2013年8月25日

半沢直樹は進撃の巨人である

半沢直樹、進撃の巨人といった全く異なった世代、視聴者層に大ヒットしている2つの作品の以外な類似点や作品構造を分析し、また、キャラクターをS(能動的行動型)、M(受動的行動型)に分類し、ヒットの要因を読み解く。
0
マンガをまなぶ @mangawomanabu

#半沢直樹は進撃の巨人である ①ドラマ半沢直樹の主人公、半沢直樹とマンガ進撃の巨人のエレン・イェーガーはキャラクター性や人物背景が酷似している。巨人に親を殺され、巨人を駆逐するため、自ら巨人となって復讐を果たしていくエレンの物語を、巨人の部分をそのまま銀行にすれば半沢直樹になる。

2013-08-18 16:10:56
マンガをまなぶ @mangawomanabu

#半沢直樹は進撃の巨人である ②進撃の巨人もそうだが、半沢直樹も群像劇に分類される。天災の擬人化で巨人はSに分類されるのだが、半沢直樹の場合は銀行がSである。登場人物は皆Mなので、銀行に振り回され、人生を諦め、果ては自殺していく中、半沢直樹だけが立ち上がり、倍返しだ!と叫ぶのだ。

2013-08-18 16:29:51
マンガをまなぶ @mangawomanabu

#半沢直樹は進撃の巨人である ③巨人という絶対に勝ち目のない化物も、解体してみれば苦悩するいち人間であるように、半沢直樹の敵もまた、ただの気の小さい人間であった。銀行の持つ暴力性に人間性が欠如していくのは半沢直樹も例外ではない。しかし人間に引き戻してくれるのはいつも妻の花である。

2013-08-18 17:14:29
マンガをまなぶ @mangawomanabu

#半沢直樹は進撃の巨人である ④銀行では威勢良く啖呵を切る半沢も妻の花には頭が上がらない。花は無茶苦茶を言う様で、その実半沢が人間の道を踏み外すのを未然に防いでいる。花と半沢はSとMの関係性を築いているのだ。この関係性を進撃の巨人のエレンも築いている。 それはリヴァイ兵長である。

2013-08-20 00:27:09
マンガをまなぶ @mangawomanabu

#半沢直樹は進撃の巨人である ⑤リヴァイはエレンにとって巨人襲撃前に憧れた調査兵団そのものであり、巨人に縛られない唯一無二の存在である。 群像劇では登場人物が全てMで同じ方向を向いてしまうので、リヴァイや花のようなSを投入するとグッと人の目を惹きつけ、爆発的人気の要因となるのだ。

2013-08-25 17:11:55

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?