3
丸山天寿 @tenjumaruyama
さて、日曜日のお遊び。人気朝ドラが終わった。これが放送される前「えっ、海女さんの話なの」と期待した男は私だけじゃない筈。海女と言えば女性が肌を露出する数少ない職業。昔から海女には何とも言えぬ魅力が。そこで本日のお題「私が観た海女映画」全ての叱責、異論、追加を認めます。文中敬称略→
丸山天寿 @tenjumaruyama
「海女の戦慄」新東宝・1957年。東宝と袂を分けた新東宝が文藝路線から方向を変えて放った「エロ・グロ路線」の第一作。海女・ヨシの妹と彼女の海女仲間が行方不明に。仲間は死体で見つかるが妹は不明。妹の捜索を始めるヨシを演じるのが、あの前田通子。エロテイック・サスペンスの宣伝だが… →
丸山天寿 @tenjumaruyama
「海女の戦慄」-サスペンスはともかく、何と言っても前田通子のダイナマイトボディが素敵。現在でいう手ブラをしてもはみ出すほどの迫力。私はサスペンスの内容や真相はあまり覚えていない(汗)が、彼女が裸の両胸を押えて震えているシーンだけは鮮明に覚えている。いやいや、男に生れて良かった。→
海女の戦慄 | Movie Walker

http://movie.walkerplus.com/mv25185/

丸山天寿 @tenjumaruyama
「人喰海女」-新東宝・1958年。海女の戦慄のヒットに気を良くして。海岸に上がった男の死体。地元の刑事が捜査を始めるというサスペンス。その漁村の海女、異母姉妹のサダとかずえ。観客には犯人がすぐに分かるが、そんな事はどうでも良い。海女姉妹を演じる、三原葉子と三ツ矢歌子が素敵だから→
丸山天寿 @tenjumaruyama
「人喰海女」-この映画、タイトルも凄いが、ヒロインの恋人役に宇津井健、その敵役に丹波哲郎、刑事役に殿山泰司などの大物が出ている。だが、彼らの演技よりも、海女姉妹と仲間の万里昌代に目が行ってしまう。もちろん透けて見える程度ではあるが、往年の大スターのあられもない姿というのは…→
人喰海女 | Movie Walker

http://movie.walkerplus.com/mv25651/

丸山天寿 @tenjumaruyama
「海女の岩礁」-日活・1958年。新東宝に負けてなるかと、日活が出した海女映画。サスペンス風味はあるが、要するに男一人女二人の三角関係の話。例のシーンが豊富。羨ましい男役は二谷英明。海女役で見事な肢体を見せるのは、筑波久子と香月美奈子。筑波は「裸身の聖女」にも出ていたと思う。→
海女の岩礁 | Movie Walker

http://movie.walkerplus.com/mv25649/

丸山天寿 @tenjumaruyama
「ちんころ海女っこ」-松竹・1965年。これは富永一郎先生の漫画を原作にしたコメディー映画。某小島で観光客を呼ぼうとする島民が海女さんによる水中レビューを計画するが、海女たちが反対。かくて、偽物ストリップ海女と本物の海女との喧嘩が始る。主演の生娘海女中村晃子が初々しくて素敵。→
ちんころ海女っこ | Movie Walker

http://movie.walkerplus.com/mv21501/

丸山天寿 @tenjumaruyama
堂々と観るのが可能な「海女映画」もある。三島原作の「潮騒」がそれ。れっきとした海女映画。1954年に青山京子、1964年に吉永小百合、1971年に小野里みどり、1975年に山口百恵、1985年に堀ちえみとそうそうたる女優が海女を演じている。体の露出は少ないが妄想は勝手だと思う→
潮騒(1954) | Movie Walker

http://movie.walkerplus.com/mv23956/

丸山天寿 @tenjumaruyama
ストーリーなどいらん。ただ海女さんの裸が観たい人には、それなりの作品が。 タイトルが凄い 「潮吹き海女」-にっかつ・1979年 「若後家海女」-1980年 「色情海女・ふんどし祭り」-1981年 「くいこみ海女・乱れ貝」ー1982年 「絶倫海女 しまり貝」ー1985年 →
丸山天寿 @tenjumaruyama
そんな月並な奴はもういい、という方に傑作を一つ。2011年、アルバトロスから小沢アリス主演で出た「猛毒Y談・海女テラス大神」。海洋汚染で巨大化した海女が、海に沈む国宝・金剛海王象の引上げを依頼されるが、出現した巨大なタコと戦うという凄まじい映画。説明は不要。是非一度観て下さい→
猛毒Y談 海女テラス大神 [DVD]

小沢アリス,西山希,黒沢美香,幸将司,中村玄悟

丸山天寿 @tenjumaruyama
他にも海女映画はたくさんある(本になりそうなくらいー笑)が、何だか私の趣味の世界に入ってしまいそうなので、この辺まで。某番組は随分ヒットしたらしいから、それに乗じて新しい「海女映画」が出ないかな。「尼さん映画」でも構わない。そちらも大好き。商魂たくましい映画屋さんはいないか 了

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?