検索「ラッセン」(2013/06 -2013/08)

ツイートを使わせていただきました。問題ありましたら対応しますのでご連絡ください。 --- 『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」』 原田裕規=編著/執筆者=斎藤環、北澤憲昭、大野左紀子、千葉雅也、大山エンリコイサム、上田和彦、星野太、中ザワヒデキ、暮沢剛巳、土屋誠一、河原啓子、加島卓、櫻井拓、石岡良治/四六判/268頁/定価 2,200円+税/ISBN 978-4-84続きを読むツイートを使わせていただきました。問題ありましたら対応しますのでご連絡ください。 --- 『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」』 原田裕規=編著/執筆者=斎藤環、北澤憲昭、大野左紀子、千葉雅也、大山エンリコイサム、上田和彦、星野太、中ザワヒデキ、暮沢剛巳、土屋誠一、河原啓子、加島卓、櫻井拓、石岡良治/四六判/268頁/定価 2,200円+税/ISBN 978-4-8459-1314-5 6月26日発売! 癒しの「マリン・アーティスト」なのか? はたまた究極の「アウトサイダー」なのか? バブル期以後、イルカやクジラをモチーフにしたリアリスティックな絵で一世を風靡したクリスチャン・ラッセン。その人気とは裏腹に、美術界ではこれまで一度として有効な分析の機会を与えられずに黙殺されてきた。 本書では、ラッセンを日本美術の分断の一つの象徴と捉え、徹底した作品分析と、日本における受容のかたちを明らかにしていく。 ラッセンについて考えることは、日本人とアートとの関係性を見詰め直し、現代美術の課題をあぶり出すことに他ならない。美術批評をはじめ、社会学、都市論、精神分析など多彩なフィールドに立つ論者15名による、初のクリスチャン・ラッセン論。 http://www.filmart.co.jp/cat138/post_186.php --- 関連Togetter: ラッセン、ヤマガタ、ムラカミ http://togetter.com/li/523972 「ヒロヤマガタ(ラッセン)問題」について http://togetter.com/li/523981 【ヒロヤマガタ問題】 アールビバン系作家と現代日本美術 http://togetter.com/li/504439 検索「ラッセン」(2012/07-2012/09) http://togetter.com/li/349256 村上隆とラッセン・ヤマガタ 作品・作家価値と評価の構造 http://togetter.com/li/192277 --- クリスチャン・ラッセン来日展 For The Future 未来のために 東京都 新宿エルタワー 30F サンスカイルームA室 2013/07/10 ~ 2013/07/16 神奈川県 横浜新都市ホール (そごう9F) 2013/07/19 ~ 2013/07/22 宮城県 夢メッセみやぎ 会議棟 大ホール 2013/07/19 ~ 2013/07/23 大阪府 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル B2F コングレコンベンションセンター ホールA 2013/08/02 ~ 2013/08/06 http://reserve.artvivant.net/
ラッセン アート クリスチャン・ラッセン 美術 原田裕規 ヒロ・ヤマガタ
archive661 12796view 0コメント
3
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「総合」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする