自衛隊における空砲の扱い

「ジャンプの表表紙から裏表紙までを余裕でブチ抜く」パワーを持っています 空砲こわい
社会学 自衛隊
14274view 0コメント
27
副赤@転職活動中 @ATOR86
中隊の宴会終わりー。若干飲みすぎた感。
副赤@転職活動中 @ATOR86
では予告通り、空包についてのお話など。 まず空包の概要について少し説明しましょう。当然ですが実包と違い、空包には弾頭が存在しません。その為射撃時の反動は実弾のそれより弱く、音もかんしゃく玉みたいな音です。大きさも耳栓が要らないくらい。
副赤@転職活動中 @ATOR86
ではこいつは音出すだけの安全なものかというとそれは間違い。銃を動作させるだけのガス圧を発生させる為、装薬は実包のそれと変わりありません。そして射撃時は銃口から発射ガスの一部が吹き出します。そのガスは「ジャンプの表表紙から裏表紙までを余裕でブチ抜く」パワーを持っています。
副赤@転職活動中 @ATOR86
という訳で、実包程ではありませんが、取扱い注意な物品です。空包についての概要はこの辺で。さて、実包と違い、空包は撃つ場所や交付の方法にそこまでの制限を受けません。演習場内であれば大抵の場所で射撃でき、ちょっと大規模な演習があればじゃらっとフル弾倉に出来る数が交付されます。
副赤@転職活動中 @ATOR86
そんな比較的お手軽な扱いの空包ですが、そこはやはり自衛隊。これも薬莢を全て回収します。そのため演習中は小銃や機関銃には必ず薬莢受けが取り付けられ、激動しても薬莢受を落とさないようになっています。
副赤@転職活動中 @ATOR86
対して米軍は薬莢を全く気にしません。空包だろうが実包だろうがバンバン薬莢をばら撒いて行きます。東富士演習場は海兵隊も訓練を行うのですが、たまにそうやって撒き散らされた薬莢を拾う事があります。
副赤@転職活動中 @ATOR86
さて、この空包、実包とは違いある程度は無くしてもいい事になっています。走り回って銃を撃つのだからなくなっても仕方ないね、といったところでしょうか。 しかしそれでも武器の管理責任者は結構派手に怒られるので、全弾回収が原則です。なくなった場合は捜索を行います。
副赤@転職活動中 @ATOR86
…ここで悪知恵の働く人はこう考えます。「米軍が撃っ散らかした空包拾ってしれっと混ぜちまえばいいんじゃね?」(僕がそう考えてました。) しかし残念。米軍と自衛隊の空包は根本的に形状が異なっているので、しれっと混ぜても一発でバレます。悪いことはできないものです。
質疑応答
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
@ATOR86 質問です! 空包を使った演習はどんな感じで行われるのでしょうか。当たったかどうかの判定ができなさそうだし、サバゲーみたいに模擬戦するわけではないですよね。>RT https://t.co/4gfsMgcdDt
副赤@転職活動中 @ATOR86
@sou_sitaku 2種類あります。1つは「補助官」と呼ばれる人たちの判定に従う方式です。戦闘状況を見て「この状況でこれだけ撃ったから何人死亡ね。」とか言って判定してくれます。
副赤@転職活動中 @ATOR86
@sou_sitaku ただ気をつけないといけないのは、この人たちたまに理不尽な死に方を付与して来ます。 僕の同期は穴の中で寝てたら補助官に起こされ、「今この掩体砲弾の直撃食らったから。あ、キミ死亡ね。」と言われ途方にくれたそうです。
副赤@転職活動中 @ATOR86
@sou_sitaku もう一つは「バトラーシステム」という装備を使った演習です。銃にレーザーの照射装置を取り付け、自分はレーザー受光部がつけられたベストを装着します。 レーザーが人に当たればその部位に応じた負傷が胸についた機器によって表示され、軽傷、重傷、死亡等を判定します。
副赤@転職活動中 @ATOR86
@sou_sitaku このシステムには空包の射撃と連動してレーザーを発射するモードがあり、空包による演習に更なるリアリティを与えてくれる訳です。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
.@ATOR86 なるほど……! 審判使ったりレーザー使ったりですか……! サバゲーマニア垂涎の状況ですね……! もっとも、演習ともなれば楽しいどころじゃないキツさになるんでしょうけど。
副赤@転職活動中 @ATOR86
@sou_sitaku 武器に色々と装備をつけなきゃいけなくなり、銃自体の重量が増すのと、身体に着ける受信機が重たくて難儀します。特に機関銃は10kgくらいまで重量が増加しちゃいます。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする