『21世紀のグローバル教育をデザインする』

4/20(土)、東京都IYEO主催のイベント『21世紀のグローバル教育をデザインする』の実況中継ツイートをまとめました。 ゲストスピーカーは、辰野まどかさん 【一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)】 http://j-gift.org/ 続きを読む
0
『21世紀のグローバル教育をデザインする』ワークショップ
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】今日は、東京都青年国際交流機構が主催するイベントにGiFT事務局長の辰野がゲストスピーカーとして登壇します。テーマは「21世紀のグローバル教育をデザインする」で、ワークショップを取り入れた内容。ちょこちょこつぶやきます。
手洗い・消毒・咳エチケット・センタクスキー @cestaqui81
実況ツイート RT @harinatal#GiFT_J】今日は、東京都青年国際交流機構が主催するイベントにGiFT事務局長の辰野がゲストスピーカーとして登壇します。テーマは「21世紀のグローバル教育をデザインする」で、ワークショップを取り入れた内容。ちょこちょこつぶやきます。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】というわけで、ここからスタートです。
まず始めに…
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:デザインする、という題はついているものの、今日は一緒に考えるということを主に行っていきたいと思っています。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】まずは自己紹介、ということで、これまでの内閣府の青年国際交流事業(青年国際交流機構は、内閣府の青年国際交流事業に参加した青年たちの同窓会組織です)との関わり、最近のグローバル教育との関わりについて紹介。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:いろいろやってるが、一言でいうと自分は「グローバル教育」オタク。ずっと好きで、気になっていて、関わってきた。グローバル教育の定義はシンプルにここでは「参加型」「体験型」そして「多国籍である」というもの。そんな経験をした方の前で話せるのが本当にうれしい。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:GiFTとして大切にしたいのは、ただ「海外にいく」若者、「英語ができる」若者を増やすのではなく、「人と人がどうつながっているか」ということを意識していきたい。そのために、今日の場もそれを意識してもらうような場にしたい。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:というわけで、今日は「ダイアローグ」や「ストーリーテリング」といった手法をつかって、参加者みなさんの中にある「世界とのつながり」というものを実感してもらいたいと思っている。
チェックイン
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:ということで、私が話すのはここまでにして、参加型ワークショップらしく、みなさんに体験してもらいます。まずは「チェックイン」(今の正直な気持ちや気になっていることなどをありのままに1分程度でシェアする)をしてもらいたいと思います。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:実際にどんな気持ちで来ているのか知りたいので、全体でシェアしてもらえたらうれしいです→(会場から)わくわく。まどかさんの話が聞きたくてきてる。(つづく)
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】(会場から)グローバル教育って海外だけでなく、国内での多様性にも興味があるので、そことグローバル教育との関わりについても知りたい、など。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:チェックインで、お互いのこの場にいる温度を感じてもらえたのではないか、と思う。ここからは、もう少しGiFTでの活動についてお話した上で、私のストーリーをシェアして、みなさんにもストーリーテリングしてもらいたいと思います。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】チェックインのときの様子☆みなさんそれぞれの気持ちを素直にシェアしてくださってました。 http://t.co/xlDUq5M9KN
拡大
まどか’s ストーリーテリング
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】まずは辰野自身が自分と世界のつながりストーリーをみなさんに共有 http://t.co/ZLEgf1qDhv
拡大
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:ということで、どうしてGiFTを始めたのか。。。に絡めて、私のこれまでのグローバルとのつながり、について聞いていただきたいと思います。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:17歳までは英語が大嫌いだった。中学に入った途端、周りがあまりに英語の学習を先にいっていて、反動で「日本人は日本語ができればいい!」とすら思っていたことも。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:でも、17歳のときに、スイスの国際会議に突然母のススメで参加。完全参加型の会議で、ベッドメイキングなども参加者で分担するような共同生活をしながらの国際会議での3週間。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:50カ国くらいから300人くらいが集まってる中でも、最年少で参加していた自分。いろいろなトピックについて世界の平和について話すような場だった。最後の感想をシェアするときに、「このような場はすばらしい。これからも続いてくれたらうれしい」といったら(つづく)
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:「何いってるの!あなたが続けてくんでしょ!」と怒鳴られた。ここで、「こういう平和は自分たちが作っていくものなんだ」と雷に打たれてるようなショック。ここから私の世界とのつながりが始まり、これまでのキャリアはそのような場を作れるようになるための修行のよう。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:世界とつながる体験、つながった人たちと一緒に未来を創っていく体験、というのはこれからの日本にもっと必要になっていくと思う。私はこれまでの体験を最大限に生かして、いろんな体験者が持つ価値を外に広める「広報係」になりたいと思い、GiFTのプロジェクトを開始。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#GiFT_J】たつの:大きなテーマは「70年後の地球社会へ私たちは今、何を贈ることができるだろう?」ということ。今の私たちがあるのは、今の私たちが作ったのではなく、もっと前の人たちが作ってくれた日本があるから。それじゃ、私たちはこれからの日本、世界に何をギフトできるんだ...
残りを読む(26)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?