は、この青く細い地峡でつながっているのだが、海でへだてられているのと変わらぬ。まるで二つの異なる大陸のようだ。この地峡砂漠を往復するのは、異端の民〈沙覇留〉族のみである。 #シャハルサーガ (1)

2013-01-04 22:09:17
友野詳 @gmtomono

風で渦巻く青い砂丘は波のようだが、砂を蹴立てて走るマガナックは、とうてい魚には見えない。ほかの大陸の住人が見れば、馬ほどもあるカマキリと表現するであろうし、魔獣とみなして警戒するだろう。それほどに恐ろしげな姿だが、〈沙覇留〉族にとっては生涯の友だ。 #シャハルサーガ (2)

2013-01-04 22:09:35
友野詳 @gmtomono

いま、ひとりの少年が、マガナックにまたがり、沙漠を駆け……そして伏せた。青い砂のうねりが、少年を隠す。彼のマガナックは、巨体を半ばまで砂に潜らせている。一人と一匹は、行く手に動く数個の影を、いちはやく見つけ、隠れたのだ。追う者、そして追われる者がいる。 #シャハルサーガ (3)

2013-01-04 22:10:47
友野詳 @gmtomono

アリクという名の、その少年が見つけたのは逃げる女性と、追う兵士であった。兵士は、三日月の剣と太陽を刻んだ盾を身につけている。地峡沙漠の向こう、ザーナの都に住む、正統を称する双月教徒だ。そして追われている娘は……(分岐)  #シャハルサーガ (4)

2013-01-04 22:11:31
友野詳 @gmtomono

逃げる女性は、異国の服をまとい、長い黒髪をたなびかせている。白い額が陽に照りはえていた。アリクがよく見ようと身を起こしかけたら、隣のマガナックが、鎌の外側で触れてきた。アリクは、小さくうなずいた。厄介事には関わらないのが〈沙覇留〉族の生きる知恵だ。 #シャハルサーガ (5-A)

2013-01-04 22:12:17
友野詳 @gmtomono

女性というより、少女だ。少なくとも見かけはアリクより幼く見えた。まだ十三か四か。よそものの争いからは遠ざかるのが、〈沙覇留〉族の生きる知恵というものだ。しかし、これは見過ごしておけない。アリクが首をなでると、マガナックはしぶしぶ戦いの姿勢をとった。 #シャハルサーガ (5-B)

2013-01-04 22:12:35

友野詳 @gmtomono

ツイッター多数決分岐ノベル(もうちょっと短くまとめる言い方はないものか)シャハルサーガ第二夜。前回の分岐はAが60RTでBが36RT。なので、黒髪で光る額のお姉さんは再登場に期待していただきますとして(2ルートそれぞれ書くのは無理ですよ? ^^;)。 #シャハルサーガ

2013-01-06 21:24:10
後で注釈が入りますが、実際はBが60RT、Aが36RTで「5-B」が採用されました。
友野詳 @gmtomono

七つの月が照らす世界ルナル。第三の大陸、黄昏のマーディール。その南部と北部をつなぐ地峡砂漠で、砂漠の少数民族〈沙覇留〉族に属する少年アリクは、少女が、戦士たちに追われているのを見つけました。詳しくはハッシュタグでたどっていただくとして、続きとまいりましょう。 #シャハルサーガ

2013-01-06 21:24:23

第2夜

友野詳 @gmtomono

アリクが「リワブ! シカウ!」と声をあげた。その意味は『飛べ』と『巻き起こせ』だ。身を起こしたマガナックが、羽を広げる。半透明の大きな羽は、魔力を帯びている。それを猛烈な勢いでふるわせ、マガナックが、宙に舞い上がった。アリクが指さした方角へ一直線に飛ぶ。 #シャハルサーガ (6)

2013-01-06 21:24:38
友野詳 @gmtomono

飛翔魔力をもたらした羽ばたきは、さらに砂を高く舞い上げた。噴きあがる砂が、男たちと少女を遮る。マガナックが敵の目を潰し、あるじが隙をつく。〈沙覇留〉族伝統の戦術だ。もちろん、砂の壁はすぐしずまってしまう。アリクは、マガナックの飛翔と同時に走りだしていた。 #シャハルサーガ (7)

2013-01-06 21:24:51
友野詳 @gmtomono

追っ手はラクダ騎兵が五人あまり。アリクも短弓と鞭は得意だが、勝てる気はしない。逃げの一手だ。マガナックが戻ったら、飛び乗って空へ逃げる。逃げ道はわかる。砂漠を〈沙覇留〉族以上に知る者はない。「こっちへ!」というアリクの叫びに、少女が怯えた顔でふりむいた。 #シャハルサーガ (8)

2013-01-06 21:25:04
友野詳 @gmtomono

少女の美しい顔だちが、アリクを凍りつかせた。黄金色の瞳が、驚く少年の顔を映す。そんな色の瞳を持つ人種を彼は知らない。だが恐れはなかった。美への感嘆。我に返ったアリクが動きだそうとした刹那。「賊めが!」怒声とともに、一本の矢が、少年の心臓を射抜いた。 #シャハルサーガ (9-A)

2013-01-06 21:25:16
友野詳 @gmtomono

一条の銀色をまじえた、赤銅色の髪がたなびく。美しい少女だ。突然現れた見知らぬ少年を信じていいのか。彼女は戸惑っている。だが、アリクにもう迷いはない。真っ直ぐな思いに応えて少女が手をとる、その寸前。砂の壁をつきぬけてきた戦士が、彼女を深々と切り裂いた。 #シャハルサーガ (9-B)

2013-01-06 21:25:51
友野詳 @gmtomono

最初は1~2パラグラフで分岐、と書きましたが、ちょっとせわしないので3~4パラグラフごとくらいかな、と。書くのも2~3日おきくらいにしようかと思います。次は火曜の、これより、ちょっと遅くか水曜に更新の心づもりです。 #シャハルサーガ

2013-01-06 21:26:29
友野詳 @gmtomono

前回はわりと、少女のほうがぐんぐん票を伸ばしていたのですが、今回は当初こそ主人公瀕死ががーと伸びつつ、ヒロイン瀕死も追い上げてまいりました。あと2日(もしくは3日)でどうなりますことか……。競り合うような分岐を工夫してゆきたいです。 #シャハルサーガ雑記

2013-01-06 22:12:48

友野詳 @gmtomono

とりあえず、しばらく #ゾンビサバイバル はお休み。わたしは #シャハルサーガ を楽しまないといかんのですw

2013-01-07 00:08:09
友野詳 @gmtomono

先日からはじめたツィッターで分岐ノベル企画 #シャハルサーガ のまとめを作っていただきました。http://t.co/MUOGWWYL http://t.co/dfrzqprY

2013-01-07 00:15:14
残りを読む(358)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?