2013(平成25)年度防衛技術シンポでの将来戦闘機とATD(先進技術実証機)についてのお話

コンセプト自体がまだ出来上がってなくて、そこをまず考えてる段階ですかね それにしても5in系のAAM5も入らないのか、ウエポンベイ小さいんだなぁ 機体もそれだけ小型のを検討してるのかな
軍事 航空
17
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
ATDの高運動制御システム スケールモデル大きい! http://t.co/I3aiCZfjty
拡大
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
取り合えず私が聞いた限りの将来戦闘機とATDの話をしますかね オーラル以外3名の担当官からお話しを聞きました
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
ATDに関して初飛行は来年の下半期(9~10月頃目標) 試験目的はステルス性の研究(AWACSやレーダーサイトからの観測でどう見えるかなどカウンターステルスの研究)、複合素材の適合確認、3次元パドルを使用しての飛行特性などの確認 http://t.co/aNBiUXN8kL
拡大
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
なおATDはテスト項目を必要最小限に減らしているのと2017年には将来戦闘機の具体案にフィードバックを行いたいので フライトはそんなに多くなく期間も短いとの事 試験終了後は保管されるのか解体処分なのかは現在未定 
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
ATDについて② 静強度試験機を作る目的は安全性を考慮してで万が一にも墜落して計画自体を危険にさらさない為 
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
将来戦闘機について まず 3次元デジタルモックアップ DMUを使用してのシミュレーションを実施している 左のATDっぽいのが23DMU 右のYF-23っぽいのが24DMU(オーラルの内容は他の方が詳しく説明すると思うので) http://t.co/Hw7HjMl2BO
拡大
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
まず将来戦闘機は第6世代戦闘機等特定の世代の事をまださす段階ではないとのこと またF-2の後継機の選択肢とあるけど将来戦闘機はF-2の後継機では必ずしもないとの事 なので現状では対艦ミサイルの搭載などはあまり想定していない
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
将来戦闘機はその関係からアメリカ軍やLM、BOEINGの出している大まかな第6世代戦闘機コンセプトの域にもまだたしてはいないとの事 なおすぐ横に展示されていたAAM-5を見て現在の23/24DMUではウェポンベイ内に収まらないだろうとの事
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
もし将来戦闘機に対艦ミサイルを搭載しようとしたら機内搭載はやはり難しいとの事で AAM-4やAAM-5でも怪しいとの事(新機で将来戦闘機と合わせてAAMを作る必要がある) そこでBOEINGのSHIRのEWPの様な物を検討する可能性はあるのかと伺った所、可能性はあるとの事
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
23DMU、24DMUはあくまでシミュレーションモデルであり、説明の有ったような機体には必ずしもならない ちなみに23と24の外見の違いは単純に各種ステルス機形状のシミュレーションをしたかったから変わった 外見道り23はATDとF-22がモデルで、24はYF-23がモデル
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
現在制作試験中の25DMUに関してもシュミレーションデータが欲しいので形状が変わるらしい こういった現状を踏まえて2017年頃にATDで得たデータをもとに最終的な将来戦闘機の具体案が出来るとの事
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
なお前記した通り 将来戦闘機は必ずしもF-2の後継ではなく 現状ではどの任務に当てるかなどの詳細も決まっていない なので空中電子攻撃能力の強化や戦術データリンクの強化等はまだ考える段階ではないとの事で いまはあくまで機体を単一で研究する段階だそうです
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
あとF-35というマルチロール機を導入する以上 将来戦闘機に関しては万能機である必要はあるのかというそのレベルでの検討段階であるらしく、場合によっては対空特化の機体になる可能性も少なからずあるとの事です 将来の航空戦力のレベルを考えるとまだ具体案かできないという面もあるそうな
変脳コイル猫 @ROCKY_Eto
24DMU、まるきりYF-23なんで笑っちゃいました。 RT @AlertHangar ちなみに23と24の外見の違いは単純に各種ステルス機形状のシミュレーションをしたかったから変わった 外見道り23はATDとF-22がモデルで、24はYF-23がモデル
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
@ROCKY_Eto  担当技官さんが苦笑しながら見て分かると思いますがYF-23がモデルですと言ってました データを撮る上で都合のいい形状のようですね 思わずやっぱりですかと笑ってしましました(笑)
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
まぁ~将来戦闘機に関してはこんな所ですかね 来年以降のシンポジウムでひょっとしたらもっと具体的な話が出るかもとは仰っていましたが あと技官さん曰く3次元パドルってアメリカとかで試験終えてますし技術的には古いでしょっと苦笑しながら言ってました 
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
べつに3次元パドルでなくとも、飛行特性やアビオニクスの研究に使えれば2次元でも3次元ベクターノズルでもよかったそうな
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
以上! 質問は技官さんにしてくれw 明日もあるし
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
防衛省の出してるi3fighter(一部で第6世代戦闘機)のコンセプト案に将来戦闘機が到達するのにはまだまだ時間がかかりそうね~ 
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
あと将来戦闘機に関してで23でも24でもIRST装備となってるけど空自のイーグルが装備しているIRSTの技術流用はするだろうけどF-35のEO DASの様な物に最終的にはなるだろうとの事
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
とまぁ~色々と将来戦闘機とATDに関して教えて下さった技官様数名ありがとうございました! 一人の方とは15分くらいは話ちゃったし
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
あと面白いネタとしてはGPSジャミング時に画像から位置を特定するシステムに関してかな まぁ~それはまた別の機会にでも
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
自己修復飛行制御技術の研究とか試験でもアメリカに後れを取ってるてのを真剣に言ってた 
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
ATDの高運動制御システム 1/5スケールモデル 6機作られたうちの1機で自己修復飛行制御技術研究に使用された機体との事 総飛行時間一カ月程だそうで なおこのテストモデルで得た技術がATDにフィードバックされるかは不明だそうな http://t.co/MsaNDUybd8
拡大
ANCIENT@火曜日(4日目)西“た”14b @AlertHangar
Zephyrと二人してATDの 1/5スケールモデルじりじろ細部まで見てたら技官さんにこういうの好き?と聞かれて大好きです!と気合を入れて返事をしてしまった
残りを読む(19)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする