ニューヨーク再訪・旅先通信と印象記

13年3月後半、ニューヨークへ2週間の旅をした。再訪とタイトルに書いたが、70年代の半ば家族とともに1年半の滞在をして以来、何度か出かけている。今度は8年ぶりの旅だった。前半は最初の滞在時に親しくなった友人宅に泊まった。NYCの東、ロングアイランド島の東寄りにある国立研究所(ここの客員研究員として滞在)から北へ、島の北海岸近くに友人の住まいはあった。後半5日はNYCに出てミッドタウンのホテルに泊まり、市の観光、ミュージカル観賞などをした。毎日書いた旅先通信と帰国後、旅の感想を断片的に書いたものをまとめてみた。
旅行 ニューヨーク
1
飯泉 仁 @aquamasa
今週末から夫婦でニューヨークへ2週間ほどの旅に出る。前半はロングアイランドの友人宅に。ここは40年前に家族4人で滞在した研究所近く。後半はマンハッタンに。春未満の時期に訪米するのは、友人に勧められたメトロポリタンオペラ・シーズンに間に合わせるため。研究所へも8年ぶりに。
飯泉 仁 @aquamasa
招いてくれている友人(同年輩の女性、ドイツ系米国人)とは、40年来の仲。ドイツの居処にも2度ほど滞在した。地域図書館で働き、オペラ鑑賞などの世話役。以前からオペラシーズンの訪米を促されていた。オバマが再選が危うかった時期に、再選なら行くと賭け、そうなったので出かける羽目に。
飯泉 仁 @aquamasa
ニューヨーク旅行のため成田空港近くのホテルまで車で来て宿泊中。ホテル内のレストランで和食と日本酒で夕食。早めに休む。明日は午前中のANA直行便てJFKへ。関東では春めいてきているが、NYあたりはまだ冬。到着日には降雪が予想されている。空港には友人が迎えに来てくれる。行ってきます。
飯泉 仁 @aquamasa
成田空港にて搭乗手続き中。米国行きの場合、スーツケースに鍵を掛けるな、との告知を聞いていたが、直行便の場合、荷物検査は成田にて行うだけなので、施錠してもよいとのこと。帰国便の米国側での検査時には開錠したまま預けることになる。
飯泉 仁 @aquamasa
春休みに入っての土曜日のせいで海外旅行者が多いようだ。出国荷物検査も出国手続きも長蛇の列。1時間かかると脅されだが、さほどでもなく、搭乗開始40分前にゲート前に到着。
飯泉 仁 @aquamasa
順調なフライトでJFKに時間前に到着。うんざりするほど厳格な入国審査の先には、友人が待っていて、しっかりとハグ。慣れ親しんだL. I. Express Way を通って北海岸に近い友人宅に落ち着いた。午後からは雪。滞在中のスケジュールはぎっしりと埋められている。時差をこなせるか。
飯泉 仁 @aquamasa
ロング・アイランド(LI)友人宅滞在二日目の朝。昨夜は早めの夕食のあと8時に寝て今朝は5時に目覚め。12時間の成田-JFK、2時間ほど仮眠。妻は一睡もせず。時差13時間を含めると昨日は40時間ほどの長い一日。着いた直後から寝るまで、様々の消息から共通の関心事まで語り明かした。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在記2日目)昨日は午後降雪。積雪には至らねど冬景色。木々に若芽見えず、春なお遠し。先週より夏時間と聞く。朝6時半、未だ昏し。勝手知りたるキッチンに降りて、珈琲を淹れんとす。(断腸亭日乗風に)
飯泉 仁 @aquamasa
私のいる場所。NY州ロング・アイランド、サフォーク郡ウエイディングリバー。 http://t.co/90WcryptXH
 拡大
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在記)好天に誘われ、近隣をドライブ。その途次に見かけたShoreham原発。約30年前に完成したが、事故時の防災計画が立たず、一度も運転しないまま、1ドルでNY州に売却されたまま、廃墟となっている。 http://t.co/uPT9hkd1at
 拡大
飯泉 仁 @aquamasa
LI滞在3日目)友人は地域の図書館でパートタイムで働いている。彼女と一緒に出勤して午前中を館内で。隣は地域の高校。かって近隣の研究所に滞在した時期に、妻はこの高校で日本料理のデモンストレーションをしたことがあった。静かな館内でwifiを繋ぎ、TLを読んで過ごすことにしよう。
飯泉 仁 @aquamasa
LI滞在3日目深夜)当地滞在時以来の友人宅に招かれて、夫人のスカンジナビア料理でおもてなしを受け、話し込んだあと帰ろうとしたらかなりの積雪。TVではNJからNY、コネチカットにかけて明朝の通勤は難儀だぞとの警告。日本では桜の開花から散るまでが早そうなのを心配しているらしいのに。
飯泉 仁 @aquamasa
LI滞在4日目)74-76年度に客員を勤め、その後も何度か短期滞在した国立研究所を8年ぶりに訪れた。研究の場であった研究炉は完全に閉鎖され、研究者たちも世代交代していた。居室、セミナー室、図書室、食堂、家族で住んだアパートはそのままの姿。ただ研究所の雰囲気には変化を感じた。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在4日目-2) 盛り沢山の一日。研究所訪問後、友人が会わせたいという老女性を訪問。画家だった夫を亡くしたあと、他人に依存せず人生をポジ・アクティブに過ごす百歳。スコッチを飲みお喋りに興じ、近くの港町のレストランで生牡蠣などシーフード料理を共に。眺望の素晴らしい邸宅に独居。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在4日目-3)さらに帰宅後、独女性監督による「ハナミ」を友人とDVDで鑑賞。日本を舞台にしたドイツ語映画ながら、心を動かされる物語と描写の斬新さに感心。もう深夜。明日は一休みの日。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在5日目)休養日。魚屋へ行き、大ぶりのアラスカ・サーモンの切り身を買い、妻がバター焼きにして夕食。魚屋のお兄ちゃん、指の本数で切り身の厚さを問う。Two and a half かと言うのをtwo にしてもらったが、太い指をした兄ちゃんの切り出したのは厚すぎて食べきれず。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在6日目)これからNYCへ。友人がオーガナイザーのメトロポリタン・オペラ観劇ツアーに参加(45人とか)。3時に図書館に集合し、チャーターバスに乗って出かけ、まず夕食会をレストランで。7時半から11時過ぎまで観劇(グノー「ファウスト」)。バスで帰ってくるのは1時を予定。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在6日目)オペラから午前1時半に帰宅。一杯飲んでリラックスしてベッドに入った現在2時15分だから、滞在7日目になっている。グノー「ファウスト」は音楽も演出も素晴らしかった。ただキリスト教的な救済物語になり過ぎているのが気になった。近くの席にドナルド・キーン教授を見かけた。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在7日目)快晴。これまで6日間で3回降雪。昨深夜も、NYCからのバスを降り、駐車場の車に乗ろうとしたら、車は雪に覆われ、がりがりに凍り付いていた。道路も。今朝、友人の息子がガールフレンドとカリフォルニアからやってきた。うちの息子たちと同世代で一緒に遊んだ仲。続く。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在7日目、続)38年ぶりに会った彼はすっかり大人になっていたが、昔の面影、振る舞いを残していた。彼も懐かしがっていろいろと話が弾む。彼はコンピューターが専門で、今は核セキュリティ分野である国立研究所で働いている。何のことはない、共通の話題に事欠かない。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在7日目、続2)今日は夕刻、知人の日本人宅を訪問して暫時歓談の後、滞在先の友人とその家族(前述の息子さんとパートナー)を私らの方が、近くのレストランに招いてお世話になったお礼の夕食をする予定。慌ただしくこの1週間も過ぎようとしており、LI滞在も終わりが近づいている。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在8日目)昨夜は滞在先の家族とビーチのレストランで夕食。金曜日はワインボトル持ち込みOK。赤と白2本をぶら下げて店へ。地元客で大賑わい。海鮮を主とする良質の食事を大いに楽しんだが、話も弾んだ。坊やだった息子が機関銃のように喋り、私も酔いに任せて応戦。妻は私の袖の引張り役。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在8日目)妻は40年ほど前にこちらで生活した頃のコイン各種を持参。先日魚屋での支払いに50セントコインを出したら、見たこともないと関心大。友人は妻の持ち金のニックル(5¢)で表インディアン、裏がバッファローのものは2千ドルの価値があると。よく調べて使うことにしよう。
飯泉 仁 @aquamasa
LI 滞在8日目)今回訪れたどの家でも、公共施設でも、大型テレビはみなSamsung。この分野では、日本は完全に負けているのを実感。それに比べると、自動車は善戦している。トヨタとホンダ。プリウスは高価で入手難と聞く。
飯泉 仁 @aquamasa
LI滞在8日目、続3)先に書いた老女の百歳誕生パーティに招待された。ロングアイランド北岸の良港ポートジェファーソン。台地が海に迫っている崖上、広間の窓からロングアイランド海峡越しにコネティカットまで望める絶景のクラブハウスでそのパーティが開かれた。
残りを読む(44)

コメント

飯泉 仁 @aquamasa 2013年4月19日
脱落部分を追加し、まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする