2010年2月8日

第四回twitter読書会(午後部)

2月6日の読書会 課題図書サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」
3
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos: これより『キャッチャー・イン・ザ・ライ( http://bit.ly/bJNZbb )』(通称「ライ麦」)の感想を五連投します。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:12:42
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos: 『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」1。彼はインチキとそうでないものを明確に分けていますね。しかし中盤のサリーに関する回想で、「そういう付き合いをする僕もインチキなんだけど」と暗に匂わせています。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:12:50
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos:  『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」2。つまり、いろいろ批判してるホールデン自身にもインチキな部分がある。それは本人もうすうす理解している。後半に行くに従ってこの「うすうす」がだんだん濃くなるように読めます。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:12:59
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos:『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」3。後半に登場するヒロイン、フィービー。彼の目から見れば彼女こそ神聖なものである。しかし「インチキな自分」に気づくに従って自己の「フィービー像」も壊れてしまいそうになる。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:13:28
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos: 『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」5。だから彼は自分がインチキだと気づく直前になると常に話題を変えている。その徹底した拒否の姿勢が、「施設」とも「病院」とも言われている緩やかな破局につながったのでは。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:13:41
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos: 『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」4。ホールデンはそれを考えるのがイヤだったんじゃないかな。インチキな自分に気づいてしまうと、理想のフィービー像だって「インチキなヤツが作り上げた幻想」になっていまうんだから。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:13:34
ゆりいか @yuriikaramo

RT @loplos: 以上、連投終わり。TLをお騒がせしました。本作は「インチキ」の視点以外でも色々な角度から読める素晴らしい作品です。はい。→『キャッチャー・イン・ザ・ライ( http://bit.ly/bJNZbb )』(通称「ライ麦」) #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:13:47
たけやぶ焼け太郎 @tatsuaki_chaos

仕事なので忘れてたけど読書会今日だったのね…こうしてまた参加しそこねる、くやしい…。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:17:37
kei_ex @kei_ex

RT @yuriikaramo: RT @loplos: 『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」5。だから彼は自分がインチキだと気づく直前になると常に話題を変えている。その徹底した拒否の姿勢が、「施設」とも「病院」とも言われている緩やかな破局につながったのでは。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:19:20
消音 @yukitec

ホールデンがライ麦畑の崖っぷちにある人を救いたいんだ、といった矢先にアントリーニ先生に堕落の深遠に堕ちていることを指摘された場面は、なんか昔の自分のことを指摘されたようで胃がキリキリした #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:23:32
消音 @yukitec

疑問に思ったのは、なぜヒッチハイクで行こうとしたのが、西だったのかということ。戦後アメリカにとって何かの意味があるのかなーと。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:26:58
ゆりいか @yuriikaramo

RT @luigi_garden「ライ麦」とても好きで何度も読みたいはずなのに2回目以降はなぜかつらくなって読めなくなってしまう。不思議なお話です。でもキャッチャーインザライよりは好きなような気がしてそれを確かめたくてキャッチャー~を探しているのです #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:28:08
はちのすけ @hachinosuke

ああ、きっとそうだ。優しさなのか自分を守りたいのか動機が混沌としてる。たぶんその中から嘘も出てくる。 RT @sui_26: きっと他人を完全否定しないのは自分が完全否定されるのが嫌なんだろうからだな #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:30:35
消音 @yukitec

結局ホールデンの短い逃避行が、都市の中でしか行われてしか無いのが、何か閉塞感みたいな感じがした。16歳なんてそんな風な行為が外に出ているとか粋がっちゃう年齢なんだろうなー #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:37:59
消音 @yukitec

物語を語ること=ライ麦畑のおちこぼれを拾うこと、と考えると救いがあるのかな #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:42:08
sagitta @sagitta_t

舞台がニューヨークだから、東に行くと海になってしまう。外国に行くのは思いつきもしないんだろうな。あと、単純に西に行くほど田舎のイメージなんじゃ? RT @yukitec: 疑問に思ったのは、なぜヒッチハイクで行こうとしたのが、西だったのかということ。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:44:22
sagitta @sagitta_t

自分のことを言われているようで痛い RT @hachinosuke: ああ、きっとそうだ。優しさなのか自分を守りたいのか動機が混沌としてる。たぶんその中から嘘も出てくる。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:45:42
仲良居 藤翠 @nakaraitohsui

RT @yuriikaramo: RT @loplos: 『ライ麦』ホールデンの言う「インチキ」5。だから彼は自分がインチキだと気づく直前になると常に話題を変えている。その徹底した拒否の姿勢が、「施設」とも「病院」とも言われている緩やかな破局につながったのでは。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:49:44
ゆりいか @yuriikaramo

RT @kuzira8: 本人曰く『オブ・ザ・ベースボール』は流して書いた、らしいですけどね。すごく分かり易い『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の現代風パロディー。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:53:40
ゆりいか @yuriikaramo

RT @kuzira8: タイトルは『バッター・イン・ザ・ライ・オブ・ザ・ベースボール』を縮めたものらしい。あの退屈さ、陳腐なカタストロフは今の最前線を揶揄してる風にも… #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:53:48
リグ @rigyaku

ローラースケート、電話、学校のアルバム。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:58:52
ゆりいか @yuriikaramo

しましたRT @kuzira8: ゆりたんにRTされた> <;  #tw_dokusyokai

2010-02-06 12:58:56
玉川圭 @k_tamagawa

RT @dokusyokai_bot: 【Twitter読書会】Twitter読書会開催中!Twitter読書会参加者の方はぜひフォローを、もしフォローしていただいている方はRTをお願いします! http://bit.ly/bjO8qA #tw_dokusyokai

2010-02-06 13:30:52
@yakatachi

ホールデンが直接口に出して「好き」と言った具体的なものはアリーだけ。あとは尼さん達がやってたことだったり、ジェームズ・キャロルのことだったり、たまにちらっと見えるなんでもないような行為や、仕草だったりする。 #tw_dokusyokai

2010-02-06 13:37:39
しゃすぱ @supersuper1090

最初の数ページでホールデンに共感できないと感じて、読み進むうちに自省しないホールデンを軽蔑して、なんとかホールデンの感覚を理解しようと自分の高校時代と重ね合わせようとするも、全く重なり合うところがなくて、読み終えても主人公に対する愛おしさが生まれない #tw_dokusyokai

2010-02-06 13:39:33
残りを読む(214)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?