太宰治が中二病こじらせた黒歴史ノートが発見される

■太宰治、若き日の落書き 旧制中高での授業ノート公開 【中村真理子】作家、太宰治(1909~48)の旧制青森中学・弘前高校時代のノートや日記など22点が日本近代文学館(東京都目黒区)に寄贈され、同館が10日、全容を公開した。落書きだらけのノートには考案中のペンネームらしき名前や似顔絵などが書き散らかされており、文豪の青年時代の素顔が見えてくる。  ノートは布製の大きな信玄袋に入っていた。太宰の続きを読む■太宰治、若き日の落書き 旧制中高での授業ノート公開 【中村真理子】作家、太宰治(1909~48)の旧制青森中学・弘前高校時代のノートや日記など22点が日本近代文学館(東京都目黒区)に寄贈され、同館が10日、全容を公開した。落書きだらけのノートには考案中のペンネームらしき名前や似顔絵などが書き散らかされており、文豪の青年時代の素顔が見えてくる。  ノートは布製の大きな信玄袋に入っていた。太宰の死後、兄の故津島文治氏から歌人の故横山武夫氏に譲られ、横山家で保存されていた。ノートの存在は研究者の間で知られていたが、全容が公開されるのは初めて。同時期の別のノート2点は青森県の弘前大学で公開されている。  「地鉱」と書かれた高校1年のノート。前半は講義の内容がまじめに書き取ってあるが、途中からは落書きだらけに。あるページでは、左下に「芥川龍之介」という名前ばかりが10回近く殴り書きされている。芥川が自殺したのは1927年7月。この年、太宰は高校1年だった。安藤宏・東大教授(日本近代文学)は「太宰は芥川の死に影響を受けたといわれてきたが、これが具体的な裏付けになるかもしれない」という。  同じページの右上には「津島麟」「小川麟一郎」という名前も見え、ペンネームを考えていたのではないか、とみられる。同じノートには、太宰が高校2年で創刊した同人誌「細胞文芸」の表紙や目次の案も書かれていた。資料の精査はこれからで、安藤教授は「デビュー前は資料が少なく、わからないことが多い。ちょっとした落書きからも文学観や人生観がわかるのではないか」と言う。  文学館は画像データベースを作成。今秋にも一部を一般公開する考えだ。 http://digital.asahi.com/articles/TKY201305100535.html ■太宰治 ノートの余白に「芥川」連ねる 5月10日 19時20分 「走れメロス」や「人間失格」などの作品で根強いファンを持つ作家の太宰治が、中学校と高校で使っていたノートなどが東京の文学館に寄贈されました。 ノートには似顔絵やメモ書きがあり、専門家は太宰が文学を志すまでの少年時代を知る貴重な資料だとしています。 寄贈されたのは、太宰治が中学校と高校で使っていたノートや日記など22点です。 太宰の兄で、衆議院議員だった津島文治さんからこれらを受け取った知人の遺族が、東京・目黒区の日本近代文学館に寄贈しました。このうち、高校1年生のときに使っていたとみられるノートには、地学と思われる授業の内容のほかに、みずからが主宰した同人雑誌の表紙のデザイン画や似顔絵、それに目次の案が書かれています。また、太宰は、芥川龍之介に傾倒していたと言われていますが、ノートの余白に芥川の名前を書き連ねた落書きも見られます。 これらのノートは、これまで部分的には公開されていましたが、日本近代文学館では、未公開のものを含めこの秋にも一般に公開したいとしています。 日本の近代文学に詳しい東京大学の安藤宏教授は「少年時代の太宰は芥川龍之介やマルクス主義の影響を受けていたと言われるが、作家になる前の資料は少なかった。太宰が文学を志すまでの少年時代を知る貴重な資料だ」としています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014495191000.html
太宰治 旧制青森中学 日本近代文学館
kirikami 44643view 28コメント
94
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「アイドル」に関連するカテゴリー