387
只野胡椒 @Tadano_Kosho
中二病概念の歴史についてつらつら調べてみて、分かったことをこれから連投する
只野胡椒 @Tadano_Kosho
中二病という単語が初めて誕生したのは周知の通り、伊集院光のラジオ「深夜の馬鹿力」からである。これが1999年1月11日のことだ。翌週から「かかったかな?と思ったら中2病」というコーナーが始まり、リスナーから投稿されたエピソードが紹介される。このコーナーは同年3月22日まで続く。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
しかし、この伊集院光の「中2病」はそのまま人口に膾炙した訳ではなかった。コーナーの終了と共にこの語は消えていき、インターネットでも広まることはなかった。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
たとえば2ちゃんねるのスレタイで検索をかけると、2003年以前には、音楽カテゴリのHR/HM板に「中二病」というスレが2001年に1つあるだけ。しかもわずか46レスでdat落ちである。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
ハードロック・ヘヴィメタル界隈で中二病が流通していた可能性はあるが、少なくとも流行語と言うことは到底できないだろう。いったんここに断絶がある。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
次にポイントとなるのが2004年だ。2004年5月23日、はてなキーワードに「中二病」が登録される。これが中二病再興の嚆矢となった。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
登録されてから「中二病」はしばしば改訂が行われ、翌年の2005年6月5日に一応の完成となる。ここですでに高二病・大二病etcの諸概念の記述があることから、この頃はてな村でなにがしらの議論が起きたと推察されるが詳細は不明。識者求む。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
このはてなキーワードの「中二病」がインターネットにおける中二病概念をはじめに規定することとなったのだが、実はここで原義の伊集院光「中2病」から微妙に方向性の転換が行われている。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
最初はてなに「中二病」が登録された際、事例に挙げられたのが「洋楽を聞き始める・うまくもないコーヒーを飲み始める・やさぐれる」だが、これは「深夜の馬鹿力」のコーナーの投稿には存在しない。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
現在のはてなキーワード「中二病」の項目を参照するとhttp://t.co/tbVj8ygv、多数の「症例」が挙げられているが、実際にラジオで紹介された事例は9から41までだ。ラジオの投稿が列挙される以前の症例の1から8は独自に加えられたものである。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
バカドリルが中二病の初出という情報があり、そこからの事例である可能性があるが、バカドリルに中二病が掲載されているという確固たるソースが見つからなかったため、独自のものと判断する)
只野胡椒 @Tadano_Kosho
こうして、はてなで「中二病」が確立し、2ちゃんねるでも、はてなキーワードのURLを貼って中二病を紹介するスレがぽつぽつと立ちはじめる。しかし、この時期はその数も少なく、あくまで一部で流通するマイナーなタームであった。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
次は2005年10月。ここが決定的な時点である。2005年10月から突然、2ちゃんねるで中二病スレが爆発的に増加したのだ。どうもこの辺りで中二病が広まるきっかけが何か存在すると思われる。以降、順調に増加を続け、2006年初頭には完全に定着することとなった。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
この時点での中二病概念はどのようなものであったか。生活全般板に当時あった「中二病総合スレ」で挙げられていた事例を参照してみよう。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
「中二病総合スレ」では、当初は洋楽やマイナーを愛好するというサブカル系の痛い言動が主であり、アニメ漫画の類は数例あるが絶対的少数だ。これが2005年末頃になると飲酒喫煙といったいわゆるDQN的言動が増え、2006年前半には多数を占める。オタク的妄想はこの時点ではほぼ存在しない。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
そして、2006年2月12日。この日、ニュース速報板「過去の失態を告白してみんなで奇声を発するスレ」の276レス目にある歴史的な投稿がなされる。「邪気眼」である。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
このコピペの影響力は凄まじく、VIPを中心に盛んにネタにされるようになり(まとめブログの影響もあると思われるが詳細不明。識者求む)、ついに7月11日にはガイドライン板に「邪気眼のガイドライン」が成立する。このスレで2006年夏以降、邪気眼=オタク的な妄想の言動が膨大に生産される。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
たとえば有名なコピペに「影羅」があるが、これは元は2004年に同人板で書き込まれたのだが(何のスレで書き込まれたかは不明、識者求む)、当初はかわいい妹というニュアンスで消費されていたのが、2006年に遡及的に邪気眼として認識されるようになる。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
こうして大量に生まれた邪気眼エピソードが中二病概念に流入し、2006年9月頃には「中二病総合スレ」においても、邪気眼は中二病として公然と認められるようになっていた。ここに、いわゆる「中二病」概念が完成する。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
さて、邪気眼が加わった中二病であるが、その後もVIPで邪気眼ネタが何度も反復されることにより、次第に邪気眼に引っ張られるようになる。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
特に、2006年11月28日にVIPで立てられた「一番中二病っぽい小説のタイトルを書いた奴が勝ち」スレが契機となった。このスレは1000レスまで行くほど人気となり、まとめブログにも掲載されたことで、翌日から中二病ネタがVIPで反復されるようになったのである。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
そうしてニュー速VIPという場において次第に中二病と邪気眼が融合し、2007年には中二病=邪気眼の等式が成立するようになったと思われる。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
これがキャラクターの属性としての「邪気眼中二病」として現われるようになるのは、どうも2008年のようなのだが、これはまあ別の話である。詳しくは不明。
只野胡椒 @Tadano_Kosho
以上、1日潰して調べてわかった中二病の歴史のまとめ。ただ、2ちゃんねるを中心に調べたので、それ以外の所でどのように流通していたかはちょっと怪しい。
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim
.@Tadano_Kosho 「影羅」の初出がわかったぜ。同人コミケ板(現・同人板)の「もっともっと厨時代の自分を晒せpart5」の819。 http://t.co/F1e3qACt
残りを読む(10)

コメント

ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年10月7日
この説明が判り易いなあ。>「主に無知からくる子供っぽさを捨て切れないずれた背伸びとしての"中二病"」「ファンタジーにのめり込んで空想やごっこ遊びに耽る"厨二病"」
安田正 @currysita 2012年10月7日
2005年ってブログとか流行った時期ですな。自分を語るネタとして、中二病は割とメジャーなネタだったんじゃないかなーと分析してみました。
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2012年10月7日
さらにツイートを追加。このあとも随時追加していくかも。
孤独な散歩者@愛のわんこ党 @wizardrylife 2012年10月7日
なるほど。私は「自我に目覚めかけた若い者が、自分を特別視するために外から引いてきた概念を身にまとうこと」という感じで捉えてた。たとえば白樺派なんかは、典型的な中二病。
m.s @ms01087063 2012年10月7日
文化とか年齢やらそういう要素をすべて剥ぐと自身への過剰な価値の関連付けってことなんだろうね。 自分の価値を見定めるなんてカオス理論よろしくで結局ギャンブルなんだし、幼少期のそういう事例一群はただの懐かしい万華鏡に見える
みやも(大阪府) @miyamo_7 2012年10月7日
概念がなかったころで参照できそうなのは少女向け媒体とかカジュアルなオカルト消費で転生ネタが盛んだったころかな。『ぼくの地球を守って』で前世ファンタジーにあこがれて女の子ふたりの自殺騒動とかあったよね
天一号艦これACおじさん@チェキ空 @ten1gou 2012年10月7日
ほむ、興味深い。しかし「中二病」というパズワードが盛んだったのってゼロ年代前半なんですよねぇ……今はただ「アンチバトルモノ」の言葉とかとして使われるとこありますし
Simon_Sin @Simon_Sin 2012年10月7日
アシモフが講演会でこまっしゃくれた質問をしてくる子供に対して「君は12歳だね?」と訊くというハナシを書いてたね。知能と社会性がアンバランスになるのはその年齢だけ、とか
にるば @nirvanaheim 2012年10月7日
「厨房」「厨っぽい」の流れも併置できればいいですね。/同音で漢字だけでの使い分けは実際的に影響力を持てないと思います。>厨二病
我乱堂 @SagamiNoriaki 2012年10月7日
ほう。面白い。厨房指数という言葉も聞いたことがあるが、これはゼロ年代初期の方だと思う。元々厨房=ガキみたいな概念があったのが、中二病という言葉と結びついた側面もあると考えてたが…ここまでの詳細な調査もできないからなあ。素直に感服。
たかひろ @takahiro467 2012年10月7日
全ての中二病患者は厨房(中学生レベル)なのだから中二病=厨二病でいいと思うけど
karedo @susumu_karedo 2012年10月7日
前史としてゼロ年代ごろの2chにおける幼児性や攻撃的な人格を揶揄する「厨房」という言葉があったことも無視できないと思うけど、どうだろうか。
ワス @wsplus 2012年10月7日
とりあえず眼帯しとけ
account4th @account4th 2012年10月7日
このまとめで言うところの「中二病」であれ「厨二病」であれ、他人を罵倒する表現としては使うのを自重して欲しいと感じることがある。
今泉圭介 @suparobomasterK 2012年10月7日
誰しも13歳前後はある程度かかる成長過程。北欧神話と親和性たかし。スレイヤーズと銀英伝を夏休みに読破したなあ
mold @lautrea 2012年10月7日
ZEEBRAさんに読んでもらいたいまとめです。
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2012年10月7日
.@susumu_karedo 「厨房」となると起源は90年代中ごろまで遡るようなので、またたいへんです。そして、「厨房」→「厨」というニュアンスの変化(カジュアル化?)についても検証する必要がありそう。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
「宇野常寛・第二次惑星開発委員会」で検索するともうすこし2004年当時の中二病キーワードがどう変貌していったのかが分かると思うよ。(念の為に書いておくが、俺は顎外しショー、オールナイトニッポン時代からの伊集院リスナー。あと惑星開発委員会のメンバーはTBSの中二病コーナーに投稿してたはず)
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
あと個人的に2004年当時の「ねとらじ」や「したらばBBS」で熱心に「伊集院ネタの中二病」を書き込んでいたことがあり、ちょいちょい「こんな懐かしいネタあったよね」という活動はしていた。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
その後、伊集院ラジオリスナーの文脈が外れて、いわゆる「厨二病」として馬鹿にするニュアンスになった頃には、その話題に飽きてて追いかけていなかった。
ラルフ124c41+ @naijel 2012年10月7日
オタク罵倒芸としてアマチュア時代の宇野常寛=善良な市民が中二病という言葉を振り回していたはず。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
2004年に「ラジオの伊集院ファンがそのネタの面白さをもっと世間に伝えたくて、主にネットラジオや掲示板などで話題を広めていた」という現象は複数見かけられた。その時にgeocitiesにネタまとめが有ったけど網羅されていなかったので、はてなキーワードに転載を始めた。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
過去放送からのネタまとめをはてなキーワードに書いていったら、いつのまにか他の人が独自ネタを追記し始めてきた。(これははてなキーワードではよくある「編集合戦」。まぁ別にいいかなぁと放置した)
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
ラジオを聞いていたリスナーなら知ってると思うけど「これは中二病じゃなくて小二病です」と伊集院がツッコむ単なる子供らしい行動というネタも存在した。なのではてなキーワード小二病というのを作成して、その転載はそっちに書き込みしはじめた。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
「中二病に対して小二病があるんだから、逆方面として高二病もあるだろ」という発想で、はてなキーワード高二病も作られた。内容は中二病ネタをテンプレとして高校生っぽく改変したもの。基本ルールとして「中二病っぽいひねくれた行動ってあるよね。それを馬鹿にする俺ってわかってるよな」という自己言及的な皮肉をこめたものに。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
これはラジオリスナーなら分かるけど「伊集院ラジオって自虐といいつつ、クラスのつまはじきものである自分たちを皮肉屋の立場に置いてネタにしてるよね」という「自虐行為を自虐してる」というループしたネタを目的として書いた。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
2004年頃、ねとらじのとある女性DJ(かな?)が中二病を読んで、女子にありがちなあるあるネタというのをブログに書いていた。それを見た俺は「はてなキーワード:小六病」に転載して、作者に「面白いんで転載させてほしい」とコメントした。「大二病」についてはノータッチ。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
「男子は中2で中二病を発症するが、女子は成長が早いので小6に似たようなことを発症する」という発想はそのブログで書いてあったことをそのまま頂いた。
ヤスダケイイチ@偽名 @jen_nise 2012年10月7日
http://ijuinmania.blog84.fc2.com/blog-category-3.html だれも出してないので。 中二病(伊集院版)投稿集。中二病(伊集院版)は自虐ネタ系が多いのが特徴。 
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2012年10月7日
「大二病はノータッチ」だと思ってたけど、ネタ皮肉を込めたかった俺としては「高二病は中二病を馬鹿にして中二病じゃないことをする。大二病は高二病を馬鹿して反対のことをする。結果として丁寧な中二病になる」というループ構造を解説ネタにいれたことはある。
只野胡椒 @Tadano_Kosho 2012年10月7日
中二病コーナーでの惑星開発委員会メンバーの投稿は3月15日の「『サクラ大戦』や『マリーのアトリエ』をあくまで「ギャルゲーではない」とムキになって言う。ポスターは貼ってる。PN:チャーチル」ですね(確か宇野さん自身だったような……ちょっと自信ないです)。参考→http://bit.ly/VLVKC2 http://bit.ly/T9cGxH
誤ロン @dara2goron 2012年10月7日
(本気で主張していた訳じゃないんだが)リア充爆発しろ!的な話をしていたら、「中二病ぽいね」と言われて、言葉の意味が拡散しすぎていてビックリした記憶が。あごはずしショーが本当に懐かしい!
箸呂院マジチキ @kairidei 2012年10月7日
中二病(厨二病)とか言うけど、小二くらいのころに「月がなくても狼になれる!」とか言いまくってた気がする。(/ω\)ハズカシイ
箸呂院マジチキ @kairidei 2012年10月7日
リア充って言葉がよく使われるようになった代わりに、リア厨は全然見かけなくなった。
ラブライブフェスで声繋ぎ隊 @tori_555 2012年10月8日
馬鹿力リスナーで、「かかったかな?と思ったら中二病」のコーナーも大好きだったけど、この頃はまさかこんな流行り方をするとは思わなかったなあ…
原原カカリヤ @genbarakakariya 2012年10月8日
ちゃんと「電波」って言えばいいのにね。
ここのき奈緒 @kokonoki 2012年10月8日
また時間がある時に録音探してみるけど、コーヒーとか洋楽の例は投稿にはないものの伊集院氏自身が例示してたはず。検証覚え書き代わりにコメ残しておこう。
蚩尤 @tabarzin 2012年10月9日
「実際にラジオで紹介された事例は9から41まで」とありますが、症例25で出てくるモンハンは2004年発売ですよとツッコミをひとつ。
スケ番ブ~子 @WildcatBooko 2012年10月9日
「中二病」で気になるのは、その差別性は何に由来してるのか、ってことなんですよね。あと、概念とその対象が曖昧なことと、レッテル張りという性質を持つこと、さらにそのものずばり2ちゃん由来ということで「ゆとり教育」と相通じるものを感じるんですが。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2012年10月9日
「厨房」「夏厨」と呼ばれた2chスラングと、伊集院光の提唱した「中二病」が悪魔合体して現在の「厨二病」に至ったのではないか?差別的に扱われるケースは前者に由来するのかも。
WS @touyou2 2012年10月9日
邪気眼系はムーに代表される転生・オカルトベースがあることを記載して欲しい。そこ突っ込みすぎると民俗学とか文化人類学になるけど
wwitz @wwitz 2012年10月10日
中2・中二・厨二・どれに最初に触れたかで「ちゅうに」トークに齟齬が出たのも懐かしい思い出。私は邪気眼文脈で、あの人は尾崎豊文脈で語るからお互いに????してた。ネットは用例が爆発増殖するから意味が無限に広大する。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年10月10日
はてなキーワード編集履歴を見ると、最初に作ったTaiyakickさんの日記では、2004年3月27日に使用されてますね。「「中二病」概念の変遷史」
インデックス @braindex 2012年10月10日
9才の時にも危機があった。中二はクラス全員危機だった気がする。中三は受験でばらけるような。
シライム @silaim 2012年10月10日
邪気眼系厨二病が増えてるのもあると思うけど、最近のサブカル系厨二病はミサワネタとして扱われて分離したのもあるかも
神崎ユーリはここに在る @Euri_K 2012年10月10日
とりあえずミサワネタにするとカジュアル感が増す不思議
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年10月10日
時間的推移の客観性としてはこれが正しそうだけれど、その時間的推移の中でそれぞれの人が「中(厨)二病」って言葉をどう受容していったかの内的な流れの推移をみると結構差が在りそうだ。とくに「文章表現」の意味での「中二病」はある程度肯定的な昇華もし始めているし、「ファンタジーにのめり込んで空想やごっこ遊びに耽る"厨二病"」っていう定義も完全に括りづらくなっているような。
鞭輪打辱銀 @hazigin 2012年10月10日
あめぞう時代がすっかりなくなっているなぁ。
heavymetal hamster @dewcytrus 2012年10月11日
中二、厨二、邪気眼etc・・・割りと2chなんかでは使い分けられてますよね
N/u @beatmaddd 2012年10月11日
へえー。 最初の伊集院のラジオの話とか全然知らなかった。 北欧メタル等を聴いてて服とかをそういう格好になっていれば中二病かと思ってた。 皆が理解できない物理解できる俺カッコ良くね?みたいな。サブカル系の中二病だな・・・個人的にはそういった所がある人間の方が面白くて好きだけれど。 眼帯とか邪気眼とかはあまりいなかったなあ。
うにうじ @unyuji 2012年10月11日
genbarakakariya 「電波」はガチの統失とかを意味する別の概念じゃね?厨二の症状として「見える・聞こえると言い張る」「脳内幻魔大戦(ただし本人もそれを架空だと自覚はした上で耽溺している)を戦う」とかして結果的に電波っぽい言動になることはあるけど。
めしあ @meshia_1113 2012年10月13日
この言葉の怖いところは、常識で捉えれない行動をとる人をすべて「厨二病」扱いして無価値にしてしまうことだ。濫用されないよう自重すべき。
めしあ @meshia_1113 2012年10月13日
アスペルガーや発達障害でもそうだけど、標準から外れた人を病気扱いする現代の風潮をヘイトする。厨二病は無価値感を骨身に染みるほど浴びた子供の必死の抵抗だ。病気じゃねえ。
うにうじ @unyuji 2012年11月2日
meshia_1113 厨二はそういう意味での「病気」ではないと思う。「ビョーキ」とか「若い頃に罹る熱病のような物」とか「はしか」とか言われる類のもの。ガチの精神疾患としてヘイトしているのではなく、「文化系のオタ中高生あるある」って感じだと思う。高二・大二を患った状態の奴だと真っ向から否定的に言うわけだが、そこも過渡期。実際やめとけと言ったところで絶対避けては通れない通過儀礼のようなものだと思う。
な.ん.ば. @namba_1301 2019年3月25日
中二病の意味が違った時代も生きてたから本当に違和感がある。ここでいう2000年前半 むしろこういうのを嫌うのを中二病って言ってたのに
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする