今の中二病は「厨房+中二病」という新しい定義

ヌノンさんと中二病の話をしたところ、僕が考えていた話とは全然違う考え方で中二病の話を補完してくれたので、その話をまとめてみたいと思います。
アニメ 伊集院光 厨二 厨二病 言語論 中二病 厨房
7281view 3コメント
12
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
でこった 「最近の中二病は養殖であり、天然モノじゃない!」 http://t.co/YnerLSRs1n
@nun0nun
@tm2501 中二病って言葉で言うと、僕はどうしても、そもそも今の邪気眼的な「いわゆる中二設定」自体、それを中二病と呼ぶのはもとの伊集院定義から離れてて気に食わん!ってなります
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun 言葉の定義は変わってしまうから仕方ない部分はありますね。私も中二病が好きなだけに、改変されたあとの伊集院定義ではない別の中二病は嫌いで、遺憾です
@nun0nun
@tm2501 いま主流の、シュタゲだの中二恋だのの「中二病」は、原義の「大人ぶって斜に構えて無理に気取る」方向性ではなくて、むしろ無邪気な子供のごっこ遊びが高じたような位置だと思うんですよ。厨房くさいだけ。そこへくると中二と言わず「戦士症候群」で統一したAURAが僕は好きです。
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun 本来の中二って「子どもが大人ぶって背伸びする」方向に行くのですが、むしろその反対なんですよね…子どもっぽく振舞うことによるキャラ付けが今主流になった中二病の正体で、昔の定義を知っている人がもやもやするのは全く逆になっているからなんですよね…受ける印象が。
@nun0nun
@tm2501 ただのガキを指す「厨房」と組み合わさって、「厨二病」となってしまったのがこの言葉の不運だったんでしょうね。どちらも中学生の半端さからきた言葉ですけど、「中二病」には「ガキっぽさを極端に避ける態度」、「厨」には「まだまだ残る無自覚なガキっぽさ」への視線があって、逆。
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun ちょうど厨房でオタ教師が担任で何かあると「ネットじゃ厨房は嫌われてる」のなんのと言ってたので言いたいことはよくわかります。また、その説は聞いたことがなかったので、面白い意見だと思って聞かせていただきました。(続く)
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun 厨二病(最近の中二病)は大人の目線から見た中学生なんでしょうね…。かつての中二病は中学生の目線から世の中を見ようとした結果として子ども扱いや子どもに甘んじる立場・知性・限界に対する反抗だったが、大人にはそれが「イタイ」という感受、子供っぽさに内包されてしまった
@nun0nun
@tm2501 まあ、中二病という言葉の「共感しつつ恥ずかしさを面白がる」感じ、「心当たりがあるから本気で嘲笑はできないよね」っていう肯定的な感じは、今や「厨二病」にも受け継がれている印象なんですが、そこはどうも、今の意味になってから中途半端に先祖返りしたんじゃないかなと思います
@nun0nun
@tm2501 とにかく、元の「中二病」の、「子供っぽさを避ける子供っぽさ」とか「大人は大人ぶらないよね」っていうメタい感覚が好きな者としては、今の「オレツエーラノベみたいな、子供っぽい派手さ」みたいな意味になってるのが悔しいんですよね。無理して大人の味を食べるのが中二病だろ!
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun わさびとかカラシとか我慢して使うのが中学生(元来の中二)、ワサビやカラシがないと味気ないと感じるのが大人。今の中二病は「こどものビールで満足しちゃう」「オヤジくさいかっこうでゴロゴロする」…わさびでヒーヒーいう子がまた愛らしいが、子供ビールにその感動はないです
@nun0nun
@tm2501 ちなみに、今の意味での「中二病」の、中身そのもの、つまり突然素敵能力覚醒とか、ちょっと薄っぺらいけどとりあえずカッコいいバトルとか、それほど中身がないけど小気味いいかけあいとか、そういうものは嫌いじゃなくて、むしろわりと好きだったりします。中二病と言いたくないだけ
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501
@nun0nun 萌えについて記事を作る時もそうでしたね。明らかに萌えの中にいくつもの日本語が借りぐらししているので、非常に厄介だとは思います。分けないと自分の精神衛生上納得のいかないなこと(分別主義的または好き嫌い)が出てくるため、憤りだけは理解できるつもりです
@nun0nun
@tm2501 うーん、食べ物飲み物で言うなら元の中二病は「マンガ卒業して小説読もうとする≒無理してブラックコーヒー」であり、今の中二病は主に「マンガ的世界観にどっぷり浸かる」ときてるので、構図的には「≒砂糖入れまくりの道を追求」みたいな位置だと思います。
@nun0nun
@tm2501 あれです。最近の作品で、昔ながらの中二病を描いたものは「悪の華」だと思います。あの主人公、本の良し悪し以前に「同年代はみんなガキだけど、自分だけはこの本の良さがわかる大人」というポーズのために本読んでるようなとこがある。実際に好きでもあるんだろうけど。

ヌノンさんからの要望で参考資料を貼らせていただきます。

中二病(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/中二病
伊集院定義について詳しく載ってますので、参考にどうぞ

中二病(pixiv辞典)
http://dic.pixiv.net/a/中二病
定義が混同されてるパターン

中二病(ニコニコ百科事典)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85
定義が変化するさままで含めて最も親切に解説されている

コメント

冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年7月30日
そう言えば邪気眼とか影羅ってもとから中二病として紹介されてはいなかったか
那賀崎 @tenpatomegane 2013年7月30日
中学生の考えも時代によって変わるからその時代ごとに中2病の定義も変わってくるんじゃないのかな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする