☆同時多発ツイート連詩【やさしい雨 完全版】#pw雨組

☆同時多発ツイート連詩・雨組【やさしい雨】まとめました。ご覧いただければ幸いです。 ★六月というのに雨が降らないので、雨乞い連詩としました。 ことばの雨をたくさん降らせてくださって、ありがとうございます。やがて空にも届くことでしょう。雨のときは雨が降って、泣きたいときは泣くのが、自然にやさしいんだね。とか♪ 続きを読む
ファッション ツイッター連詩 ツイート詩 ツイッター詩
8
かとう たか @taka423kato
雨の日のシャツは いつもより煙草の匂いがする 雨の日の花屋は いつもより涼やかな香りがする 雨の日に届く手紙は 遠い部屋の匂いがして 眼を閉じると雨は 音の数を増す 溶け出したインクからは 海の香りがして 六月三日はいつも 君のことを考える (やさしい雨) #pw雨組
*春森しゆう* @junju_usako
雨に君の香りが沸き立つ どこか懐かしい感傷 雨のドライブはなぜか君が近くて フロントガラスの模様もきれい 少し歪む景色に ことば少なになるけれど 満たされていく時間 雨に走っていく (やさしい雨) #pw雨組
あきこ@順風 @acico55
最初の一滴に憧れていた 雲を飛びだし 切り裂いて 突き抜けて まだ熱い地上に落ちて乾いてしまっても かまわない この 何万回ものループで いろんなものを見たけれど 足りなかった 欲しかった そこにしかない何かを刻みつけたかった 叫ぶほどに 求めて いた (やさしい雨) #pw雨組
宮尾節子@新詩集『女に聞け』好評発売中。 @sechanco
ことばが降りて来ない。こころが道に迷ったのかもしれない。陸地の果てに、海があるように。涙の生まれる場所は、言葉の果てだろうか。うっと詰まる。わっと溢れる。空もまだ迷っているのか。ぐっとこらえているのか。もういいよ。やさしい空よ。ただの葉叢に、君を解き放て。(やさしい雨)#pw雨組
*春森しゆう* @junju_usako
渇ききった指の先から萎れていく/わたしに雨を降らせてほしい/髪から皮膚から浸透しそう/やわらかく、やさしく、ときにうちつけるかのような/言葉の雨を降らせてほしい/わたしは降らせているのかと、ふと/ねぎらいの、かんしゃの、あいの、/雨、雨、雨、よ、降れ (やさしい雨) #pw雨組
三角みづ紀 @misumimizuki
そうして やがて 浸透したわたしたちが 土にかえる 植わるようにむせかえり 気づけば朝も待てず ここにいる わたしたちが降る (やさしい雨) #pw雨組
末松 努 @dejodajo
降らせた雨は身体に溶け込み さらなる言葉が降りはじめる やがて必ず止むであろう雨に さみしげに濡れることの葉が 一人静かに雫を垂らす そのときもうふたりには 雨はいらないのだった 晴れてくる雲の隙間に言葉は吸い込まれる 涼しくなった空気に寄りかかって (やさしい雨) #pw雨組
@kaze_you
導かれる 土に還れずに迷い子になった わたしの、わたしたちの 少しの溜め息 塔の上へ、上へ わたしから生まれ落ちた憂いは やがて、甘い香りを放ち 咲き誇る 雨を追う、まなざし 懐かしさに震え 落ちた花びらはいっそうに艶を増した 雨は、やまない (やさしい雨) #pw雨組
あきこ@順風 @acico55
やがて 色があふれだし すべてを染め 私はまたあてを探し 汚れていく 還っていく その先へ流れていく さよなら 私だったもの 塔の下に在る 白くなった花びら 花の色で光る街 とおく だれかの呼吸を聞く (やさしい雨) #pw雨組
このツイートは権利者によって削除されています。
末松 努 @dejodajo
零れては溢れ出る感情に頬を濡らし きみは染みこんでいく慈雨に恋をする どうして掘り返してはいけないの 染みこんでいく慈雨は答えない 手のひらで弾き返される雨粒 もう一つの雫がその後を追う 慈しみと愛は違うのでしょうか 無言の解答は永遠にしまわれ (やさしい雨) #pw雨組
花夜 @kayanokaya
きみの香りが、落ちていく 見下げた先の、 反転世界 声は、もう、掻き消されて 言葉は、もう、届かない 脳を、覚ましていく 溺れていたのだ やっと、息が出来た 濡れた手を、伸ばして、 泣きじゃくった顔を、上げて、 きみの、瞳を、 雨粒が僕らを、繋ぐ (やさしい雨) #pw雨組
葉月野 @hadukino_tc
昨夜けっこうな降りだと感じていた。けれど、窓の外。どの屋根も乾いていた。休日の曇りの朝は、無理に起床を促さないから。この時間は自然に自分で掴んだものだ。鳥たちのさえずりは湿っている。まだ私の咽喉が潤っていない。雨は来るかな。空がキラキラする一日が始まる。(やさしい雨)#pw雨組
宮尾節子@新詩集『女に聞け』好評発売中。 @sechanco
朝の葉に、露玉が光っていた。夜がどんな悲しい話をしていったのか。スリーピング・ヴューティという青色のきれいなトルコ石。眠り姫というその名前は、じつは鉱山の名だ。あとは石屋の受け売りだが。トルコ石採りは、雨の晩がよろしいそうな。とろけた泥に石が光るのだ。(やさしい雨)#pw雨組
雪野 @you_ki_yu_ki
ぽつり、と 雨粒に反射した世界 あの日輝いていた、はずだった お、ち、る、 空からあなたの傘に投げ下ろされた 何も知らなかった透明 心地よいリズムを奏で 弾けて消えた 消えた? 目を閉じれば、ほら 「雨なんて嫌い」 そう嘯いた横顔 君が見上げた、 (やさしい雨) #pw雨組
@aoi_101_so
僕は雨だ。 淵を伝う雫として、 いつも君が傘を持っているかの心配をする ひどく。 (やさしい雨) #pw雨組
@kaze_you
痛みだと錯覚した 指先に触れた雨粒 が、染みたのは やわらかな、温度 冷たくも暖かくもない なつかしい、温み #pw雨組
@w_t_r_00
雨が降る度、想い出す 君に与えた痛み 僕のしがらみ 抱きしめ合った温もりは 梅雨のように、きっと 僕を侵して消えてしまう #pw雨組
@kaze_you
消えた炎に立ち上る 遥か、甘苦いキヲク いつまでも どこ、となく いつ、となく そしてそれは、確かなあの日 愛おしい、あの 侵されて、しまいたかった 本当はずっと (やさしい雨) #pw雨組
@w_t_r_00
君が灯した炎は 君の雨で消えた。 涙のキヲクに 僕はそっと、傘をさした。 “やさしい雨” #pw雨組
@kaze_you
やわらかな気持ちに やわらかな笑みに 知った 、 想った 、 揺れた、 あんなに、も ――イトオシイさは雨の音でした (やさしい雨) #pw雨組
@w_t_r_00
雨のなか、 癖のある足音に振り向いた 君の隣には… 揺れた想いに、焦りを感じ 何とも言えぬ、愛オシサ あぁ雨は止まない (やさしい雨) #pw雨組
@kaze_you
止まないでいて どうか 目を閉じれば 会える あの日はまだ すぐ、そこに 紫陽花の青に 深い場所から込み上げた ねぇ、どうか (やさしい雨) #pw雨組
花夜 @kayanokaya
雨音に、 想い寄せ 閉じた瞼の裏側から、 声が聞こえる 花びらから、 落ちた 一滴 ねぇ、待って (やさしい雨) #pw雨組
@w_t_r_00
雨は止む 拭った雫、染まる瞳 この痛みも、やがて消える きっと、いつか 僕も、君も、 知らないところで、微笑む 雲が晴れ、照らす太陽 渇いても、 同じ雨はもう降らない 来る年も、来る年も 君の雨を憂う 雨が、止む。 (やさしい雨) #pw雨組
残りを読む(215)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする