2013年3月12日

130312 自民党の憲法改正案についての鼎談 第4弾 IWJ実況ツイート

記事・映像はこちら→http://iwj.co.jp/wj/open/archives/67033
1
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

1.2013年3月12日(火)13時~「自民党の憲法改正案についての鼎談 第4弾」の実況ツイートを行います。 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 12:47:18
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

2.岩上「今日は、前回の続きの25条からいきたいと思っていましたが、最近96条についての改正論議が注目を浴びている。そこで、今日は96条について話し合ってから、前回の続きに入りたいと思います」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:06:00
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

3.澤藤弁護士「自民党の改憲案は、作った人でさえ、その全部が通るとは思っていないでしょう。しかし、『ここは通す』という部分がある。それが96条です」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:12:48
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

4.澤藤弁護士「2007年から、憲法改正を行うために必要な国民投票の実施が可能になった。手続法ができた。これは、改正に向けた外堀が埋まったということ。内堀は96条の改正によって埋められる」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:16:34
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

5.梓澤弁護士「民主主義イコール多数決というイメージがある」岩上「非常に俗耳に入りやすい。しかしなぜ、2分の1ではいけないのでしょうか?」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:20:29
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

6.澤藤弁護士「現行では、両院の3分の2以上の賛成と、国民投票における過半数の賛成が必要です」梓澤弁護士「憲法は、国と国民の関係をルール付けている」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:27:02
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

7.梓澤弁護士「国と個人の関係は、象と蟻のようなものです。憲法は、様々な分野において国に制約を課している。象を押さえる鎖を外すには、過半数ではなく、圧倒的多数の賛成が必要だと思います」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:32:11
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

8.梓澤弁護士「現行憲法では、『その(国民の)過半数』となっているが、自民党案では『有効投票の』となっている。こうなると、投票率次第では、有権者の20%の賛成だけで、改正ができてしまう」#iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:37:56
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

9.岩上「生活の党の小沢一郎代表は、96条を変えてしまうと、政権が交代するたびに憲法を変えることになってしまう、と言っています」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:42:56
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

10.澤藤弁護士「96条の改正は、次の改憲へ向けた第一歩です。憲法を変えやすくすること。もちろん、変えることで良くなるところもあるでしょう。しかし、自民党の動きはそうではない」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:44:57
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

11.梓澤弁護士「前回の選挙で、自民党の改憲草案をしっかりと知った上で、自民党に投票した人はあまりいないのではないか。弁護士や新聞記者の中にも知らない人がいる」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:46:59
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

12.梓澤弁護士「どう変えようとしているのか、という中身を知った上で、96条改正を考える必要がある。マスコミの人は、次の参院選前に自民党案の中身を読んでテレビや新聞に公開してもらいたい」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:49:44
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

13.岩上「それは絶対に無理です。なぜなら、彼らは変えようとしていますから」澤藤弁護士「よく出るのはドイツの例。これまで57回の改正をしている」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:51:28
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

14.澤藤弁護士「しかし、その中身を見ますと、男女平等を確認したり、動物保護を確認したりと、憲法の進歩を見ることができる。また、根本を変えるものではなく、些末な部分を付け加えている」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:53:59
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

15.岩上「ドイツでは、議員の3分の2以上の賛成が必要です。また、国の性格をガラリと変えてしまうような憲法改正が行われているわけではない」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:55:37
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

16.澤藤弁護士「憲法というのは3本の柱があると教えられました。国民主権、人権の擁護、平和主義です。その土台として立憲主義があり、またその3本の柱の上には国民の福利がある」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:57:01
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

17.澤藤弁護士「自民党案は、この5つ全てを攻撃するものです。しかし、一度にそれはできない。そこで、最初のステップとして96条改正がある。そう考えていただきたい」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 13:59:25
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

18.岩上「では、96条の話はこのあたりで、前回の続きで、22条と29条の話に参りましょう」澤藤弁護士「22条では、経済的な強者に対して規制を緩めている」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 14:08:53
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

19.岩上「現行憲法の『公共の福祉に反しない限り』という文言が、自民党案ではなくなっていますね。これが、強者のための自由になる」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 14:11:52
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

20.澤藤弁護士「大企業に対してのメッセージの意味もある」岩上「第29条の財産権はどうでしょうか。文言が少し変えられています」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 14:14:27
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

21.澤藤弁護士「『公益及び公の秩序に適合するように』という言葉に変わっています」梓澤弁護士「この『公益及び公の秩序』という言葉は、自民党改憲案におけるキーポイントです」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 14:19:57
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

22.梓澤弁護士「この言葉によって、国・権力側が、国民の行動を制約することができる。前回議論した第21条の2項と同じです」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 14:21:18
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

中断していた「自民党の憲法改正案についての鼎談 第4弾」のツイートを再開します。#iwakamiyasumi

2013-03-12 17:49:57
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

23.岩上「少しとんで、第27条(勤労の権利及び義務等)と第28条(勤労者の団結権等)についてお願いします。27条はあまり変わっていません。28条は、公務員についての項が新設されています」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 17:54:42
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

24.澤藤弁護士「公務員をどう扱うか。2つの考え方がある。全体の奉仕者という観点から見ると、個人に着目しない。この立場を明確にとった大法廷判決が『猿払事件』です」 #iwakamiyasumi @iwakamiyasumi

2013-03-12 17:56:49
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?