10周年のSPコンテンツ!

芝村裕吏さんによる「創作における世界やキャラクターの作り方」

芝村さんによる「創作における世界やキャラクターの作り方。 魅力ある世界とは何か。」という質問への解答のまとめです。
ログ 芝村裕吏
48
芝村裕吏 @siva_yuri
で。次。創作における世界やキャラクターの作り方。 魅力ある世界とは何か。ですか。
芝村裕吏 @siva_yuri
世界やキャラクターの造形で最初に気にすべき点は、インパクト。次に好感度、次に意外性、最後に納得度です。
芝村裕吏 @siva_yuri
インパクトとは、見た瞬間の面白さですね。キャッチ。つかみです。 これがよくないとつらいですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
好感度というのは、好きになれるかどうかです。 嫌いな物を長く見てはいられないのです。
芝村裕吏 @siva_yuri
意外性とは、意外に普通なのね。です。 変なところじゃないですよ。そこを間違えると、駄目な世界、キャラになります。 インパクト強くて好感度高いけど、意外に普通。 重要です。
芝村裕吏 @siva_yuri
最後に納得度です。 どうしてそこがそうなったか、納得できる答えがあるといいですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
で。どうやって作るか。実は先の順番でつくるといいんですよ。やってみましょうか。
芝村裕吏 @siva_yuri
まず。世界を例にとってみましょう。 まずはインパクト。 強いインパクトの世界とはなんだろう。まあ、ビジュアルで言えば、色ですね。色を設計するのが最初の一手。
芝村裕吏 @siva_yuri
例えば今日は、白にしましょうか。 寂しいくらい墓標が延々と並んでいる世界です。雪が降っています。そこに思い詰めた顔の女の子がいます。 鼻は赤くなってもいいのに、肌は白く、目は灰色です。髪は真っ黒。白いコートを着ています。毛皮がふちにあてられています。
芝村裕吏 @siva_yuri
次に、好感度です。白い世界での好感度はどうやって稼ぐべきでしょうね。 答えは、これまた色なんです。白いの中に何の色を落とせば、いいかな。 今日の私は、赤にします。 女の子は涙がでてきてか、鼻をごしごしします。赤くなります。 かわいいけど、かわいくない。そこが、好感度。
芝村裕吏 @siva_yuri
意外に普通なのは、さっきの鼻が赤くなるところにからめるといいでしょうね。 そこは人間性の証明、普通の証明。 人形めいた顔が崩れれば、それでいいと、思います。
芝村裕吏 @siva_yuri
その上で納得度を高くする。この情景に納得する説明をつけないといけません。 この墓標達は惑星の寒冷化に対して行われた処置……実はコールドスリープの棺たちで、彼女は間違って一人、先に棺桶から出てしまいます。
芝村裕吏 @siva_yuri
ここでシゲマさんならコールドスリープをこばんで世代を重ねた人間の子孫の少年とかだすでしょう。 ボーイズミーツガールですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
で。続いて名台詞の作り方ですが。名台詞はですね。台詞ではなくて、実はシーンなんです。 読者は台詞がいいとか、いってますが、実はシーンの象徴の言葉を、ただ言ってるだけです。
芝村裕吏 @siva_yuri
ご自身で自分の好きな台詞を考えて見ましょう。実は、裏にシーン(情景)があるんじゃないですか?
芝村裕吏 @siva_yuri
逆に言うとですね。すげーださい台詞でも、シーンがうまく作れれば、それで名台詞になるんですよ。
芝村裕吏 @siva_yuri
やってみましょうか。さっきのサンプル世界観で、女の子が名台詞ぽいのをを吐きます。 シゲマタイプの少年に、村にいこうと、手を引っ張れ、泣きそうになりながら。 「私はここに残る。 明日、春が来るかもしれないから」
芝村裕吏 @siva_yuri
これは数分で出来たシーンなので、まだ深みがありませんが、このために長い積み重ねがあったりすると、刺さる台詞にまで育つでしょうね。
芝村裕吏 @siva_yuri
ということでご飯にいってきますー

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする