編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

Adobe MAX 2013 - Adobe Scout: Profiling Taken to the Next Level

Adobe MAXで発表されたAdobe Scout CCの発表です。
パソコン FLASH HTML5 ActionScript JavaScript as3
1632view 0コメント
3
Shuichi Ishikawa @spacelogue
Adobe Scout: Profiling taken to the next levelを聞きます。 #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
さて次はTibault Impbert氏(ByteArray org の中の人)とGavin Peacock氏のセッションで「Adobe Scout : Profiling taken to the next level」です #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
Flashは長年ブラックボックスだったが、Scoutによってエンジニアが欲しい情報が見えるようになった。 #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
Scoutのおさらいから。未公開の新機能も紹介されるっぽい。 #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Adobe Scoutの機能ですが、Stage3Dの実行コールは一行ずつスクロールして実行結果を確認することができる #maxjp
AKABANA @akb7_jp
GPUの命令ごとに描画されるのとのこと #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Adobe Scoutの解析データはHTMLとして書き出すことができる #maxjp
AKABANA @akb7_jp
タイムラインのフレームを指定してエクスポート可能 #maxjp
AKABANA @akb7_jp
メモリを確保した場所もわかるようだ #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Scout CCにはメモリアロケーションの解析が可能になる #maxjp
AKABANA @akb7_jp
関数でどんなオブジェクトを生成したのかわかる #maxjp
AKABANA @akb7_jp
メモリを破棄したフレームもわかるようだ #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
Scout CCは、Memory Allocationの解析が可能に。Bottom-Up Functionsと、Bottom-Up Objects表示ができる。Deallocationの表示も可能。 #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Scout内でアクティビティや関数を検索することができる #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
フレームを超えて検索することができる #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
特定のアクティビティや関数を含むフレームを検索可能。 #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Scout CCではDraw Callの数もカウントされる #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
Scout CCはJune 17thから使えるようになります #maxjp
池田 泰延(勉強会用) @clockmaker_bot
「Scout to HTML5/JS」。これはいったい…!? #maxjp
AKABANA @akb7_jp
カスタムメモリViewにはメモリの種類ごとに表示される。カスタムGPUメモリでGPUのメモリの情報も表示される #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
Draw Callの数、GPUメモリも表示される。6/17リリースのScout CCから。 #maxjp
AKABANA @akb7_jp
HTML5/JSにもScoutについて。。。 #maxjp
Shuichi Ishikawa @spacelogue
HTML5/JSの解析「Connect To Browser」は、Sneak Peaksでも紹介されるみたい。 #maxjp
残りを読む(13)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする