昆虫写真家が教える、アブラゼミの呼び名の由来とは

耳になじんだあの鳴き声が「人によって聞こえ方はこうも違うのか」と、新たな気づきを楽しめるお話です。
自然 呼び名 虫の名前 世界文化社 昆虫写真家 森上信夫 油蝉 アブラゼミ
5184view 2コメント
12
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
コラム「昆虫写真家が教える、アブラゼミの呼び名の由来とは」【Facebook】⇒ http://t.co/FkoNUwPOCQ 【mixi】⇒ http://t.co/4iPswr3kaE
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名】昆虫の名前の由来には、多くの説があります。『虫の呼び名事典』より著者イチ押しの説をご紹介します。夏散歩のお供にどうぞ。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名2】 ■アブラゼミ(油蝉) 分類:カメムシ目 セミ科 成虫の出現期:7~10月 分布:北海道~九州 体長:55~63mm
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名3】■名前の由来 日本では最も普通のセミだが、世界的には、はねが透明でないセミというのは少数派だ。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名4】雑木林の蝉時雨の中では、ミンミンゼミやツクツクボウシが抑揚のある声でマイフレーズを歌い上げるのに対し、ジリジリ…という単調な本種の声は、楽曲の通奏低音のように聞こえる。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名5】「油」ゼミという名前は、この鳴き声が油で炒め物をしている音に似ているから、という説と、茶褐色のはねが油紙のようであるから、とする説があるが、前者を支持したいと思う。炎天下にこの声を聞いていると、まるで自分がフライパンで炒められているような気がしてくるのだ。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名6】夏の終りに枯れ枝などに産み込まれた卵は、最初の冬はそのまま卵で越し、翌年から5年にわたる地中生活を経て、7年目の夏に羽化して成虫になる。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【アブラゼミの呼び名7】■羽化 天敵の目を避けるように、羽化はほとんど夜間に行われる。夕方、地上を歩く幼虫を見つけたら、連れて帰ってカーテンなどに止まらせてみよう。必ずその晩のうちに羽化シーンが見られる。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
虫の呼び名の由来や昆虫写真を詳しく見るならこちらの本をどうぞ>> http://t.co/8LY3IdNtFH

コメント

siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年8月22日
アブラゼミ、カメムシ科!?ええー!?
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年8月22日
cibo17 カメムシ科じゃなくてカメムシ目。セミだけでなく、ヨコバイもアメンボもミズカマキリもカメムシ目ですよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする