編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

【視点】日本と欧米の間では「二次創作」と「二次著作」がごちゃ混ぜになっている

fan fiction 「ファン創作」←アマゾンはこれ derivative works 「二次著作物」(※) フェアユースに基くリミックス文化・オマージュ・パロディ・二次創作と二次著作物の間に隔たりを形成しているのは「創意工夫の有無」そしてその創意工夫がもたらす「独自作品性」という概念 ※まとめ主が確認した限りでは、Cthulhu 神話についてはshared univerce という表現もどちらも該当するようです。
マンガ 二次創作 パロディ オマージュ
20370view 17コメント
148
ログインして広告を非表示にする

Announcing Kindle Worlds
Get ready for Kindle Worlds, a place for you to publish fan fiction inspired by popular books, shows, movies, comics, music, and games. With Kindle Worlds, you can write new stories based on featured Worlds, engage an audience of readers, and earn royalties.


日本の記事
アマゾン、二次創作を公認販売する Kindle Worlds を開始。作者と原作者に支払い - Engadget Japanese http://engt.co/Z7CwJF

Amazon、2次創作を“公認販売”できる「Kindle Worlds」発表 権利者と2次創作作家に収益分配 - ITmedia ニュース http://bit.ly/14PrDO4

アマゾン、ファンフィクション作家向けプラットフォーム「Kindle Worlds」を発表 - CNET Japan http://bit.ly/111hhtL

兼光ダニエル真 @dankanemitsu
今日の打ち合わせの席上で出た話題ですが、キンドルワールドに関連してかなりの誤解が発生している不安がします。「オマージュ・リメイク」と「パロディ」と「二次創作」と「二次著作」は全て別々。若干重複するところはあるが、基本的にこれらは別だと考えないと危ないと思います。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
著作権ではアイディアやタイトルに対して排他的独占権を行使する事が出来ません。つまり他人の作品を酷似しない形でリメイクした場合、合法と認められる可能性が高いです。舞台を変えたり、キャラクターを変えたり、セリフ を変えた形の物語の複製再生産はまったくめずらしくありません。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
次にパロディですが、欧米の多くの国はきちんと規定されており、その規定に収まる形でのパロディは原作者の許可無しでも合法です。原則として誰がみても原作と明確に異なるのが解りやすく、原作のキャラクターや物語を引用・改変することで社会風刺や全く異なる作品性を展開するのがパロディ。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
次の二次創作ですが、他人の世界観や作品・キャラクターを拝借したり、その枠組みを押し広げた範疇で創作する行為といえると思います。日本で非常に盛んで、「二次創作」という単語が生まれました。よくfan fictionやderivative worksと翻訳されますが、かなり強引です。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
fan fictionは「ファン創作」であり、原作を知らないと成り立たない若しくは独自性が弱い作品を示唆します。クトゥルフ世界はラヴクラフト死後もかなり活発に展開しました。これは二次創作と言えますが、fan fictionかは言いにくいでしょう。少なくとも私はそう感じます。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
derivative worksですが、これは「二次創作」ではなく「二次著作物」です。二次著作物は通常、原作著作物から明確に派生した作品であり、独自性が希薄か全く無いと仮定。例:サザエさんの絵がプリントされた湯飲みは二次著作物ですが、サザエさんを萌え化したイラストは二次創作です。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
二次著作物は「創意工夫が希薄」と仮定さえることがあります。創意工夫が明確ならばそれは別個の作品としての価値があるということです。しかし逆に独自作品性が無いと仮定されているので、固有の著作権を認めていな国が沢山あります。また、原作者は二次著作物に対して色々な力を行使できます。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
このように、「オマージュ」「パロディ」「二次創作」「二次著作物」は一緒くたにしがちですが、きちんとそれぞれ別個の概念です。また、欧米では「フェアユース」という概念が可能とする「リミックス文化」「コラージュアート」があります。議論はあるものの、両方とも合法とされています。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
フェアユースとは他人の著作物の一部を引用したり、原作者の権利を損ねない範囲で流用するのを容認する事項だと形容できると思います。一つの作品から沢山引用すると「フェアユースを不正利用している」といわれても、沢山の作品から引用して独自性の強い作品を作り上げると容認されやすくなります。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
結局、フェアユースに基くリミックス文化・オマージュ・パロディ・二次創作と二次著作物の間に隔たりを形成しているのは「創意工夫の有無」そしてその創意工夫がもたらす「独自作品性」という概念だと考えています。これがあると原作から許可無くても問題無いが、でないと単なる派生物という訳です。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
気をつけないといけないのは日本と欧米の間では「二次創作」と「二次著作」がごちゃ混ぜになっていることです。これについて気をつけないと、日本はいつの間にか同人文化を放棄するようなことなりかねません。この問題についてもっと議論が必要だと思います。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
わたしは法律家では無く、飽くまでも個人的な見解を述べているだけですが、自分なりに日米の同人文化・ファンダム文化などを比較して思ったことを書き連ねました。以上、昨今の同人誌とキンドルワールドについて兼光が感じた点でした
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
https://t.co/RtOrLJxBIvでも触れたのですが、「二次著作物」なるderivative worksはかなり面倒な概念で、「二次著作物」と「二次創作」の両方が含まれている側面もあります。しかも別個の著作権を主張できるのと出来ないのとあって、線引きが不明瞭(汗
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
法曹界でもこれらの区分については日米の間で議論あるみたいですし、法廷での定義の他にも業界の慣例とかあるので、ざっくり定義しにくいのです。しかしながら「全部ごっちゃにすると痛い目にあうよ」というのが伝わればそれだけでもうれしいです。
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
『Kindle Worldsの限界』 http://t.co/MvfDtjiJvY 投稿したら最後、未来永劫アマゾンが権利を管理して、投稿した作品をもとに原作側が大ヒット作品を作っても投稿者にはびた一文も入らないとかビックリ。二次創作と二次著作について自分になりの解説付き。

コメント

@6roku3 2013-05-26 02:14:46
高度化しすぎて著作権を侵害したと判断されたドラえもん二次著作品はどうするのであろうか?あれは世界観が一致して(絵柄もなー)そして極めて独自作品性が高い良い漫画だったと思うのだが?
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013-05-26 10:58:45
ん?『クトゥルフ』関連はシェアードワールド(Shared universe)でしょ?
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013-05-26 10:59:56
ちなみにドラえもん同人誌事件が問題になったのは、現在『ドラえもん』の版権管理を行っている小学館に問い合わせが殺到したから対処せざるを得なくなっただけで、出来が良い云々は関係ない話。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013-05-26 11:01:52
公式が「藤子F不二雄先生の作品ではありません」と公表する以上、黙認するという選択肢は使えない。黙認してしまったらお墨付きを与えたに等しいからね。だから訴えるという手段を取らざるを得なかった。
silly (蓮實 智久) @sillism 2013-05-26 19:26:03
アメリカの「フェアユース」はどうやら法律的に日本で言うところの二次創作的な表現が守られているようではあるが、日本は(許される場合)「触法しない」つまり法律的に保障されているわけではないので著作権者の黙認で守られている印象。これは確かに認識にギャップが起きるかもしれない。
Yoshihiko Osada @osada 2013-05-27 13:18:49
敢えて変化球を投げてみよう。 例えば「フォント」=「字体」の場合、どう解釈されるのであろうか? そもそも「文字」=「誰もが知っている」ワケだし、「××ゴシック体」=「ゴシック体を元にデザイン」されているワケ。 つまり「二次創作物」とも言える。
mikan @anonymikan 2013-05-28 13:39:33
そもそも日本とアメリカ(など各国)で著作権法が同じではないというところはきちんとおさえておかなければいけませんね。
咲羅 @shioaji39 2013-05-28 13:53:45
SSは好きだけど、お金払ってまで読む層がどれだけいるのか。これは流行るとは思えない
@6roku3 2013-05-28 20:53:39
tikuwa_ore あ、一応出来が良かったから・・・というのはネットで拡散され見分けつきづらい絵のレベルで小学館に問い合わせ殺到するまで。も含んでいってます。公式な対応としては出来の良さなんか関係ないとは理解しています。
TomOne@PARALLEL ACT @tomone_pact 2013-05-28 22:36:34
日本では書体に著作権は認められていません。デザイン書体ならともかく通常の明朝やゴシック体は創作性が無いと判例があります。ただしフォントはその書体を再現するための「プログラム」としてベンダーは著作権を主張しています。@osada
しゃいん @shine_sann 2013-06-01 11:08:01
二次創作と二次的著作物はイコールじゃない、というのはその通りなんですが、じゃあ二次創作同人誌は二次的著作物に当たらないかと言えば、多くのものは当たってしまうように思います。少なくとも、裁判になったら「当たる」と判断されてしまうと思います。
しゃいん @shine_sann 2013-06-01 11:08:11
なので、私からは「二次創作と二次的著作物は別物、で止まってしまうと痛い目にあうよ」ということをお伝えしておきたいです。
しゃいん @shine_sann 2013-06-01 11:08:22
二次的著作物か否かは「原著作物の表現の本質的特徴が感得できるか」で判断されます。この基準は正直裁判官しだいの所がありますが、漫画同士の場合、パッと見で明らかに架空キャラの絵づらと名前が同じだとその時点でかなり厳しいです。一応、ストーリー等で粘ることはできますが。
しゃいん @shine_sann 2013-06-01 11:09:24
二次的著作物でないということになれば、(商標登録などの問題を措けば)同人誌だけでなく商業誌でもなんでも可能だということに御留意下さい。例えば、ルフィ・サンジ・ゾロ・ナミ・チョッパーをそのまま使った別の漫画がサンデーやマガジンで始まった場合を想像してみて下さい。
しゃいん @shine_sann 2013-06-01 11:09:38
そうすると、イチかバチか裁判で戦って勝つことに賭けるよりは、原作者の許諾を得やすい環境を整える方向で努力した方がいいように思うのです。もともと原作を好きでやっているのであって、原作者側と喧嘩するのは本意ではないわけですから。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする