編集可能

お菓子っ子さん@sweets_streetの 「自分の手が届く範囲で満足できる成果を可能な限り掴み取ることが成功なのだと思います」

為末大さんの連続ツイート【努力で成功できるか】に関するまとめ(http://togetter.com/li/582933 )、ようやく読み終わりました。努力と成功の関係については僕もいろいろと考えるところがあるので、ダラダラと話してみたいと思います by お菓子っ子 ‏@sweets_street
64
お菓子っ子 @sweets_street

2011年5月からTwitterを利用しています。 2019年12月末日までTwitterを利用します。 8年間のご愛顧、誠にありがとうございました。

page.is/sweets-street

お菓子っ子 @sweets_street

為末大さんの連続ツイート【努力で成功できるか】に関するまとめ(http://t.co/l1VXQ6ZVbZ)、ようやく読み終わりました。努力と成功の関係については僕もいろいろと考えるところがあるので、ダラダラと話してみたいと思います(続

2013-11-01 19:33:52
お菓子っ子 @sweets_street

受)為末さんは努力至上主義や精神論に関していつも疑問を呈されている方です。まとめられている連続ツイートでもその姿勢は一貫していて、努力しても才能や環境が合っていなければ成功するのは難しいと述べておられます。それ自体はある条件下では正論でしょう(続

2013-11-01 19:40:41
お菓子っ子 @sweets_street

受)為末さんはトップアスリートの世界の住人です。才能だろうが環境だろうが努力だろうが幸運だろうが、使えるものは総動員しないと留まることすら困難なハイレベルの世界です。このような世界では才能も環境も努力も運も全部必要なので、抜群の努力だけでは成功はおぼつかないでしょう(続

2013-11-01 19:46:42
お菓子っ子 @sweets_street

受)天から与えられた物も自らの意思による努力も全部備えていなければ成功がおぼつかない。言い方を変えると「努力だけで成功できるほど甘くない」というのはトップアスリートの世界に限らず、学問でも芸術でもビジネスでも表舞台で活躍するようなトップエリートの世界であれば当てはまるでしょう(続

2013-11-01 19:49:51
お菓子っ子 @sweets_street

受)努力と成功の関係について語られる場合は、多くの人が表舞台で活躍するトップエリートを想定しながら語るのではないかと思います。たとえば学歴と努力の関係であれば、東大京大や早慶あたりのトップクラスの大学に入ることを成功と仮定して語られることが多いですね(続

2013-11-01 19:55:35
お菓子っ子 @sweets_street

受)トップエリートの世界の人は才能があり努力家でもある「努力する天才」タイプの人が多いです。さらに同種の人間と切磋琢磨できて、一念発起せずとも強烈な動機付けが得られる環境にいます。しかし、このような人々の世界における成功は才能もなければ努力家でもない大多数とは無縁なものです(続

2013-11-01 20:02:31
お菓子っ子 @sweets_street

受)努力と成功の関係について語るのなら皆が好んで議論するトップクラスの世界における成功だけでなく、大多数の「才能もなければ並外れた努力家でもなく、環境もさほど恵まれてない人間」にとっての成功についても考えてみる必要があるのではないかと僕は考えます(続

2013-11-01 20:05:59
お菓子っ子 @sweets_street

受)スポーツの世界であればプレイヤーの大半はアマの弱小チームに所属していて、その中でも「レギュラーメンバーではあるけど他に人がいないから試合に出てるだけ」、あるいは「練習はしてるけどいろいろ足りなくて万年補欠」な冴えない人々です。彼らにとっての成功とは何かを考えてみましょう(続

2013-11-01 20:13:10
お菓子っ子 @sweets_street

受)従来の努力と成功論で語られてきた表舞台での活躍を成功と捉えるなら、彼らが成功することはありえません。弱小チームでも中心選手になりえないような人達では、強豪チームの有力選手同士のハイレベルな争いを勝ち抜いた人しか立てない表舞台に手を触れることすらできません(続

2013-11-01 20:18:43
お菓子っ子 @sweets_street

受)しかし、弱小チームでぱっとしない人達がスポーツをする意味が無いのかといえばそういうわけでもありません。「他に人がいないから試合に出てる」という人ならちょっとでも活躍して仲間に喜ばれること、万年補欠であればとにかく一度でも出場させてもらうことを目指すでしょう(続

2013-11-01 20:27:39
お菓子っ子 @sweets_street

受)一回戦負け常連のチームであればとにかく一度でも勝つことができたら大成功でしょう。一度も試合で活躍した試しのないプレイヤーであれば一度でも活躍して見せたら大成功でしょう。一度も出場した試しのない補欠であれば最後の大会で努力賞として出してもらえるだけで大成功でしょう(続

2013-11-01 20:30:55
お菓子っ子 @sweets_street

受)成功というのは結局のところ自分の視界の中での相対的なものでしかないので、皆が努力をしない世界であれば多く努力すれば、努力も才能も無い人々に努力量で相対的な優位を獲得し、「一度でも勝つ」「一度でも試合で活躍する」「一度でも試合に出る」ぐらいの成功は得られるかもしれません(続

2013-11-01 20:51:14
お菓子っ子 @sweets_street

受)私事で恐縮ですが、僕は「弱小チームのパッとしないプレイヤー」の典型でした。他に人がいないから試合に出れるけど、活躍どころか足を引っ張った試ししかありませんでした。それでも「皆が怠けているのに毎日練習に出てきて感心だ」という理由で試合に出れていました(続

2013-11-01 20:54:39
お菓子っ子 @sweets_street

受)三年間部活やって出場のたびに失敗を重ねてきましたが、一度だけ活躍できたことは一生の思い出となっています。一回戦負けチーム同士の誰も注目しないしょっぱい試合でしたが。努力賞で副キャプテンにもなれました。プレイヤーとしてはダメダメでしたが、主観では成功が得られたと思ってます(続

2013-11-01 21:00:02
お菓子っ子 @sweets_street

受)絶対的な視野で見れば田舎の一回戦負けチームの下手くそなプレイヤーに過ぎませんが、自分の生きる世界の視野で見ればミスして当たり前の下手くそなのに出場機会に恵まれて一度だけ活躍もできて副キャプテンになれたのだから、才能がないのに努力によって実力以上の成果を収められたと言えます(続

2013-11-01 21:05:12
お菓子っ子 @sweets_street

受)この社会においては、かつての僕のように「才能がなく努力もしない人間ばかりで表舞台と無縁な世界において、努力一筋で主観的には満足できる成果を得た」という人は少なくないと思います。逆に「体格にちょっと恵まれただけで努力しないのに満足できる成果が得られた」という人も多いでしょう(続

2013-11-01 21:13:25
お菓子っ子 @sweets_street

受)「皆がチンタラやってるから、毎日真面目に練習するだけで主観的には成功できる」「体力も技術もない人ばかりだから、ちょっと体格良いだけで無双できる」という世界における努力と成功の関係ってどのように語れば良いのだろうかと、ちょっと考えてしまいます(続

2013-11-01 21:18:17
お菓子っ子 @sweets_street

受)意識の高い人であれば、「絶対的視野で見ればそんなの成功じゃない。低レベルな自己満足にすぎない」と切り捨てるかもしれません。しかし、トップクラスの世界に縁がない大多数にとっては、自分の主観の中におけるささやかな成功と努力、才能の関係こそが重要なのではないかと考えます(続

2013-11-01 21:28:00
お菓子っ子 @sweets_street

受)狭い世界でのささやかな成功の話は経験に依存するところが多く、主観的な話になりがちです。もちろん僕も主観的な話をしています。しかし、多くの人の主観を知ることで自分の主観を相対化できるようになるかもしれない。そうやって身の丈に合った努力と成功について考えられたら良いですね(終

2013-11-01 21:47:50
お菓子っ子 @sweets_street

自分の手が届く範囲で満足できる成果を可能な限り掴み取ることが成功なのだと思います RT @Shirokumahakase はっとしました。ありがとうございます。従来の視点に加えて、「気持ちよく生きていくことができること」も成功に入るのではないかなぁと思います。

2013-11-01 21:59:44
お菓子っ子 @sweets_street

努力する天才がひしめくトップクラスの世界でも、「あいつは違う」と認めざるをえない怪物がいるのでしょうね RT @hanasakimasanao 為末さんの(トップアスリートレベルで)努力して一番良かったことが「本物に出会えた」ってとこがすごいなあと思った

2013-11-01 22:01:12

コメント

くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年11月3日
「お前はもっとできるはずだからこんな結果で満足してはいけない」と言って、成功だったはずのものを失敗にしてくれる人が世の中には相当数いるのでどうにもなんない気がしますね。いわゆる「期待をかければ伸びる」系の教育者ですが。満点とっても続けられないと意味がないと言い、満点は当たり前で、一度でも間違うとまだまだ頑張れと言われるのだ。
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年11月3日
Clearnote_moe 「お前はもっとできるはずだからこんな結果で満足してはいけない」と期待された時点で成功。その教育者は良い教育者です。
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年11月4日
knight10dragon1 すみません意味がわかりません。期待がかけられるレベルになっていることが成果だといってます?それはこのまとめで言われてることの趣旨に沿ってますか?ついでいうと現時点の教育者なだけで、育成したのはそいつじゃねーっす。
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年11月4日
knight10dragon1 「意味がわかってるなら問題なし」というmentionもらいましたが、それが私の解釈通りならまとめの内容と関係ないんですがそれでいいですね?
0
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2013年11月4日
才能と努力って縦に伸びてく棒グラフだと思うな。才能の上に努力を乗せてく感じ。 才能だけである程度こなせる人もいるし努力でこなす人もいる。 主観的満足感が得られればその時点である程度成功だし逆に成功だと思ったら頭打ちな面も否定はしないけどね。まだまだ、と思うから伸ばそうと思うんだし。
0
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2013年11月4日
@knight10dragon1 ここでの主眼は道半ばではなくやりきった時点での満足感、成功なのでやりきった後に「まだだ、まだ終わらんよ」
1
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2013年11月4日
@knight10dragon1 途中送信してしまいました。「まだ終わらんよ」じゃしんどくないですかね。それこそ精神論叩けば伸びるの世界になっちゃいますよ。叩けば伸びるは金属の性質で人間は叩きすぎると骨折れますわ。
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年11月4日
@knight10dragon1 主題とずれてることが確認できたのでコメントにせずmentionで返事してましたが。最初のコメントは「本人の気の持ちようなのに、成功失敗ややりきったかどうかまでを勝手に決める他人がそれを許さない」という意味なので、「本人の気の持ちようである、お前が我を通すことに成功したのだ」と私に言い続けるあなたの行為はまさにそのものです。
1
たいあしいか @Tirthika 2013年11月5日
高度情報化社会の落とし穴ですかね。 ネットが始まる前の時代なら、周囲にいる平凡な人々とだけ競い、技量が上がったなら大会などで勝ち抜け、より強い目標と出会うという段階を踏めたはずですが、今ではちょっとした調査で最弱から最強まで知ることができます。 悪口なので別の言い回しを選びたいのですが、いまは「井の中の蛙」であることを選択できない時代なのですね。
3
dada @yuuraku 2013年11月5日
けっきょく世間の大方の人たちの認識って、運動だと高校の部活(弱小)でレギュラー取ればそこそこできた、勉強だと法政明治あたり入れればそこそこ、って感じですからね。だから為末さんの努力無効論が批判されたり、AO入試で慶應落とされた子が「なんでや」って憤ったりする齟齬が起こる。
4