リスク管理の出来ない会社のためにかけがえのない人生が消費されるのが美徳という価値観について

ちょっと思ってツイートしてました
25
不二式@生き急がない @Fujishiki

よくよく考えるとドラマとかでよくある、妻の出産に立ち合おうとしてたのに、急な仕事が入って立ち会えなくなるっての、「家族を食べさせるため」とか理由は付けるけど、結局「会社の急な仕事が、その子が生まれて来る所を見られる、ただ一度のチャンスより優先」って価値観で本当に仕事優先社会だな

2013-06-22 14:10:42
不二式@生き急がない @Fujishiki

そもそもああいう、子供の晴れ舞台へ出席しようとする親とか、妻の出産に立ち合おうとしてた親とかを、急な仕事で邪魔しちゃう上司とか、普通に考えて情とかそういうのが欠けてる気はする。一人が抜けると立ち行かないってんなら、それは会社側のリスク管理が出来てないんじゃねーか。

2013-06-22 14:13:26
不二式@生き急がない @Fujishiki

要は社会全体が「あらゆる物事より仕事が優先」って価値観に染められてて、子供の晴れ舞台とか、妻の出産に立ち会えることの希少性や、家族に寄り添うということより、仕事を優先する方が美徳って価値観があるわけだ。長い時間かけて労働者の幸せより、労働を優先するのが大事ってのが刷り込まれたのか

2013-06-22 14:17:29
不二式@生き急がない @Fujishiki

一人が努力して有給を使って休み、急な仕事だのという電話にも出ず、子供のお遊戯会に何が何でも出席しようとしても、会社側の社員はそれを「迷惑な奴」と考えると。要は人の人生より仕事が優先されて当然、ってのが日本全体の価値観だから、誰かが努力しても不理解に終わる。

2013-06-22 14:21:16
不二式@生き急がない @Fujishiki

本来会社ってのは誰かが病とかで欠けても、問題ないようにリスク管理するのが大事で、そのリスク管理が出来てない会社の不備で、会社員の人生が仕事に消費されるってのが、美徳ってされるけども例えば子供にとっては親はたった一人の親で、親がピアノの発表会に来てくれないのは、やっぱり寂しいわけ

2013-06-22 14:27:30
ろりえさんと他100人のフォロワー @Love_FraMari

@Fujishiki 競争原理至上主義ですからねー... いわばシャトルラン状態なんですかね?常に全力で走っていなければいけないっていう

2013-06-22 14:34:45
不二式@生き急がない @Fujishiki

@Love_LemiFra 全力で走らされた一人が壊れても、会社や社会は回るけど、その一人とその家庭は壊れたままという…

2013-06-22 14:37:54
ろりえさんと他100人のフォロワー @Love_FraMari

@Fujishiki そうなんですよねー.だからルールに組み込まなきゃいけないのかもしれないですね

2013-06-22 14:38:53
不二式@生き急がない @Fujishiki

@Love_LemiFra 問題はそのルールを無視する会社の、チェック機構が動いてなくて、ブラック会社によって、ようやく社会が回ってる現実を「仕方ない。これを受け入れられない奴は何も分かってない」ってなってて。そもそもそれって破綻してるんじゃないかなとか。

2013-06-22 14:41:51
不二式@生き急がない @Fujishiki

そもそも会社自体はいくつもあって、会社で働く従業員も何人もいるとしても親や子供や妻や兄弟や、その他大切な人って世界に一人ずつで、そんな彼らと関われる自分も世界に一人きりだよね。なのにその一人きりの人生が、バックアップの効くはずの会社に消費される、それが美徳ってのは一種の狂気だよ

2013-06-22 14:31:58
不二式@生き急がない @Fujishiki

そういや親にとっての社会の広さと、子供にとっての社会の広さの違いを見ると、子供が構ってもらえずグレる原因がわかるかも例えば大人にとっては、会社とか昔の友達とか店員とか、直接会話しなくとも色々な相手と関わってる。幼い子供にとっての社会とは親しかいない

2013-06-22 14:46:48
不二式@生き急がない @Fujishiki

子供はすごく狭い世界で生きてるんだよな。だから学校でいじめられて、家庭でも辛さがわかってもらえないと、世界の広さが学校と家庭しかないために、世界に救いがないと思い込み、絶望して自殺してしまうこともある親にとっての子供より、子供にとっての親の存在は、世界の構成要素の割合が多いんだ

2013-06-22 14:51:02
不二式@生き急がない @Fujishiki

心理的な世界の広さってのはあれだ。深く愛し合っていた恋人をなくして、それで悲嘆に暮れて死んでしまうような。要はその人の世界の重要な構成要素として、恋人がいたために、恋人がいなくなったことで絶望してしまう子供にとっての親も、子供の世界の構成要素としては、とても大きいんだ。

2013-06-22 14:54:03
不二式@生き急がない @Fujishiki

複数の者と浮気している恋人と、その恋人を愛する一途な者とでは、心理的な世界での恋人の存在の大きさが違うこれが悲劇を産むわけだな浮気しまくる恋人にとっては、一途な恋人は浮気相手の一人かもだが、一途な恋人にとってはたった一人の恋人というね

2013-06-22 14:59:01
不二式@生き急がない @Fujishiki

話がそれたけど親にとっての子供のお遊戯会と、子供にとっての親が見てくれるお遊戯会ってのは、まるで心理的な世界での重要性が違うってこと。子供にとっては、まだ短い人生の結構な割合の時間使って練習した出し物を、親に見てもらえるってのは、とても重要なイベントなわけだな。

2013-06-22 15:04:48
不二式@生き急がない @Fujishiki

子供にとってのお遊戯会とかの、イベントの重要性を親に説明するなら、人格形成まっただ中の子供だから、仕事が大事なんて価値観もないし、そりゃあ自分に努力させるが見てはくれない親には、不信感を抱くきっかけになるし、人格が歪む原因になり得るってことだな

2013-06-22 15:10:08
森崎かな @mkanata

@Fujishiki うちは逆に、子が親の働いているところを見せたほうがいいと思うんですよね確かに子の知っている世界はとても狭いけど、いつかは広い世界に出なきゃいけない。親の背中を見てどう思うかはまた別とは思いますけどね。

2013-06-22 15:23:04
不二式@生き急がない @Fujishiki

@mkanata そうですね。日本の場合はそれがいいのかもなとか。自分の話していたのは、「日本社会全体が人生より仕事を優先するのが美徳と考えている」ってことの異常さみたいな話ですね。実際にその社会で生きる親子としては、仕事を見せて子供に理解させた方がいいのだろうとは

2013-06-22 15:25:22
森崎かな @mkanata

@Fujishiki 会社が異常な理由は社会が異常であり、また社会が異常なのは各家庭が異常だから、とも思います全てが繋がっており、どこが一部分を直そうとしても周りがそうさせないんですよね

2013-06-22 15:29:00
不二式@生き急がない @Fujishiki

@mkanata ですね。どこかの労働者が仕事より家庭優先でも、むしろそっちのが社会に順応している側からは迷惑に見えるわけで。

2013-06-22 15:48:19
森崎かな @mkanata

@Fujishiki コンビニには休みがない(会社→労働者の問題)。職場自体に休みがない故、不定期な休日で不都合が起きる(労働者→家庭)不都合な休みゆえ、不都合な時間にやっているお店に行かざるを得ない(家庭→会社) ちょっとたとえ悪いかもですけど、以下無限ループ…

2013-06-22 16:06:56
不二式@生き急がない @Fujishiki

@mkanata ですねえ。まさに悪循環。しかも「消費者=労働者」というのを無視して、会社側が「とりあえず自社が今だけは儲かればいい」と思っているから、日本人労働者の雇用や賃金を減らしまくり、結果消費も冷え込んで物が売れない、と。かといって海外に売れているわけでもないわけで

2013-06-22 16:11:43

コメント

magius@MLPS @magius776 2013年6月22日
出産やお遊戯会に特別な意義を見出すのはしょせん親の都合でしかなく、親の存在が『常に』絶対である子供は簡単にその事情を見抜くもんだがな。親が子供の世界は狭いなどと見放せば、それを察した子供が親に頼ることもないだろうな
0
とげとげ @togetoge10 2013年6月22日
単なる「会社(社会)が悪い病」な気がしました。そういう会社を選んだのはご本人なので、変革するなり転職するなり起業するなりすればよろしいのでは、と思います。
2
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月22日
引用許可を得て森崎さんとのリプライのやり取りを掲載しました
0
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月22日
引用許可を得てろりえさんとのリプライのやり取りを掲載しました
0
otakukato @otakukato1 2013年6月22日
まとめ主さんに同意します。これって結局力の強い一部の人間の私利私欲のせいで立場の弱い人間が食いものにされ踏みにじられてるって事なんですよねぇ
2
otakukato @otakukato1 2013年6月22日
togetogeさん、それは無責任ですよ。起業や転職が気軽に出来るのなら誰だって苦労しない。もっと労働者が保障される社会ならば自己責任の一言で一蹴できるのかもしれませんがね…
2
otakukato @otakukato1 2013年6月22日
あとテレビのニュースなんかでも毎日人が死んだり自殺しただのありますが、あれもマスコミによる国民への悪質な脅し行為ですよ。あれからは狂気しか感じません
1
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月23日
>>magius776さん 少なくとも母親は出産時に父親が仕事を優先すると、結構一生根に持つことも多いようです。子供もその事実を知ると顔が曇ることが。少なくとも自分の周りには親の存在が絶対だった子供が多かったけど、みんな別に親の事情を見抜いてるわけではなかったし、知ってたとしても自分の晴れ舞台より仕事が優先だということを、寂しく思うというのはむしろ子供として普通な気がします。子供の世界が狭いというのは見放す言葉ではありません、逆です。子供にとって親がそれだけ、大切な存在なのだということです。
0
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月23日
>>togetoge10さん 「会社(社会)が悪い病」ってのは単なるレッテル貼りですよね。この話は「僕の会社への愚痴」ではないです。タイトル通り「リスク管理の出来ない会社のためにかけがえのない人生が消費されるのが美徳という価値観について」の話です。まとめ中で既に「一人がどう考えて行動した所で全体の価値観はそうそう変わらない」という話を既にしています。飽くまでもこのまとめの目的は、「代替可能な仕事>代替不可能な人生」という図式が美徳、という考えはおかしいという、自分なりの考えをまとめたものです。
0
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月23日
>>otakukato1さん 難しいのは本来労働者側も団結して、会社側に賃金や労働条件の改善を求められるはずなんですが、この「リスク管理の出来ない会社のために、かけがえのない人生が消費されるのが美徳」という価値観が労働者側にすらあって強いのと、皆立ち向かう時間・金銭・精神・身体的余裕が無く、就職難の中で会社に見捨てられることが怖いことで、さらに「リスク管理の出来ない会社のために、かけがえのない人生が消費されるのが美徳」という価値観で、自分を納得させようとしてしまうってことですね。
0
magius@MLPS @magius776 2013年6月23日
@Fujishiki 『晴れ舞台こそ特別』という感覚が既に大人の都合なんだが(子供にとって親はいつでも特別だろ)、それより子供の反応をダシに母親の都合を語るのは悪質だろ
0
不二式@生き急がない @Fujishiki 2013年6月23日
>>magius776さん 「大人の都合=悪」といった話し方かと思いますが、子供にとって親がいつも特別だとしても、いつでも親が側に居られるわけじゃないですよね。だからこそそういった「親にも特別な子供の晴れ舞台」という大人の都合が用意され、それに出るからという理由で本来仕事を休めるのでは?だが大人の都合で用意出来るはずの「子供の晴れ舞台」等、重要なイベントすらも仕事で出て来られない、というのはそれこそさらに大人の都合なのでは?あと僕は実際に父親がいない時に産まれたと聞いて正直ショックでしたよ。
0
ぴなな(特殊ひきこもり) @piospe 2013年6月23日
代わる人がいない、出産時に立ち会えない、など仕事を何より優先する価値観や出来事は、戦後の日本社会の特徴ですね。そして、未だ不況で立ち直れない日本では仕事を最優先せざるを得ない。これは多くの日本企業が改善できずブラック企業と言われる原因です。人生と労働のバランス、今の日本は後者に偏り過ぎている。だからこそ日本は経済大国になれました。反面、これから日本はどうあっていけばいいのか?
0
ぴなな(特殊ひきこもり) @piospe 2013年6月23日
迎える超高齢社会、人口減少社会に対して、大局的に捉え、変える時期だと思います。そこで何を大切にしていく社会、文化になっていくのか、それは分かりません。子供、家庭を大切にする、大切に出来る仕組みになるよう働きかけていくことで、 @Fujishiki さんの願う「代替可能な仕事>代替不可能な人生」社会に変わっていくように思えます。
0
magius@MLPS @magius776 2013年6月23日
@Fujishiki 都合それじたいは大人も子供も持つもので、どちらも決して悪じゃないだろ。子供を利用して大人の都合を語るのが悪質というだけで、このまとめで言うなら『会社のために働く』だな
0
グルコサミン@文盲野蛮人 @442_sof 2013年6月23日
こういったお話しに「なんだただの社会が悪いって言いたいだけの甘ちゃんか」って言い出す奴が湧くあたり日本の会社主義は根深いなと思いました。
6
ぴなな(特殊ひきこもり) @piospe 2013年6月23日
すみません、訂正です。「正: @Fujishiki さんの願う「代替可能な仕事<代替不可能な人生」社会」です。補足で世界の話をしてみると「夫の立会を認めない」地域があります。仕事が理由ではないと思いますが、これも価値観の違いでしょう。  http://www.angelfire.com/wi/caretheworld/japanese/story.html
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年6月23日
会社側が「申し訳なさ」を前提にして労働者のオフを削るのはまだ分かるけど、どうもそんなケースは極めて稀に思える。「くれぐれも会社に迷惑をかけるな」を前提にしているように思える。迷惑をかける可能性が常に「労働者が会社に」の一方的であるかのような価値観。
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年6月23日
「悪いけど残業してくれない?」なら我慢する。「空気読んで残業しろよ」でも我慢する。でも意欲が湧くのは前者。意欲が著しく失われるのは後者。
0
Naoki @yosomibito 2013年6月26日
代替可能な仕事なのに、人生の節目などに代わってもらえない仕事や職責というのは、世の中にはそう多くないんですけどね。でもそうやって「俺は超大事な仕事をしてるんだ」っていう錯覚を持たせる事には経営上の著しい効果があるから、続いているわけです。
3