10周年のSPコンテンツ!
53
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
よし始めるか。投下後速やかに就寝!
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
武器使用基準とイラク特措法に関する幾つかの考察 ドーモ、皆さん。フクアカです。 また例によって例のごとく、篠山半太@SHINOYAMA_Hanta先生絡みの長文です。
前置き
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
具体的な内容としましては、先生の著作「君が衛生兵で歩兵が俺で」内、イラク派遣中の小隊が武装勢力に攻撃を受ける部分で描写されている「部隊行動基準」の取り扱いについての検証、
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
作中でその小隊を率いていた小隊長「繭川2等陸尉」に対する、兵卒としての私の評価、の2本でございます。 当初は後段を作る予定は無かったのですが、繰り返し読んでいる内に前段とは別の違和感を感じるようになり、とうとう1本書き上げてしまいました。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
では、そもそも何故今更、彼の本を掘り返すような事を始めたのか、から話を始めましょう。
そもそものお話
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
先日、仕事の関係で知っておくべき法令教育を受けました。その中で「部隊行動基準」「武器使用規定」「国際連合平和維持活動等における協力に関する法律」等の項目に触れる機会があったのですが、服務小六法のページを繰りながらふと「君が〜」の中にそんな記述があったのを思い出してしまいました。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
記憶が新しい内に、と課業後に小六法と当該物件を照らし合わせてみたところ、作中の法律解釈にとんでもない違和感を覚えました。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
「君が〜」を読まれていない方向けに、まず場の設定を軽く解説します。 平成17年8月17日、イラク サマーワ近郊にて、繭川巴2尉(当時)が指揮官を務める1個小隊の車列が武装勢力の設置した地雷に触雷、直後より武装勢力による激しい銃撃を受けます。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
この時自衛隊は『部隊行動基準』により反撃能力を削がれており、武器使用は威嚇射撃のみとされています。しかし繭川2尉は車輌から下車している部下に「以前から決めていた」命令を発します。 「小銃班射手、目標は敵散兵!射撃用意!」
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
しかしここで車輌に同乗していた防衛事務官の後藤田正義がその指示を職権により取り消します。 「待て、指揮車の後藤田事務官だ!職権で今の命令を撤回する!…繭川2尉、部隊行動基準で本小隊に認められているのは、威嚇射撃だけだ。指揮所の許可を待て!!」
はんがー@横鎮霧島提督 @signal_army81
@ATOR86 補足:通常、規則や命令で明示されていない場合は事務官が命令を取り消すことは出来ません。命令系統がことなるからです。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
そして指揮所に無線を繋ぎ、指揮所に「戦闘事案」が発生している旨を告げ、指示を仰ぎますが、指揮所からの返答は 「現在対応を協議中。現時点での要撃は許可できない。全力で現状を維持せよ」 というもの。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
そうしている間にも部下は1人、また1人と敵弾に倒れてゆき、繭川2尉は腹を括ります。 「小銃班、及び指揮車射手、目標同じ、射撃用意!安心なさい、すべての責任は私が取ります!」 「射てッ!」
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
繭川の射撃命令の直後に指揮所はイラク特措法に基づく要撃を許可し、タッチの差で繭川の基準違反は無かった事になる…というのが問題の事件です。 さて、ここで私が疑問に感じたのは3点。
疑問点
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
1.イラク特措法に武器使用の規定があるが、部隊行動基準がこれを制限し、武器使用を威嚇射撃のみに留めるという事は実際あり得るのか?
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
2.またそれらの基準は隊員の身体、生命に切迫した危険が存在し、武器使用によってのみ回避されるという局面でも有効か?
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
3.前述の前提において戦闘状況に突入した際、交戦するか否かの決定を後方の指揮所に確認するという事はあり得るのか?
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
私が教育で学んだ状況対処は、確かに「これマジで守るの?」と言いたくなるような決まり事がいくつか存在しますが、それでもここまで徹底的に現場の人間の身体、生命の安全をないがしろにするような内容ではありませんでした。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
交戦規定で縛られる事を「手を縛って戦場に放り込まれる」と表現する事がありますが、これでは手を縛るどころか簀巻きにされて戦場に転がされてるようなもんです。
副赤@沖縄ぱんあ出ました @ATOR86
そんな訳で我が中隊の幹部にタバコ吸いがてら質問をしてみました。 結果、雑談の域を超える興味深い話を聞く事ができ、また同じ質問を自衛官であるSIGNAL_ARMYさんにもしたところ、氏からも大変詳細な解説を頂き、その内容についても中隊の幹部の法解釈と概ね同じラインを辿っていました。
残りを読む(60)

コメント

紅蓮の猫 @lotusredcat 2013年5月27日
まとめを更新しました。
かんてつ64mm@C97 3日目西き25a @kantetu64mm 2013年5月27日
正直に言うと、事務官ごときの横槍で反撃を躊躇して小隊を窮地に追いやった繭川に付いていこうとは思わない。それまで信頼されてた人が訓練とは言え躊躇して小隊を全滅させたことがあるが、もうそうなるとダメだね、それが実戦ならどうでしょうか?
はんがー@横鎮霧島提督 @signal_army81 2013年5月27日
補足:自衛隊が行動する場合、だいたいポジティブリスト形式で作られているのでかなりのハンデ戦になります。外国の軍隊はネガティブリスト形式なので最低限を守る以外は無双状態みたいなもんです。(;´∀`)
小野仁 @yukikazemaru 2013年5月27日
法学部出身で、司法試験にものすごい若さで合格したんじゃなかったっけ?
T.U.Yang @tadatsome3 2013年5月27日
原作読んでないので纏めの範疇で解釈すると、最初の触雷はともかく(加害者が不明瞭)、そのあとの銃撃戦以降は各隊員が正当防衛を根拠に射撃を実施する相手に向けて危害射撃を行うことは可能(上官や司令部の許可は不要)。問題なのは、その危害射撃の結果に対する責任は上司の2尉ではなく射撃する隊員が負うこと(命令による正当防衛という概念は存在しない)。
T.U.Yang @tadatsome3 2013年5月27日
(承前) よって問題なのは、上司の命により隊員が危害射撃を行いそれが過剰防衛と判断された場合に、刑事責任を負うのは第一に撃った隊員で、上司は教唆か共犯止まりなこと(共犯なら刑は同等だが)。これが「国の交戦権は、これを認めない(憲法9条2項後段)」の効果。連投失礼しました。
篠山半太 @SHINOYAMA_Hanta 2013年5月27日
考察お疲れ様です。本件については、「機動警察パトレイバー2 the Movie」をご覧になると私の意図が分かると思います。また、そもそも「原文が」特措法/ROEともに作中では違うので(事務官の職権もです)、解釈のレベルではありません。
篠山半太 @SHINOYAMA_Hanta 2013年5月27日
「現実の法制とは一切関係ない」むね冒頭に明記してありますが、実は防衛省設置法・イラク特措法・ROEあたりの「原文」が現実と異なります(実際の大臣はあそこまで人事に介入できません)。憲法九条のことと錯覚する方が多いですが、「法制のフィクション」は実はそっちです。
篠山半太 @SHINOYAMA_Hanta 2013年5月27日
なお紅蓮の猫様あてに、「もし全ての法規が現実世界と同じであれば、襲撃を受けた時点でイラク特措法に基づき現場判断で正当防衛の反撃は可能」との見解は昨年12/21付けで示しておりますので、転記させて頂きます。
紅蓮の猫 @lotusredcat 2013年5月27日
なんで作者が解説してるんだろう...
紅蓮の猫 @lotusredcat 2013年5月27日
SHINOYAMA_Hanta その解説が、副赤さんの考察のかなりの部分を補強、あるいは追認してるのはとても面白かったです。ありがとうございました。
かんてつ64mm@C97 3日目西き25a @kantetu64mm 2013年5月27日
パト2のパクリってことでいいのかしら?
篠山半太 @SHINOYAMA_Hanta 2013年5月27日
@kantetu64mm かんてつ様 お久しぶりです。いつぞやは無礼な口をききまして、お許し願いたく存じます。「パクリ」と「影響を受けた」の判断は極めて曖昧かつ繊細なものでして……私は後者と認識しております、とだけ申し上げます。
せの字@TeslaGirls @seta1128 2013年5月28日
昨年から重々申し上げてますが…パト2のパクり過ぎでそのシーンとても読んでられませんでした。一番重要なシーンがパクリって…。
せの字@TeslaGirls @seta1128 2013年5月28日
パクりならパクリで、パクり元を超える(迫る)レベルを目指すなら、まだエンターテイメント作品として救いはあったかもしれないけど、実際のアレがアレで、著作者が言い訳して歩いてるようじゃなぁ…。
神楽坂柚@FANTIAとBOOTHでキャラモデル売るマン @k1468 2013年5月28日
せんせー追加パッチお疲れ様です(ノ゚∀゚)ノ
神楽坂柚@FANTIAとBOOTHでキャラモデル売るマン @k1468 2013年5月28日
エヴァみたいに考察・検証する人がいっぱい出て話題になるといいですね
🇲🇰K.A.E.l.U.🇲🇰 @kaelu_only 2013年5月28日
作品についての重要な部分へのツッコミに「パトⅡ見てください」ってじゃあ最初からこんなん読まないでパトⅡだけ見ますよ
AkizukiDD@ボドゲ垢(旧菅原) @saitama_game 2013年5月28日
事務官がシビリアンコントロールの象徴のように書かれるは釈然としないわ。事務官等は軍属に分類されるものでむしろコントロールを受けなければならない存在なわけで
AkizukiDD@ボドゲ垢(旧菅原) @saitama_game 2013年5月28日
あと「パト2を見てください」ってのはクリエイターでは底辺の人間が言う言葉です。そもそも読者に対して労力を要求するのは小説家の言う言葉ではない
たうーろす @tau_rosu 2013年5月28日
考察した結果 どんどん糞であるということが発覚していくうえに 話題になっても 版権引き上げてるから再販は無いんだよなぁ
たうーろす @tau_rosu 2013年5月28日
攻殻機動隊の影響を受けたハリウッド映画はマトリックス  パト2の影響を受けた映画踊る大捜査線    どちらもそうですが「完全に元作品と同じシーンがあり 元作品で理由が説明されてるから元作品を見て」などという 説明放棄は行われず その作品独自のシナリオによるその作品独自の理由が存在します  しかしパンダ先生は「なんでこのシーンがこうなったかはパトレイバー2と一緒だからパトレイバー2見ろ」という酷いありさま
たうーろす @tau_rosu 2013年5月28日
まぁそれはそれとして「パトⅡの影響を受けました」って世代の作品がゴロゴロと世の中に輩出され 大ヒット作品も輩出された現代において 「パトⅡの影響を受けました」ってのはなんのセールスポイントにもなってないということご理解頂きたい
Roubaix@ダ!ダ!脱社畜! @Rube_specialize 2013年5月28日
「影響を受けた」といえるのはせいぜい「踊る大捜査線シリーズ」ぐらいまでのレベルかと。ストーリーの根幹にあたる部分を丸々持ってくるのは、「パクリ」以外の何物でもないと思います。
|日0☆TK @kyuumaruTK 2013年5月28日
こいつぜってぇ予備自補かなんかだろ・・・・
Hiroyuki Ohashi @Gross_1610 2013年5月28日
既出ですが、“本件については、「機動警察パトレイバー2 the Movie」をご覧になると私の意図が分かると思います。”でしたら本作に漏れ無く添付してくれないと困ります。がでがで買うとオマケで付いてくるんですね?
星五85体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2013年6月17日
そして現在すべての経歴が嘘であることが判明しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする