【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

働くために働いてるんじゃない。幸せのために働いている。外国人お客様のプロジェクトより学んだこと。

日本人の働き方って何なんだろう。。そう思わされた個人的経験です。
7841view 2コメント
44
ログインして広告を非表示にする
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:25:10
飲み会から帰り中。2年前のプロジェクトのお客さんと。人生を変えたプロジェクトだった。こうしてまた呼んでくれるのは嬉しい。というか、みんな会社変わってるけどw
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:26:38
懐かしさたっぷりにだらだらつぶやいてみようかな。ひとり言です。@帰りの電車
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:28:35
外国の方が大半の会社がお客様。設立間もなくて勢いがあった。外資系企業に勤めてて恥ずかしながらも初の外国人さま案件だった。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:31:58
初めてお客さま先に行ったとき、面接された。圧迫。。お前のやる気が見えないって怒鳴られた。英語で。半分も聞き取れてなかったけど、怒ってたのは分かった。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:37:07
働き方、仕事にかける想い、何もかも違った。自分はサラリーマン。お客さまは商売人だった。毎日終電。プロジェクトのスピード感、熱意、プロジェクトの失敗は会社の失敗を意味すること。熱意溢れるベンチャ。担当したことないキャラだった。それまでのプロジェクトとは全てが違っていた。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:44:17
Make you or Break you. You fail, We fail. 対面のお客さまITリーダーによく言われた言葉。このプロジェクトでお前を上げるのか?それともダメにするのか?お前の失敗はおれたちの失敗。という意味だったのだろうか。絶対負けない、と気持ちを熱くした。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:51:02
お客さまの外人さんからも慰められた。すごいこと言われてたけど大丈夫?って。NightmareとかF**k you とか、a**holeとか。。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:53:03
結構なお言葉頂いてたと思うw でもチャレンジだと思ってたし、絶対最後にはこのお客さまと笑顔にしてにっこり握手してやるって思ってた。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 21:55:14
頑張り過ぎて、終電で寝過ごして終点まで行っちゃったり、終電乗れなくて、お客さま会社近くの漫喫泊まったりした。。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:00:08
ミーティングはいつもまとまらなくて、次のミーティングでは決定事項がすぐ覆るし、お客さまどうしで喧嘩初めて怒鳴りながら部屋を出てっちゃうこともまま。。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:04:17
お客さまのやりたいことが何なのか必死に知ろうとしてた。お客さまの業界の知識も皆無だったから本もたくさん読んだ。とにかく必死だった。。英語喋れないとか言ってる暇もなかった。とにかく何かコミュニケーションしないといけない状況。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:07:52
でも、そんなプロジェクトの真っ最中に自分の叔父が亡くなった。叔父の家がある東北まで駆けつけたかった。恐る恐る正直にお客さまリーダーに伝えたら、「今すぐ行け」って。「プロジェクトは気にするな」って。。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:09:19
自分のサラリーマン意識が壊れた瞬間。。彼ら(外国人)は何のために働いているか知っている。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:11:37
働くために働いてるんじゃない。幸せのために働いているんだ、って。世の中の幸せ。家族の幸せ。自分が幸せと思うことのために。そのために働いている。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:18:04
確かに彼ら(外国人)はいくら議論が白熱してても、やることが残っていても、時間になるとサクッと帰った。日本人の僕らはキョトンとするばかり。。こっちの負荷も増える一方。でも彼らからしたら、日本人は何を遅くまでがんばっているんだろう?やる必要あるのか?って気持ちだったろう。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:18:37
明らかに考え方は違った。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:20:25
でも、自分たち(日本人)の働き方が絶対的なものなんかでなく、単なる働き方の一つ。他の働き方もあるんだ、って気付かせてくれた。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:25:23
あんな理不尽で厳しいお客はそれまでもそれ以降もまだ出会ったことがないけど、、仕事への熱意=死ぬほどたくさん働く、と考えていた自分は考え方を改めざるを得なかった。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:26:23
ビジネスの厳しさと同時に、人としての生き方も教えてくれた。自分を変えたプロジェクト。
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:28:33
そのお客さまとプロジェクトが終わった2年後もこうやって飲みに行けることが嬉しい。もうF**k you とは言われないけどw
いちのせき @Ichinoseki 2010-04-02 22:32:06
以上、回想だらだらついーとおしまい。家の最寄り駅を降りるなう。さ、娘ちゅわーん≡3 (もう寝ちゃってるか… ^_^;)

コメント

katsyoshi@技術書典5 え37 @katsyoshi 2010-09-12 10:23:55
RT @Ichinoseki: 働くために働いてるんじゃない。幸せのために働いているんだ、って。世の中の幸せ。家族の幸せ。自分が幸せと思うことのために。そのために働いている。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする