魔装機神サイバスター感想

アニバスターこと魔装機神サイバスター全26話の感想を呟く予定です。原作と異なる点が多い事に関してあれこれいう事はせず1つの作品として視聴して価値を見いだせるかどうか判断していきたいと思います。
アニメ 90年代アニメ 魔装機神サイバスター サイバスター アニバスター 行くぞ!サイフラッシュ 葦プロ 酒井あきよし 魔装機神
2
18a7 @774a16
さて、ロボットアニメ視聴感想。新装開店の第1号としてアニバスターこと魔装機神サイバスターの視聴を始めた。今日はさわりの第1話に触れてみようと思う。 http://t.co/GlrnI7IS5D
 拡大
18a7 @774a16
ちなみに原作との違いに関してはとやかく突っ込む事はしません。もうキリがないですし別物として十分楽しめるかどうかを判断しながら見てみようかと。
18a7 @774a16
さて、第1話だが感じた点はキャラクターの台詞回しはそこそこ面白かったりする点。特に一徹とケンのやりとりが良い。例を挙げると、親父も何か前祝いしてくれよと調子に乗るケンに対してつまんでいた刺身の蛸を箸で差し出して「お前はタコだよ」と言わせるような所はクスっときてしまった。
18a7 @774a16
キャラクターの台詞まわしについてはゴーショーグンやダンクーガノヴァ等の首藤さんがメインを務められた作品に近い物を感じたので、案外ダンクーガノヴァがいけるならば意外と楽しむ事が出来るのではないだろうかと。
18a7 @774a16
【サイバスターの名を騙ったバルディオス?】……作品の舞台としてはバルディオスに似ているなぁと感じた。サイバスターの世界での地球はS-1星のような状況、D.Cは環境調査局だけどガットラー率いる軍部でもあり、一徹らD.Cの行動に不信感を抱く面々はレイガン博士ら科学者グループか。
18a7 @774a16
(続きから)ケンと一徹親子に関しても、マリンとレイガン博士がそれぞれ地球再生への道が分かれてしまった親子のように感じられなくもない。父と子の確執はファースト・ガンダムに近い古典的なものがあると思うが(発作を起こしたサユリに対して仕事を優先させる一徹に憤りを覚えるケンとか)
18a7 @774a16
バルディオスとサイバスターはシリーズ構成が同じ酒井あきよしさん。冒頭から荒廃しており酸素マスクなしで外を歩けない地球の凄惨な環境を見せており、地球環境再生を名目に動くD.Cのお偉いさんには何か寓話的な物を感じる点に人の罪深さというテーマが見え隠れしそう。
18a7 @774a16
あと監修に鳥海永行さん(偶然にも劇場版バルディオスの監督)とこれまた珍しい方の名前を見る。監督のうえださんも含めてサイバスターはタツノコ系の方がメインに携わっている訳か、根本的な舞台はキャシャーンやテッカマン等タツノコハードヒーローものに近いものなのかもしれない。
18a7 @774a16
それに父と子の確執と、首藤作品っぽいキャラクターの軽妙なせりふ回しが加えられた作品というべきだろうか。
18a7 @774a16
【絵柄について】……キャラデザの伊藤岳史さんはマクロス7シリーズで一郎が最も好きな絵柄(90年代後半の千羽由利子さんっぽい感じ)を描かれていた方。リアルタイムで見た時は劇画調だなぁと思ったけど、意外とナナセやミズキとかはマクロス7の頃とあまり変わらない絵柄って気がする。
18a7 @774a16
(続きから)……女性陣ではサユリ、サフィーネ、リューネ辺りは伊藤さんが後にキャラデザを担当されてた「タクティカルロア」、「マジンカイザーSKL」の女性キャラに通じるものが。大人っぽい女性の描き方では間違いなくサイバスターがターニングポイントになった気がする。
18a7 @774a16
何処かで聞いた話だけど、劇画調で描いてくれとの依頼もあったそうな……これに関してはソース元がどこか僕も良く分からないので噂程度に留めてもらえればと……
18a7 @774a16
【サイバスターとは?】……この世界でのサイバスターはゲームの世界と比べると重厚。まるで鎧を身に纏った巨人のようにも見え、1話で地震と共に突如出現して無言のまま前進しては阻むD.CのATを無言で腕からの突風共になぎ倒す姿は”人の罪"を淘汰していくかのよう。天罰を下すと言うべきか。
18a7 @774a16
そんな訳で第1話を見た印象ではサイバスターとは荒廃した地球と人の世に突如現れて裁きを下す存在。勿論ケンが駆る事は知っているが、どのようにしてこのドラマを展開していくかに注目していこうか。名無しの見た記憶ではケンが仲間から孤立するバルディオスっぽい展開もあったようなので楽しみ。
18a7 @774a16
……とまあ、ここまでで比較的褒めているのだが、残念ながら指摘しなければいけない点もあるのでその点についても少々。
18a7 @774a16
残念ながらやはりチープな画面作りになってしまった点は否めない。1話だからか全体はキャラ描写はまだしも、メカ描写ではまるでトレースして描いたようなこんなカットも……。サイバスターのワープも特殊効果で無理やりそれっぽく見せている感じ http://t.co/do621F4c2b
 拡大
18a7 @774a16
また声優の演技に関しても明らかに棒読みな方も少なくない(特にTVアナウンサーの役が酷い)小林由美子さんや永田亮子さんあたりは後に有名になった感じはするのだが……。外面的な要素ではそこが辛い所かと。
18a7 @774a16
一方内面的な要素でも、地球が荒廃した背景とかは説明不足な点が否めない。後半の駆け付けたケンが鉢合わせに仲間のATを駆ってサイバスターにダメージを与えて退けさせる描写は、ケンの操縦が冴えない事をAパートで見せていたので違和感が生じてしまう事に。少々ご都合的な所も否めない?
18a7 @774a16
ちょっと話を戻してメカ描写。これはそういう意図なのかもしれないが、メカの動きが全体的に遅い為、飛びこんだり倒れたりするシーンとかに迫力が感じられない。これは意図的かそれとも……。
18a7 @774a16
といったところだろうか。どういう点がストーリーの軸なのか期待すべき点は見出せたが、ストーリー側に若干力不足な所が露呈する所もあり、画や演技等のクオリティに悩む事も今後ありそうな気がする。外面的な問題をなるべく耐えて長所を見出せるようになればいいと思う。
18a7 @774a16
行くぞ、サイフラッシュ!アニバスターの感想を呟こうか。
18a7 @774a16
さて今回は2、3話。話の本質に関しては決して悪い物ではないのだが、外面的なクオリティに悩まされる所は否めない。
18a7 @774a16
まぁ、クオリティに関しては作画の方は一見そこまで悪くないかと思うが、時折同じカットを平気に使いまわしたり、キャラクターの表情がぎこちなかったりと妙な違和感が見られる事も。
18a7 @774a16
それよりも中の人の演技が下手という所も厳しい。特にリューネ役の人は聞いていて苦しい物がある。
18a7 @774a16
ここで原作とアニメを比較する事となるが、原作のリューネと違っててアニメのリューネお嬢様然している自己中女になってしまっているので正直何とも言えない。これはリューネファンに気の毒な所もあるかなぁ……とはちょっと感じる。
残りを読む(263)

コメント

18a7 @774a16 2013年7月10日
第2,3話の感想を追加しました。
18a7 @774a16 2013年7月13日
第4、5話の感想を追加しました。
18a7 @774a16 2013年7月22日
第6,7話の感想を追加しました。
18a7 @774a16 2014年12月29日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2014年12月29日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2014年12月30日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2014年12月30日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2014年12月31日
熱い疾風が戦士には良く似合う、痛みを隠して起ち上がれ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする